現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/いろいろ英語用語集―IT 英語略語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update August 19, 2015


IT Abbreviations



Last update August 19, 2015

 Numeric   A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X 

                                                 

略語 正式名 解説
 T   To Top
TA Terminal Adaptor 通信回線と通信機器を接続する際のインタフェース変換装置。
TACS Total Access Communications System かって欧州で採用されていた携帯電話方式。
TCP Transmission Control Protocol TCP/IP の一部をなす通信プロトコルで、データをどのように送るか(データの分割やその経路)、信頼性の高い通信を管理する。
TCP/IP Transmission Control Protocol/Internet Protocol TCP と IP を合わせたデータをやりとりするためのインターネット・プロトコルのセット。
TDMA Time Division Multiple Access 時分割多元接続。時間軸を一定の間隔で区切り、各チャンネルの信号を順番に乗せることによって多重化を行なう。GSM などで使用。
TFT Thin Film Transistor 液晶ディスプレイの画像表示機構。画素一つ一つの電極にON/OFFの切替スイッチがついており、画素信号がダイレクトに送られる。そのため、TFT 液晶ディスプレイは動作速度が高速で視野角が広いのが特長。
TIA/EIA Telecommunications Industry Association / Electronic Industries Association 米国電気通信工業会/米国電子工業会。
TLS Transport Layer Security インターネットなどのコンピュータネットワークにおいてセキュリティを要求される通信を行うためのプロトコルで、通信相手の認証、通信内容の暗号化、改ざんの検出を行う。一般的に SSL と呼ばれることも多いが、厳密には、TLS のもとになった技術が SSL である。
TM Translation Memory 既存の翻訳あるいは、繰返しが多い箇所の翻訳など、同じ文章に対して同じ翻訳文を繰返し使用するためのベースとなる翻訳元言語と翻訳先言語の対訳データメモリ。
TSS Time Sharing System 多数の端末から大型ホストへアクセスするときに使われていた方法。あくまでも端末とホストの1対1の通信で、ホストの CPU の処理時間を時間的に細かく分割することで各端末の仕事を処理する。
TWAIN Technology Without Any Interested Name トウェイン。スキャナやデジタルカメラで画像をパソコンに取り込むための規格。



 U   To Top
UIM User Identity Module 第3世代携帯電話に利用される IC カードで、GSM に使われる SIM をベースにしていることから USIM(Universal Subscriber Identity Module)と呼ばれることもある。また、本体から取り外せる形状から R-UIM(Removable UIM)と表されることもある。
UMTS Universal Mobile Telecommunications System 第3世代 移動通信技術のひとつ。
UPS Uninterruptible Power Supply 突然の停電が発生した場合に備えて、サーバに設置する無停電電源装置のこと。
URI Universal Resource Identifiers Web で利用できる資源の住所を総称して言う。一般的な URL もこれに含まれる。
URL Universal Resource Locator 統一資源位置指定子。インターネット上のリソースを特定するための形式的な記号の並びのことで、その所在を表記することで、インターネットにて提供されるリソースを特定する。
USB Universal Serial Bus パソコンと周辺機器をつなぐインターフェイスのひとつ。ターミナルアダプタやスピーカなど多くの機器が対応し、すべて同じコネクタで接続できる技術。
UTP Unshielded Twisted Pair LAN に使用されるツイストペアケーブルのこと。
 V   To Top
VBR Variable Bit Rate 可変ビットレート。音声や動画などの圧縮時にビットレート(1秒間に通過するビット数)を可変する方式のひとつ。
VPN Virtual Private Network インターネットの接続によって、離れたところにある別々のネットワークをつなぎ、ひとつの LAN としてみなす(仮想的な LAN)ことをいう。
VRAM Video Random Access Memory ヴィラム。ディスプレイに文字や絵を表示するために使われる専用のメモリ。解像度と色数は VRAM の容量で決まる。
VRML Virtual Reality Modeling Language 仮想現実設計言語。3次元幾何学図形を記述する言語。
 W   To Top
W3C the World Wide Web Consortium WEB に関する技術開発とその標準化を行っている団体。
WAN Wide Area Network 複数の LAN を電話回線サービスや光ファイバ ケーブルで接続されたもの。WAN は、町、県、国のレベルから世界の各地にまで展開することが可能、その大きなものがインターネット。
WAP Wireless Application Protocol 携帯電話などのデバイスでインターネットコンテンツを閲覧するための共通技術仕様。
WAV Windows Audio Windows の標準サウンドファイル形式。
W-CDMA Wideband-CDMA 広帯域 CDMA。第3世代携帯の無線アクセス方式の一つ。
WEP Wired Equivalent Privacy 無線通信におけるセキュリティ対策のための暗号化技術で、秘密のキーワードを基に、送信するパケットを暗号化する。読み方は「ウェップ」。
WML Wireless Markup Language WAP 仕様を実装した携帯電話などの機器におけるコンテンツ形式。最近では携帯機器の性能向上と共に XHTML や HTML が使われるようになったためあまり利用されなくなった。
WPA Wi-Fi Protected Access 無線 LAN の業界団体 Wi-Fi Alliance による無線LANの暗号化方式の規格で、WEP の弱点を補強、セキュリティ度を向上させたもの。
WWW World Wide Web 世界中をクモの巣のように張りめぐらされてできたことからこう呼ばれる。インターネットの別名。
WYSIWYG What You See Is What You Get 実際画面に表示されているものが、そのまま印刷できるものだという考え方。
 X   To Top
XHTML Extensible Hyper Text Markup Language HTML に、XML の持つ柔軟性、拡張性を取り入れた記述言語。
XML Extensible Markup Language SGML をベースにした世界標準のデータ記述言語で、現在広く普及している。
XSL Extensible Stylesheet Language HTML 文書と異なり、XML 文書においてはタグにスタイル・表示の意味を持たせていないため、スタイル・表示に関する情報を外部から与える必要があり、その XML 文書のスタイル・表示情報を指定するための言語として W3C が規定したもの。
XSLT Extensible Stylesheet Language Transformation XML 文書を他の XML、HTML、もしくはテキスト文書へと変換するための言語として W3C が規定したもの。XSL の一部が分離独立したもの。




 前頁へ     戻る