現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/日本で英語をマスターする―2006年新春座談会 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
               

英語と個性と自分らしさ (2)



タコ:Ah... Mr. Jacsan... Do you like Japanese 'sake?'
あの、ミスター・ジャクサン、日本のお酒は好きですか?

ジャクサン:Oh, just call me Jacsan. Yes, I like it. How about you, Taco?
ああ、ジャクサンと呼んでください。お酒は好きだね。タコさん、キミは?

タコ:Ah... Yes, I like it very much. But, but... Ah... I drink too much, I become red and ...I look like a boiled octopus.
ボクはとても好きです。でも、あまり飲みすぎると赤くなって、ゆでダコみたいになってしまいます。

ジャクサン:Oh, a boiled octopus! Ha, ha, ha...
ゆでダコ?はっはっは。

ポポリン:じゃあさ、さっそく本題に戻るからね。じゃあ、オヤジ、ジャクサンの質問に答えてくれる?
Let's go back to the topic. Oyaji, now could you answer Jacsan's question?

オヤジ:はいはい。なぜ私がポポリンさんは「別の自分」を感じることがないかと思ったかということでしたね。それはですね、実は、ここに深〜い、今日のテーマのヒントが隠されているんですよ。
OK. His question was why I knew Popoling would say she would never feel "another personality" in her when she speaks English, Japanese or other language. Well, I have to say, my answer may present a real issue in today's topic.

ポポリン:あのさ、もったいつけた前置きはいいから、さっさと答えなさいよ。
Stop stalling by a portentous prologue and go quickly into the matter.

オヤジ:まあまあまあ… 落ち着いてくださいよ、ポポリンさん。つまりですね、結論から言いますと、ポポリンさんの場合は、どこで誰と何語で話をしようと、いつも自分の言いたいことっていうのをすべて表現してますよね。誰に対しても同じしゃべり方で、相手に応じてそれを変えるということもしないと思うんです。敬語なんかも使わないですよね。ですから、ポポリンさんの場合、それが日本語になっても英語であっても同じで、そこに別の自分を感じるなんてことはないと思ったわけです。
Well, well, take it easy, Popoling. I said you would never feel talking like another person because your talking manner never changes depending on the situation - who you talk to, where and in what language. You never changes your verbiage according to who you talk to and using honorifics is the last thing you would do. This is why I thought you had ever felt "personality shift" when the language you use changes from Japanese to English or vice versa.

ジャクサン:Humm... quite interesting.
ふーん、なかなか面白いですね。

ポポリン:でもさ、それって、アタシって芸の無い単なる単純な生き物ってこと?
Does that mean I'm a simple creature who doesn't know but only one way of talking?

マサ:それは言えるかもしれませんね。
It may be true.

ポポリン:え〜っ?なによそれ、失礼しちゃうわ!それに、通訳、なんでそんなのきちんと訳すのよ!それもうれしそうに。あんな発言「雑音」じゃないの!

Ah... static...

ジャクサン:Static buzz, buzz, buzz... Ha, ha, ha...
雑音、ガーガーって感じだね。

ポポリン:もう!失礼ね!みんなでアタシのこと、いじめてない?

ジャクサン:Never mind, Popoling. Everyone loves you.
みんな、ポポリンさんのことが好きなんですよ。

ポポリン:いや、もう、ウソばっか。そんなうまいこと言っても、アタシ、信じないからね。

ジャクサン:May I ask another question?
もうひとつ、聞いてもいいですか?

ポポリン:OK. Go ahead.

ジャクサン:How exactly do you feel... I mean, those who feel "a different person in you" when you speak in Japanese and when you speak in English. How is it different? It makes me so curious to know.
別の自分を感じるとおっしゃいますが、日本語と英語を話しているときに、具体的にどう違うのですか?その点がすごく興味があります。

管理人:私の場合、日本語を話しているときは、なんかこう、すっきりしないものを感じる場合がありますね。曖昧などっちつかずの表現をしているような自分がいて、なんか窮屈さみたいなものを感じることがあります。「私はそれは嫌いだ」とか「その意見には反対だ」とか思っても、直接的には言えないというか、「Aも悪くはないけど、どちらかと言うとBのほうが私としては好きだな」とか「なるほど、そういう考え方もありますよね」といった表現ですませてしまう。なんか、自分でも歯切れが悪くて落ち着かない。親しい友人とか仲間以外の関係になると特にその傾向が強くなります。それから、相手の立場とか興味、経験などを推し量ってしまうので、この人にはこれは通じないだろうな、と思うと、最初から説明することを避けてしまう、なんか、めんどうくさいと思ってしまうんですよね。その点、英語で話しているときは、I don't think so とかIt's not for me とかはっきり言えるような気がするんですね。これはどういうことかな、と考えたりするんですが、たぶん、英語ははっきりと表現しなければならない言語だということも言えるんじゃないかなと思うわけです。
In my case, when I speak in Japanese, I sometimes feel a little frustration. That's because, I guess, I'm not speaking myself out or candy coating the real opinion or issue with ambiguous expression. Instead of decidedly saying "I don't like something" or "I'm not for an idea," I have to say "A is not bad, but I'd rather prefer B" or "I see... some people may think that way." I know this is not clear way of talking and for this reason, I feel frustrated, but I have to do this quite often especially when I'm with people who are not my family, close friends or working mates. And when I infer and believe someone would not accept what I'm trying to say based on his or her position, taste or experience, I don't dare to start the topic from the beginning. On the other hand, when I'm speaking in English, I feel I can breathe, show and tell what exactly I have to say. Occasionally I give it a thought why this happens, and, well, I guess, you can say English is a language that doesn't allow so much gray area as Japanese does.



ジャクサン:Hummm...
ふ〜ん…。

ポポリン:でもさ、それって管理人、アンタの気が弱いだけかもよ。
Ah... That may be rather your problem of having a weak personality.

管理人:… まあ、残念ながら、あなたのような強い性格ではないのは確かね…。
Well, I wish I had that strong, blunt personality like yours.

ジャクサン:How about you Oyaji? Do you think it's a matter of weak or strong personality?
オヤジさんはどう思いますか?それは単に気が弱いとか強いとかいう問題ですか?

オヤジ:う〜ん、むずかしい問題ですな。相手や状況にもよりますねえ。普通、私たちはいろんな状況で言葉というものを使っているわけです。目上の人と話すとき、友人や後輩と話すとき、そして、仕事の得意先と話すときなど、いろんな場合での言葉の使い方があります。実際に使っている言葉が違うと思うんですよね。使い分けているということです。この人にはこんな表現、そして使い方というふうに気を使いますし、その都度、相手が自分に期待する人物像にある程度合わせながら行動や発言をしている。そんななかで、たとえ自分がこうだと思っていても、それをはっきり口に出さないほうがいいと思う場合もありますね、確かに。
It's hard to tell. It depends on who you speak to or when, where and what. I think we usually choose the most appropriate manner of talk according to who we are talking to - our seniors, friends, younger people, or our customers. We often coordinate our manner and pattern of speech based on our relationship with the listeners while trying to meet their expectation for who we are, how we behave or speak to them. In this process, if we decide we shouldn't speak our own idea at a particular occasion, then we don't, even if we have one.

ジャクサン:Your "we" here means "Japanese people" or "we including me?"
あの、オヤジさんの発言のなかで "we" というのは、「日本人」ってことですか、それとも私も含む「みんな」という意味ですか?

オヤジ:ここでは、「日本人」という立場で話をしています。はあ…、なるほどむずかしいですな、通訳も。日本語ではあまり「私たち」といった代名詞は使いませんからね。通訳や翻訳では、その都度想定して、代名詞を選ばなければならないわけですな。
I mean "Japanese people" here, not including you. Oh, I know why you ask this. In Japanese we seldom use a pronoun, so an interpreter/translator has to decide, within the context, who exactly "we" refer to.

マサ:日本語や英語には「私たち」という意味の言葉は1種類しかないですからね。でも、世の中には「あなたと私」の「私たち」とか、「あなたを含む私たち」、「あなたを除いた私たち」といった「私たち」を何種類か使い分ける言語もあるみたいですね。
Languages like English or Japanese have only one way to refer "you and I," "we including you" or "we excluding you." But I've read there are some languages in the world which have different terms specifically for these "we's."

ジャクサン:Ah, that's interesting... Anyway, you said your "we" was for the Japanese, but in my country, we do the same. We change our speech style or we choose topics according to the situation or who we talk to. I don't think it's something special with the Japanese. I don't know if the webmaster has a weak personality or not, but, I think in any culture, there are outspoken people and who are rather moderate in speaking, there are those with a strong personality and those who don't.
 "we" は「日本人」という意味で使われているということですが、私の国でも同じですよ。話す相手によって話し方や話題を選びますし、何もこれは日本人だけに限ったことではないと思うんですが。管理人さんが気が弱いかどうかは知りませんが、どこの文化圏でも、自分の意見をはっきり言う人とそうじゃない人がいると思いますし、気が強い人、そうじゃない人がいると思うんですよ。

ポポリン:うん、そうよね。ジャクサン、アンタも案外いいこと言うわね。だいたい、みんな、何をそんなにこだわってるのか、アタシにはわかんな〜い。
Yeah, you are right, Jacsan. After all, you sound so reasonable and rational. I don't have the slightest clue what they are up to.

ジャクサン:Oh, I know what's the issue here. I don't think they are engaged in some weird game...
いや、私はわかってます。わけのわからないことにこだわっているとは思いません。

ポポリン:やだ、アンタ、なんでそんなに逆らうの?
Oh, no, you always try to contradict me, don't you?

ジャクサン:Come on, give me a break... I don't try to contradict you!
ちょっと待ってくださいよ、別に逆らうとかそんなんじゃないですよ。

タコ:だから、ボクもポポリンさんには怖くて何も言えないっス。なんか、「攻撃的」なんっスよね、ヘタなこと言うとあのくちばしでつつかれそうで…。
See. That's why I cannot say to her what I really want to say... When I say opposing things to her idea, she becomes so aggressive that I might get a peck or two with that sharp beak...

ポポリン:失礼ねっ!アタシの自慢のくちばしのことをそんなに言うなんて許せないっ。
Watch out your language! Especially when you talk about my lovely beak.

オヤジ:いま、ちょうど「攻撃的」という言葉が出ましたが、日本の社会では、あまりはっきりとモノを言うと「攻撃的」だと取られてしまうところがあるような気がしますね。
The word "aggressive" reminds me of something. That is, in Japanese society when you decidedly and clearly express opposing ideas, for example, you may be taken as an aggressive person.

ポポリン:そうなのよ、アタシなんてさ、みて、この「くちばし」があるだけで「攻撃的」だとか思われちゃうのよね。まったく、どうかしてるわ。くちばしってのは、鳥としてのアイデンティティでしょ?それと同じように、反対意見を持っているってこともその人のアイデンティティの一部じゃないの。それを反対意見を持ってるだけで「攻撃的」とか言われるのはおかしいわよね。みんな同じ考えだったらただのロボットじゃん。そんなんだったら、みんな「アタマ」なんか要らないわよね。「頭脳」のでっかいのがひとつあって、みんなそれにつながれてるロボットみないなもんよ。そだ、スタートレックの「ボーグ」みたいなもんよね。アンタ、ボーグって知ってる?
He's right. Look at me, I have this beak, and only for this beak, I'm taken as "aggressive." I don't think it's fair. A beak is part of the identity of being a bird. In the same way, to have one's own views - even opposing views - is part of one's identity. Then, why, because of this identity, one has to be labelled as being "aggressive"? Hyperthetically speaking, if all people have the same idea, they are just robots, not humans. If they are robots, then robots don't need "brains." There is a huge "brain" at the center and the robots are connected to this, that's just like that. Yes, just like Star Trek's Borgs. Do you guys know Borgs?

ジャクサン:Yes, I know. Do you mean Japanese people are "assimilated" just like a borg?
はい、知ってますよ。それで、ポポリンさんの言うのは、日本人はボーグのように「同化」されてるってことですか?

ポポリン:そうそう、日本人はみんなボーグにされてるわよ。
That's exactly what I mean. All Japanese are assimilated borgs.

オヤジ:またまた、ポポリンさんは誇張しすぎますな。まあ、どちらかと言うと、どこを切っても同じ「金太郎飴」というわけですよ。
She goes a bit too far in saying things. Rather than that, we could say ah...

タコ:金太郎飴って英語で何ていうんですか?

ポポリン:Kintaro candy! へへへ…。

ジャクサン:A Kintaro candy? What is it?

Ah... they are the same cutout pieces of the same cake...

タコ:あれ?「金太郎」ってのは訳さないんですか?
...

ジャクサン:OK, I know what this word suggests, but what is "Kintaro candy" anyway?

オヤジ:いやいや、ここは、言い出した私が責任を取って… "Kintaro candy" is a large candy stick with the face of the folktale boy named "Kintaro" appearing on any of the vertically cut surfaces of the stick. In other words, any cutout piece has the same "Kintaro" face.

ジャクサン:OK. Thank you for the explanation.
説明、ありがとうございます。

マサ:あの、話を戻したほうがいいと思います。ここのサイトは「金太郎飴」とは関係ないですから。
We should return to the topic, because this site has nothing to do with "a Kintaro candy."

ポポリン:アンタも真面目ねえ…。いいわよ、じゃさ、マサ、アンタは一体どういう意見なの?
You are such a prim, Masa. OK, let's go back to the issue and hear out your idea.

マサ:ボクはやっぱり、日本人ってのはアイデンティティが弱いと思うんですね。あまり強い個性を許さない社会って言うか、同質の集団という外套に包まれて、ぬくぬくと依存し合っている。いわゆる「甘え」の構造っていうのかもしれませんね。みんな同じ考えだから仲間なんだ、言わなくてもわかるだろう、察してくれるはずというところで、お互いが心理的に依存し合っているんですよ。少なくとも、そういう振りをすることで安心している。そんな中でひとりだけ異なった考え方を堂々と延べるというのは、集団の中から外に出る、つまり、はじき出されるってことになるんですよ。だから、誰も反対意見なんて言わない。反対意見を言うというのは、その集団の存在自体を否定することになるわけです。ひとりひとりの個性とかアイデンティティとかじゃなくて、集団としての曖昧なアイデンティティがあるだけなんですね。
As a Japanese, I have to admit our individual identity is very feeble. Maybe because the society doesn't allow for a strong individual identity, people are wrap up in the warm coat of homogeneity and snugly depend on each other. Such mutual mental dependency serves as a psychological sweet mommy's home where everyone has the same idea and for this, everyone belongs to the same home. It's the place where you don't have to claim yourself because you think they -the same home members- would understand your need or feeling. At least people feel psychological security by pretending to be an obedient member of such a group. Among the group, decidedly saying something different from others can mean you are not a member of the group anymore and you are just picked out of it. So, nobody says an opposing idea, and doing so is equal to denying the group you belong to. There is no individual personality or identity, but there's only a vague identity of the group as a whole.

ポポリン:でもさ、その集団って何?言いたいこと言ってはじき出されるような集団って本当の仲間なんかじゃないと思うけどな。どうして、そこまでしてつるんでいたいわけ?アタシ、わかんな〜い。
What kind of group is this, if you are driven out of it only by saying what you want to say? It's not a real team, isn't it? I don't see why people want to stick together in a herd despite of all this.

ジャクサン:I've read some articles about Japan before I came here. Actually there are many books and articles about the Japanese available in English and I knew the Japanese make much of group activities and teamplay. But I don't believe the Japanese don't say different opinions from others at all. We, non-Japanese people, also act in group, but each one of the group members has their own idea and we exchange it, discuss it and debate it. Because why not? We are different individuals. It sounds really weird.. Are you sure? Do you really don't argue or debate over issues within the group?
実は、私も日本に来る前に日本についての記事なども読みました。実際、日本人について英語で書かれた本や記事はたくさん出ています。それで、日本人は集団とかチームワークを大切にするというのは知っていました。しかし、他の人と違う意見をまったく言わないというのは信じられません。我々外国人も集団で行動しますが、お互いがそれぞれ自分の意見というものを持っていて、それを述べ合ったり、議論したり、討論するというのは当たり前のことです。だって、それぞれ別の人間なんですから。なんかヘンですよね。それって本当ですか?ほんとに日本人というのは同じ集団のなかで議論したりすることはないんですか?

管理人:もちろん、無いとは言えません。でも、異なった意見や反対意見が無ければいいと思っていますね。「異なった意見がある」というのが前提ではなく、「みんな同じ意見」というのが前提だからです。
Of course, the Japanese do argue or discuss things. But deep in mind, the expectation for no different opinion is hidden as a premise.

ジャクサン:Why?
それはなぜですか?

管理人:さあ… 私にもわかりません。
Well... I don't know.

ジャクサン:Why don't you know? You are a Japanese...
なぜわからないんですか?管理人さんも日本人でしょう?

タコ:それは、みんな同じなのが心地よいからじゃないですか?
I think we feel comfortable being the same as others.

ジャクサン:Hummm... you sound like a borg...
う〜ん、なんか、ボーグみたいだな…。

オヤジ:ままま、そのボーグさんですか何ですか、私はよくわかりませんけどね、日本では昔から言いますよ、「出る杭は打たれる」ってね。やっぱり、他の杭さんたちがおとなしく同じ高さで並んでいるところへ、ひとつだけ、のっぽの杭があるとこれは見た目にもきれいじゃない。ってことで、トントンと、こう、打たれるわけですね。しかし、まわりの人たちと合わせているからといって、決して、これは迎合しているというわけではないんです。「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」と言ってね、これは論語の言葉ですけどね、優れた人は人と仲良く付き合うが、決して自主性を失わず、同調することもないが、つまらない人間はすぐに人に同調するが、利害関係が無くなるとすぐに離れてしまうということです。日本人もですね、すべての人がただ集団に同調しているのではなくて、ちゃんと自主性を持って行動している人もいるってことなんですよ。
Well, well... I don't know about this "borg" thing, but here is a saying in Japan: "A protruding stake would be hammered down." If one of stakes around the garden is taller than the others, the entire appearance of the garden may look disordered, and this tall one should be hammered down to the same height as the others. This is how we should look in a group. But being in a group and uniformly fit in it doesn't mean to deny your individuality and flatter others. A quote from the Analects of Confucius says "A wise person harmonizes himself but never assimilates himself with people, while a foolish person assimilates himself but never harmonizes himself with people." A wise person is a good friend to people but never follows others' ideas mindlessly. On the other hand, a fool easily yields himself to follow others but leaves them as soon as he runs out of benefits he can receive from them. All the Japanese are not like those who simply flatter others but there are also those who keep their individuality even in a group.

ジャクサン:Hummm... so you do argue or debate over things...
つまり、議論や討論をすることもあるわけですね。

マサ:ええ、ありますが、日本人は議論がヘタです。テレビなどの討論会を見てるとイヤになりますね。お互い個人というアイデンティティが弱いため、自分の属する集団とか、立場からしか言い分が言えない。それに、まず、相手の話を聞かない。お互いが自分の立場からしか主張しないため、全然、議論が噛み合わない。どこまで言っても「水掛け論」で終わるわけです。相手の言い分もきちんと聞きながら、論理的に自分が持っている主義というものを冷静に説明するということができないんです。だって、自分のアイデンティティ自体が弱いから、相手の言うことを聞いていたら自分がやられそうになるんでしょうね。やみくもに自分の言い分を強引に繰り返すしかない。まるで、子供が駄々をこねてるみたいなもんで、しまいには相手の人格批判になったり、もちろん、テレビの場合は半分ジョークでやってるんでしょうけど、ケンカみたいになってしまうんですね。すごく気まずい雰囲気ですね。
Yes, that's true. But the Japanese are poor debators. I can't stand to watch commentators argue on TV programs. Maybe due to their weak identity, all they can do is narrow-mindedly insist views shared by their group or seen from their position. First of all, they don't listen to opponents' ideas. As each party only appeals views on their side and there is no real exchange and interaction of views, the discussion or debate doesn't develop to reach the conclusion. Basically, they lack in the skill of calmly and logically explaning their ideas while listening to opponents' assertion. They may have the fear of being beaten their weak identity if they keep listening to opponents. The only alternative left is to repeat their one-sided views just like a small child insisting on toys. I hope commentators on TV are doing for half fun, but they may end up criticizing opponents' personality or emotionally messed up in a very unpleasant atmosphere.

管理人:まあ、日本では議論の仕方なんて教えないですしね。
We cannot blame them, because we are not taught how to debate at school in Japan.

ジャクサン:So, who wins such a discussion?
で、そういう日本人の議論では誰が勝つんですか?

マサ:ま、声の大きな人とかよくしゃべる人、または立場的に強い人でしょうね。つまり、最初から議論なんてする必要ないってことですよ。
A person with the loudest voice, the biggest talker, or one at the highest position would win. It means there's no need to discuss from the beginning.

ポポリン:でさ、マサ、アンタはどうなのさ?外国人相手にちゃんと議論できるの?
How about you Masa? Do you think you are a proficient debator yourself against non-Japanese opponents?

マサ:はっきり言ってあまり自信ありません。でも、これから日本人もそういったスキルを身につけないと国際舞台できちんと発言できないと思いますね。
To be honest, I don't think I'm good enough. But I believe Japanese people need such a debating skill to function as a full-fledged speaker on the international stage.

タコ:なんか、ボク、よくわからないんですけど、言わなくてもわかるっていうような、ぬくぬくした社会ってダメなんでしょうか?なんか、英語で論理的に議論なんて、ボクにはむずかしすぎるっス。
There's something I don't understand. I don't see why we cannot stay in snug, nest-like society where people would understand your need and feeling without verbal communication. After all, logical arguing in English is a hurdle too steep to clear for me.

オヤジ:まま、タコさん、日本人の甘えの社会かもしれませんが、それはそれで、心地よいところもありますし、良いところだと思いますよ。そういう点も残しながら、自分の考えをはっきり述べるというスキルも必要なんだと思うんですね。それに、外国の人たちも日本人のような「なーなー」のところも少し取り入れたらいいと思いますよ。だって、いつ、どこにあっても自分の意見をはっきり言わなければならないっていうのも、ちょっと疲れるんじゃないですかね?それより、ほら、みなさん、お酒が無くなってますよ。
Don't worry, Taco. Mutual mental dependency of Japanese society also has a good side, it can give you "mental security" feeling. We can keep it as it is while we need to adopt the skill of clearly expressing our ideas and views. In the same way, the non-Japanese can use part of comfortable dependency incorporated into their culture to ease the pressure and remove the fatigue of clearly defining their opinions. By the way, everyone seems to have emptied their 'sake' cup.

ポポリン:あ、ほんとだ、タコ、お代わりね〜。
True. Taco, cups to refill!

タコ:ヘイ!がってん。
Aye, aye, sir!



 Next Page 次のページへ→