中学、高校、大学と勉強していながら話せないのはなぜ?通訳付けないと日常会話もできない首脳は日本だけといった指摘。対して日本人が日本語話すのはあたりまえ。英米人も日本に来たら日本語を覚えるべきなんだ、という反論も。ともあれ英語は世界語になることは間違いなさそう。ここでは「日本人が英語が苦手なわけ」を分析してみたいと思います。

Last update January 16, 2015


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/日本人の英語べたを考える | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
           

Last update January 16, 2015



日英言語構造、文化の違い

こういうことを言っては元も子もないのですが、実は日本人が英語が下手なのは無理もないことかもしれません。英語と日本語ではあまりにも違いすぎるのです。その「違い」に焦点を当てた効率的な教育法などが確立されない限り、何年学校で勉強していてもマスターできる訳がありません。ですから、日本人が他の外国人に比べて英語が苦手だとしても、少しも不思議ではありません。無理もないのです。

岩波新書から出された『日本人はなぜ英語ができないか』(鈴木孝夫著)にも以下のように書かれています。


日本人に英語は難しい
外国と比較する場合でも、英語を母語としない多くのヨーロッパの国の人々がそれでも英語を自由に使いこなすのは、この人たちの言語が殆どの場合、英語の親戚筋にあたる同系同類のものであって、しかも文化や宗教までが、基本的には、同一といっても差し支えないほど、互いに似通っているといった事実を考慮しなければ意味がありません。

ところが日本語は、英語とまったく違う系統に属する言語であるばかりでなく、日本人の宗教や世界観、そして風俗習慣をも含む文化までも、欧米人のそれとは非常に異なるものですから、彼らが互いの言語を学ぶ際の苦労と、日本人が彼らの言語に習熟するときに経験する困難は比較にならないのです。

よく日本人は、何しろ日本語は難しいから欧米人が学ぶのは大変だなどと言いますが、これとまったく同じことが、私たち日本人が英語を学ぶときにも言えるのだ、ということにきづいている人はあまりいないようです。普通の日本人が日本にいながら英語に習熟することは、この本の中でいろいろと説明するような理由で、一般に考えられているよりも、はるかに難しいことなのです。

アメリカの国務省は、外交官や政府の役人が職務上学ぶ必要のある外国語を、習得の難易の点で区分していますが、日本語はアラビア語と並んで、アメリカ人が習熟することの最も困難な言語とされ、学習に要する時間もフランス語やドイツ語の二倍は必要だとしています。なぜかと言うとアラビア語も日本語と同じく、言語の系統、宗教、そして文化のすべてが西欧の人々にとっては異質だからです。

このように日本語がアメリカ人に難しいことのまさに裏返しとして、英語は日本人にとって、本当はひどく難しい外国語なのです。だから生半可な勉強ではものにならないのも当然なのです。





いかがでしょうか?少し気が楽になったでしょう?そうか、日本人が英語が下手だというのは当然のことなんだ、ということをわかったうえで勉強を続けるのと、ただ闇雲に詰め込もうとするのとは大きな成果の差が出てくるのではないでしょうか。

では、英語と日本語の「違い」についてもっと具体的に見てみることにしましょう。

上の引用にも書かれていますが、ヨーロッパ言語は英語と親戚だということです。大きくみると、英語やヨーロッパ言語、そして中国語までもが「インド・ヨーロッパ語族」という大家族に属していますが、日本語はハングル語などと同じように「ウラル・アルタイ語族」という家族に属しているとも言われています。つまり赤の他人なのです。異なった二つの集団が、全く違ったモノの見方、発想、考え方をしていても決して不思議ではありません。むしろそのほうが自然なのです。そう考えた方が日本語で育った自分が英語との良い関係を持てるのではないかと思うのです。余談ですが、「結婚」もそうですね。全く違った家庭環境に育った他人同士が一緒に生活するのが結婚だとすれば、もともとお互い違うところがあって当然なんだというスタンスに立っていた方がうまく行くというわけです。

話を戻します。英語と日本語の言語的な違いを思い付くままに挙げてみました(一例です)。
(1) 語順の違い
English    I am learning English.
日本語   私は英語を勉強しています。

「私」という主語が最初に来るのは同じですが、英語で次に来るのは「学ぶ」という動詞ですね。対して日本語は「英語」という目的語です。こんなことは中学生でも知っている違いなのですが、実はこの違いが大きなことなのです。昔、ある英語の参考書に、 I →「私は」、 learning →「学んでいる」、 English →「英語を」、 am →「です。」といった説明(例文は違いますが)を見たことがあります。かなり乱暴というか、なぜこのように一対一でパズルのように当てはめるのか、たぶん中学生に理解しやすいと思われたのかもしれませんが、こういうところから日本人の英語がますます苦手になっていくのではないかと思われます。英語を話すときにどうしても、日本語からの英作文をしてしまうというクセが抜けきれないというのもここら辺に原因があるかもしれません。まず「全く違う」のだということを教えなければ意味がないと思うのです。そのうえで頭をいったん白紙にして、全く違う文化の違う言語を学ぶのだという心構えが必要ではないかと思います。

(2) 品詞の違い
English    articles; a, an, the
日本語   「て、に、を、は」などの助詞

これも当たり前のことかもしれませんが、日本語には助詞があり、英語にはありません。英語では名詞が変化することによって「〜を」「〜に」「〜は」という名詞の属性を表わすため、助詞というものがありません。英語にある「冠詞」は日本語にはありません。また単数、複数などの区別もありません。このように見ていくと、ひとつ言えることは、英語は「名詞」に対して「定義づけ」をしていく性質を持っているということです。これは英語だけでなく、その他のヨーロッパ言語にしてもそうですし、また「名詞」だけでなく「動詞」も変化していくわけですが、いずれにしても言葉を厳密に定義、位置付けしていくという大きな特性があると思うのです。「りんご」があったとして、日本語ではそれがひとつなのか、ふたつなのか、特定のりんごなのか、任意のりんごなのか、特に区別することはしません。「昨日のりんごちょうだい」「どのりんごでもいいからちょうだい」などと修飾語として定義しようとするだけで、「りんご」という名詞自体に対しての定義づけはしないということです。対して英語では an apple, some apples, the apple などと apple に対して冠詞などを用いて名詞の属性を決定づけようとするのです。こういったところも論理性を大事にする英語の特性がよく現われているのではないかと思われます。つまり、英語は何に対しても理屈っぽいわけです。

(3) 借入語の有無
English    多くの借入語
日本語   多くの外来語

また、英語と日本語は赤の他人であるだけではなく、言語が形成される途上において、言語表現の仕組みに影響を与える交流はありません。一方で、英語とヨーロッパ言語は数多くの語彙を借入しています。またキリスト教以前、古代の西洋文化の発祥地であったギリシア、ローマの言語を源とする多くの言葉があり、英語、ヨーロッパ言語の間で共有されています。語彙を共有しているということは、単語レベルでの「発想」「考え方」が基本的に同じであるということで、ヨーロッパ語を母語とする人たちが英語を習得するのもそれほど難しくないわけです。しかしながら日本語に関しては、言語の生成期において、英語からの語彙借入などはありません。近年になって流入してきた「外来語」であっても、本来の英語の形や意味、ニュアンスをそのまま残しているものは少ないと言えます。つまり外来語と英語の単語に対するイメージや発想は同じではありません。

(4) 被征服の有無
English    被征服の体験有り
日本語   被征服の体験無し

この違いによって具体的にどの部分に影響が現われているということは言えませんが、言語の生い立ちが違うということです。英語は、現在のイギリスにケルト人以後に移り住むようになったアングル人の言葉がルーツだとされていますが、その後アングル人がデーン人に征服され、デーン人の言葉である古代ノルド語が入ってきました。実はこのノルド語の影響を受け、本来の英語の語彙がノルド語のものと入れ替わったりしています。おなじみの Be 動詞、「彼ら」などの単語もノルド語が源です。それ以後もフランスのノルマンディー征服により、実に多くの語彙が借入されました。このように他民族(多言語)の征服を受けるということは、擬人化して考えてもわかりますが、言語としてもシェイプアップされ、被征服言語と征服言語のうちより良い方(またはより強い方)が選択され、残っていくということになります。

一方、日本は歴史的に見ても他民族に征服されたという経験がありません。蒙古襲来のときも「神風」が吹きますし、第二次大戦後も、幸いにして連合軍の領土になることはありませんでした。これは私見ですが、一般的に、二つの言語ないし単語が競合状態になった場合、切磋琢磨され、どちらも生き残ろうとするはずですから、言語自体に「厳密さ」や「正確さ」が出てくるのではないかと思われます。反面、そのような競合状態がなければ、そういった厳しさは生まれず、ゆるやかであいまい性を残した、柔軟性の高いものになるのではないかという気がします。

というわけで、英語と日本語は海と山ほどの違いがあるということですから、マスターするというのはもともと大変なんだという認識を持ちましょう。その上でなかなか上達しないと思っても、あせらず、冷静にやり方を研究したりして、気長に続けていくしかないと思います。最初から他の外国人の2倍も3倍も努力するつもりで、しかし、どのみち難しいことなんだから、と気楽に頑張りましょう。そうすればいろんな発見もあって、結構楽しいかもしれませんね。