英語は日本でマスターできる
Last update January 2, 2015

現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/日本で英語をマスターする―英語学習について考える | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update January 1, 2015

英語学習のポイント (2)



日常会話レベル

このセグメントの人は、一人で海外旅行したり、買物したり、いわゆる英語圏での日常生活には不自由しません。また、英語圏の友だちといっしょに遊んだり、日常的な会話を楽しんだりすることもできます。英語の発音やイントネーションなども、いちおうできている段階で、相手の言っていることもわかるし、相手にも通じさせることができるという段階です。ちょうど、高校生くらいで、英語圏に1〜2年留学し、現地の人たちのなかで生活して帰国したというレベルだと言えるかもしれません。見た感じも非常に流暢に英語をしゃべっていたりします。友だちあての英文の手紙などもすらすら書くことができます。日本に来た外国人に観光名所に連れて行って、だいたいの説明をすることもできます。「英語で会話をすることが楽しい」と思うのもこの段階からでしょう。

しかし、日本語に置き換えれば、小学校高学年から中学生レベルだと考えることができます。日常的な内容のことなら不自由しませんが、高度な内容や抽象的な話になると、語彙力や表現力がついていきません。英語にも、微妙なニュアンスの言い回しや婉曲的な表現はありますが、このレベルではダイレクトに表現することに留まっているようです。つまり、まだ表現能力には乏しい段階です。英語の文章を書いても、中学生レベルですので、どうしても稚拙になります。よく、自分で正式な文書の翻訳などをして、ネイティブチェックで全部書き直された、間違っていないのになぜ?といったような経験をするのもこの段階です。自分が今使っている以上の表現レベルがあるという認識もないのが普通です。自分は「できる」と思っていますから、なかなか認識に至りにくいこともあります。

逆に言うと、このレベルで止まってしまう人も多いということです。日本でも英語が少しできるという人の中で、このレベルに留まっている人が最も多いのではないかと思います。筆者も体験済みですが、この段階でヘンな自信を持ってしまうので、これ以上努力しようという気が起こらなかったり、自分の英語はまだまだなのにそれが認識できず、イヤな体験をしてイヤになって中断してしまうということもあります。ここで、これ以上努力してさらなる上達をめざそうとするかどうかは、その人の状況・環境に左右されるところが多いと思います。筆者は大学を卒業して、社会に出た頃がこの段階だったかなと思いますが、もし、英語のプロフェッショナルとしての職種を選ばずに、違う道を選んでいたとしたら、この段階で終っていたかもしれません。事実、この段階で、英語を使わない職種や、結婚して家庭に入って英語とは全く関係のない環境にいる人たちが、知っている範囲でもかなりいます。

個人的な意見ですが、ここからの継続がヤマ場ではないかと思います。英語アレルギーの人は、まず、それを克服するのが「ヤマ」ですが、第2段階の「日常会話予備群」から「日常会話レベル」までは以外と到達しやすいと思っています。しかし、この「日常会話レベル」から次の「本格的コミュニケーションレベル」までに至るのが、結構困難だったりします。それは、「続けよう」という気持ちの問題もありますし、英語としても高いハードルがあります。日常のレベルから離れて、仕事や正式な場で通用する本格的な英語力を身につけるわけですから、決してカンタンではありません。ファッション感覚で使っていた英語ではなく、もっと深く、広く、英語という言語の「特性」を意識したような勉強も必要です。英語のニュース雑誌や番組などもチェックして、思想やコンセプトを表現するときの語彙や言い回しなども 覚える必要があります。

「時事英語」といったジャンルがありますが、ジャーナリズムの英語というのか、まあ、そんな「区分け」もあるんだろうかと今までは単純に考えていましたが、ああいった「特別カテゴリー分類」にはこだわらないほうが良いと思います。日本語に「時事日本語」というのがあるかといえば、聞いたことがありません。ニュースなどで使われる英語は、日常生活では使わないということもありません。確かに、生活レベルの会話なら使うこともないかもしれませんが、友人と○○問題について議論するといった場合には、そういう語彙や表現も必要になってきます。友だちと議論するのは「日常生活」ではない、と言われればそれまでですが。そういった内容の話ができてこそ、コミュニケーションの面白さがあるわけで、上っ面のおしゃべりだけで、深い話をしないというのでは、日本語でもそうですが、英語のコミュニケーションとしても面白さがありません。ですから、このレベルの人は、まず、自分の英語はまだまだ先があると素直に認めて、語彙や表現のストックを増やす、時事問題やコンセプチュアルな内容を英語で勉強する、そしてそれをアウトプットする、というプロセスを繰り返しながら、次の「本格コミュニケーションレベル」をめざすことです。



本格コミュニケーションレベル

このレベルは、仕事などで、文字通り、本格的に英語を使ってコミュニケーションできる段階です。英語での資料作り、打ち合わせ、会議での発表などができます。話の内容も、会社を例に取ると、「○○を送りました。見ておいてください」といった単純なレベルではなく、「この方針の狙いはこうであり、その具体策は…」とか、「競合の攻勢を抑えるためにはこういった戦略が」といった高度で抽象的なものになります。こういった内容のことを的確に表現できて、相手にもソツなく伝えることができる能力が備わっています。また、英語でのニュースやドキュメンタリー番組なども楽しめる段階で、コンセプチュアルな内容の会話もできます。文章を書いても稚拙さがなく、ネイティブチェックも細かい部分だけになってきます。

しかし、まだ「ネイティブ」と比較すると、レベルの差があり、さらなる努力・訓練が必要な段階でもあります。発音が相手に通じないといったこともなく、相手の言っていることも十分理解できるため、コミュニケーションにはなんら支障はありません。しかし、日本で普通に英語教育を受けた人である場合、日本語にはない英語の音には弱い部分があるかもしれません。(逆に、幼い頃英語圏で育ったという人は、音に対する認識度は高いのですが、本人が努力しないため、語彙・表現力などでこの段階にすら至っていない人もいます。)例えば、きれいに発音された [r] や [l] の発音なら「聞き分け」ができるのですが、発音された環境が悪い場合(雑音が入っていたり、話し手の発音が明瞭でない、前後の音の影響)、うまく聞き分けることができないこともあります。映画などを見ていても聞き取れない箇所はまだまだあります。まだ、英語より日本語のほうが勝ってしまう段階にあることは間違いありません。

いずれにしろ、この段階は、まだ「英語のうまい日本人」でしかありません。まあ、これでも特に問題はないと思いますが、上には上があるわけで、さらなる向上を狙いたいという人は、自分であれこれ考えて勉強を続けます。少なくとも、安易に「どんな勉強したらいいでしょうか」とは聞かない段階です。

完璧接近レベル

この段階になると、「アンタ、一体どこの国の人よ?」と言われるのが最高のほめ言葉ともいうべきレベルで、その人の書いた文章や話す英語を聞いて英語圏の人と間違われるくらいになります。もっとも、どこの国の人?英語のうまい中国人ですか?ということでは、あまり意味はなく、「アメリカ(イギリス、オーストラリア)で育ったの?」といった英語圏の人に間違われることが目標です。それも、その堂々とした態度はアメリカ人?などというのではなく、あくまでも「英語」というところで評価してもらわないとうれしくもなんともないわけです。

もっとも、英語圏の人に間違われたからって、「それがなんぼのもんじゃい!」と言われればそれまでです。それももっともな意見で、きちんとコミュニケーションできれば問題ないのであって、擬似ネイティブなどをめざすよりは、他の言語でもやったほうがマシという考えも成り立ちます。言語というのはいろいろやるほど面白いもので、当たり前ですが、文化によっていろんな違いがあります。タイ語なども聞くところによると、敬語や謙譲語の種類がやたらめったら多いそうです。王様相手に話すとき、王妃相手のとき、王子とか王女とか、全部違うようです。まあ、自分はそんな高貴な方々とお話することもないので問題はないのですが、言語は文化、言語を知ることは文化を知ることで、モノの考え方も広がり、視野も複眼どころか「マルチ・ビュー」になりますし、これはこれで非常に面白いのではと思っています。



 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?目から「うろこ」も落ちるかも。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   あの看板、Tシャツの英語…。外国人にとやかく言われたくはないけど、やっぱりありますヘンな英語。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える 10年以上も英語を習っているのに、なぜ日本人は英語がヘタ?そのわけを分析してみます。