preposition  pre とか disinfection  dis とか、ただでさえ覚えにくい英単語の頭について余計に長くしてくれる「接頭辞」(prefix)。「鶏頭となるも牛尾(後)となるなかれ」という故事にちなむわけではありませんが、やはり「頭」になるのはすごいことです。わからない意味の単語であっても、「アタマ」を押さえておけば、もう半分意味がわかったようなものかもしれません。

Last update April 14, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞/英語の接尾辞 | 英語なんてタコ |

               
 ATAMA003 

auto-

今回の「接頭辞」は「auto-」。

 意味  〜自分自身の
現代社会で欠かせないのが「自動○○」、 automatic --- 、ですが、実はこの言葉、 auto  matos が結合してできた言葉で「自分自身の意志で」といった意味。全自動の洗濯機にしても、製造者の「便利でしょ?売れるでしょ?」という意図があったとしても、洗濯機自身に「意志」があるとは思えませんが、機械が作られるようになって、機械文明になってきた頃から「機械」に対して使われるようになってきました。 aut- というバリエーションもあります。

 語源  ギリシア語の autos  self 「自分自身」を意味する言葉。




 用例 

接頭辞 続く言葉 単語 意味
auto + matic automatic 自動の。matic はギリシア語の matos (willing) が語源。
auto + biography autobiography 自叙伝。biography は「伝記」の意味で、さらに分解すると、bio- + graphybio- は「生命、生物」という意味の接頭辞で、graphy は「書いたもの、表現」といった意味。
auto + graphy autography 自筆の署名。自分で書くから署名。
auto + nomous autonomy 自治の。nomy はギリシア語の nomos が語源で、部分、風習、法律、分区などといった意味。
aut + opsy autopsy 解剖(←ギリシア語 autopsia)。opsy はギリシア語の opsis が語源で、「見ること」。つまり、自分自身の目で見るという意味。
auto + cracy autocracy 独裁政治(←ギリシア語 autokrates)。kratia 「支配・統治する」、kratos 「力、強さ」の意味。