preposition  pre とか disinfection  dis とか、ただでさえ覚えにくい英単語の頭について余計に長くしてくれる「接頭辞」(prefix)。「鶏頭となるも牛尾(後)となるなかれ」という故事にちなむわけではありませんが、やはり「頭」になるのはすごいことです。わからない意味の単語であっても、「アタマ」を押さえておけば、もう半分意味がわかったようなものかもしれません。

Last update April 14, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞/英語の接尾辞 | 英語なんてタコ |

               
 ATAMA002 

post-

今回の「接頭辞」は「post-」。

 意味  〜後の、〜の次の
○○後、○○の後に続く」といった意味があります。 post- の反対の意味を表す接頭辞は pre- ante-

 語源  ラテン語の post  after を意味する言葉。




 用例 

接頭辞 続く言葉 単語 意味
post + war postwar 戦後
post + meridiem post meridiem (pm) 午後。meridiem はラテン語で noon の意味。
post + modern post-modern ポストモダンの。
post + humous posthumous 死後の。humous moisture 「湿気」の意味で humid に発展。湿気、つまり「埋める」ということで「死」を表す。
post + pone postpone 延期する。pone はラテン語の poner の派生形、 place 「置く」。
post + script postscript ポストスクリプト。script はラテン語の scribere write