英単語のアナトミー


Last update June 19, 2014




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/英単語のアナトミー | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
           

Last update July 19, 2014




 イギリス英語、 アメリカ英語

Competence

【名詞】十分に条件・要件などを満たしている状態・性質。特定の範囲の技能、知識、能力。快適な生存のための十分な手段・収入。コンピタンス。

【語源】16世紀に動詞 compete 「競争する」から「競争」という意味の名詞として派生。17世紀になりフランス語の compétenceから「快適に暮らすための手段の充足」という意味が出現。18世紀になってから「当面のことに対処するための充足」という意味が加わる。また、フランス語の compétence は、ラテン語の competere 「いっしょに来る、適合する」(「共に」の意味の接頭辞 com- + petere 「戦う、励む」)という意味の現在分詞由来の名詞 competentia 「共に合流すること、合意、シンメトリー」が語源。

【メモ】英和辞書に書かれている意味を表面的に捉えるのではなく、英英辞書を利用して、単語の持つ意味を深めるようにしましょう。
 何となく「能力」とか「技能」といった意味の単語であることがわかりますが、語源や単語の成り立ちをみると、「合致・適合」の意味も包含しており、「現状や条件に見合っている状況、当面のことに対処するための十分な能力」といった単語の本質が見えてきます。
 また、いろんな分野において一般的に理解されている具体的な「能力」の定義が成り立ちます。
   [生物学]細胞がDNAを形成する能力
   [医学]細菌、ウィルスなどの抗原に対する免疫力
   [地質学]浸食や変形に対する岩石の抵抗力
   [言語学]言葉を話し理解する能力
   [法律]訴訟や裁判などの法的手続きに参加できる精神的能力・適性
   [人事]特定の職務を適切に遂行するために必要な標準化された個人の能力

 ところで、ビジネスの世界で core competence 「コア・コンピタンス」と言えば、「競合他社と差別化する能力、強み」といった意味になり、語源である「競争」の名残りを見ることができます。

 辞書では同義語として挙げられる competency 「コンピタンシー」ですが、これも、ビジネスの世界では異なる意味で使われています。その違いとは? → ここを参照

【同義語】 ability, skill, talent, capacity, expertise, proficiency, competency, capability

※例文の日本語訳は、単語の用法をわかりやすく説明するため便宜上につけたもので、自然な日本語表現ではない場合があります。
  The development of communicative competence in children is very important.
子供の伝達能力を開発することは非常に大切である。
  Suppliers shall keep necessary competence for constantly developing new technologies.
サプライヤーは、絶えず新しい技術を開発する能力を維持する必要がある。
  Our core competence lies in development and manufacturing of unique consumer electronics products.
我々のコアコンピタンスは、ユニークな家電商品の開発・生産である。
  The words "competence" and "competency" are similar in dictionary definition, but can differ in practical use.
コンピタンス」と「コンピタンシー」は辞書では同じ意味だが、実際には異なる意味で使われている場合がある。
  We should constantly hold our technical competence in good standing.
我々は自分たちの技術的能力をしっかりと維持すべきである。
  Managers must show competence both in listening and communicating to people.
マネージャーとは人の話を聞き、意志を伝える両方の能力を示さなければならない。
  In microbiology, there are two types of competences: natural and artificial.
微生物学には、自然と人工の2種類の分化能がある。
  The competences of the witness is determined according to the law.
証人の適性は法律に従って決定される。
  You need a supportive, structured constructive strategy to foster their social competence.
彼らの社会的適性を育てるには、体系的・構造的なサポート戦略が必要である。
  You should maintain your competence; keep your skills and knowledge current.
自分の能力を維持し、技能や知識を最新のものに保つべきである。
  Retirement pensions alone do not provide competence to live a comfortable life.
年金だけでは快適な生活を営む手段は得られない。
  Newcomers sometimes do not meet the competence to complete a given task.
新入社員は与えられた仕事をやり遂げる能力的条件を満たしていないことがある。





 姉妹サイト 

翻訳なんて、誰がやっても同じだと思っていませんか? 人によって文章が違うように、翻訳表現にも違いがあります。
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ

 サイト内コンテンツ 
英語の接頭辞 英語の接頭辞   英単語を構成する接頭辞・連結形を集めたコーナーです。接頭辞・連結形リストはここから。

英語の接尾辞 英語の接尾辞   英単語を構成する接尾辞・連結形を集めたコーナーです。接尾辞・連結形リストはここから。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。

企業の英文スローガン 企業の英文スローガン   企業のモットーやブランドイメージを短いフレーズに凝縮した企業スローガン。英文の企業スローガンを集めたコーナーです。

  日本で英語をマスター
そりゃ英語圏に行って勉強する機会があれば理想。でも、行かないからってマスターできないことはありません。


英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

英単語ニュアンス比較 英単語ニュアンス比較   「面白い」を意味する英単語、あなたはいくつ言えますか?それぞれに微妙にニュアンスが違う同じ意味の英単語を紹介。

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。