カクストンの悩み

現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の歴史―カクストンの悩み | 英語なんてタコ |
 William Caxton  カクストン (1422−1491)

  (C) Eigo-Zakkaya
1476年にウェストミンスター寺院の敷地内にてイングランド最初の印刷を開始したカクストン。彼の技術によってより多くの人々が読み、書く機会を得たことで英語の発達に大きく貢献しました。英語の「標準語」が形成され、書き方のルールのようなものも作られ、広く一般に浸透していきました。同じ出版物が大量に出まわることから、より多くの作品が現在にまで残され、当時の様子を知ることができる貴重な資料となっています。

カクストンは言語学者でもなければ文学者でもなく、今で言うビジネスマンだったわけですが、ベルギーに30年近くも住んでおり、初期の作品のほとんどがフランス語やオランダ語からの翻訳物でした。しかし、そんな彼にも悩みがあったのです。その悩みとは、実際に翻訳にあたってさっそく抱くことになる「疑問」の数々だったようです。

カクストンについて、さらに詳しく知りたい方は以下のサイトにアクセスしてください(ただし英語です)。
http://en.wikipedia.org/wiki/William_Caxton
http://www.nndb.com/people/573/000024501/
http://home.vicnet.net.au/~neils/renaissance/caxton.htm


And certainly our language now used varies far from that which was used and spoken when I was born. For we Englishmen be born under the dominancy of the moon, which is never steadfast but ever wavering, wexing one season and wanes and decreases another season. And that common English that is spoken in one shire varies from another. In so much that in my days happened that certain merchants were in a ship in Thames for to have sailed over the sea into Zeeland, and for lack of wind they taried at headland, and went to land for to refresh them. And one of them named Sheffelde, a mercer, came into a house and asked for meat, and specially he asked after 'eggs.' And the good wife answered that she could speak no French. And the merchant was angry, for he also could speak no French, but would have eggs, and she understood him not. And then at last another said that he would have 'eyren.' Then the good wife said that she understood him well. Look! What should a man in these days now write 'eggs' or 'eyren'? Certainly, it is hard to please every man by cause of diversity and change of language. For in these days every man that is in any reputation in his country will utter his communication and masters in such manners and terms that few men shall understand them. And some honest and great clerks have been with me and desired me to write the most curious terms that I could find. And thus between plain(?) rude and curious I stand abasshed. But in my judgement the common terms that is daily used is lighter to be understand than the old and ancient english.

Source: THE ENGLISH LANGUAGE by David Crystal
右の画像はイメージです。



さて、そのカクストンの悩みですが、まず、上にご紹介しているのは、ある翻訳本の冒頭に彼が書いた前書きです(左は現代英語に置き換えたものです)。テムズ川の向こう岸では「卵」という言葉が通じない、強引に言ってみれば「たまご」ではなく「てまご」と言わないと通じないといったような話で、食堂のおかみさんに「そんなもん、おまへん。うちはフランス語はよう話しまへんで!」と言われ「何言ってやんだい、あっしもフランス語なんざ話すもんかい!」と怒っているといったエピソードが載せられています。要は同じ英語だと言っても各地でバラバラ、一体どこの言葉を使って翻訳すればいいのだ?!と困り果てている様子がうかがえます。

ともあれ、すべての人を満足させるのは至難の技だ、と彼の悩みは続きます。
●翻訳には外来語をそのまま使うべきか、それとも無理にでも英語に直すべきか?―外来語が好きな人もいれば、そうでない人もいる。
●翻訳先の英語にはどこの地域の言葉を使うか?こんなに違うと、もうどうしたらいいのか…
●文体はどんなものにしたらいいだろう?チョーサー風か、トマス・マロリーか、それともラテン語の文学者のものを拝借するか?
●スペルとか句読点の打ち方はどうしよう?歴史的に見ても多種多様…
●英国の作家の作品の場合、もっと多くの人が理解できるように書きなおしたほうがいいのか?
等など。。。
結局彼は前述のように文学者ではなく、あくまでもビジネスマン。当然「売れる」ことが大前提。売れるためにはより多くの人が理解できなければ意味がない。しかし、「タマゴ」のような簡単な単語が通じないのに、一体どうやってより多くの人を満足させることができるのか?彼にとっては、今で言うカスタマー・サティスファクション(顧客満足)も困難の極みだったことでしょう。

さんざん悩んだ(?)カクストン、しかし、そこは優秀なビジネスマン。決断するのも早いわけです。といっても他の例に習ってのことで、なんとなく世間にもそんな暗黙の了解みたいなものもできつつあって、結局、ロンドン周辺の言葉で行くことに決めました。こうして、ロンドン周辺の方言が標準語として認識されるようになり、それ以外のものは「方言」であるときっぱり線引きがされてくるようになったわけです。100年もすると印刷物はこうあるべき、といった統一性や一貫性が出てくるようになりましたが、一部のスペルやアポストロフィなどの句読点の問題は依然として残され、統一されるには17世紀までかかったようです。