現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/いろいろ英語用語集―英語圏の国歌 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update June 18, 2015

National Anthems

オーストラリアの国歌



Last update June 18, 2015




The National Anthem of Australia

ピーター・ドッズ・マコーミック (Peter Dodds McCormick) によって創られ、人々に愛されていた Advance Australia Fair。しかし、公式にオーストラリアの「国歌」として認められたのは1984年になってからのことでした。1972年新しいオーストラリア国歌を設定することを公約に政権を握った「労働党」により、「国歌」の公募が行われ、そのなかの上位について国民投票で決定されました。マコーミックが書いたオリジナルに修正を加え、1番から3番までで構成されます。ただし、現在オーストラリアは、英国のエリザベス二世を国家元首とする立憲君主制を維持しているため、英国王室のメンバーが列席している場では英国国歌 God Save the Queen が歌われることになっています。ちなみに惜しくも「国歌」にはなれなかったものの人々に愛されている歌に Waltzing Matilda という曲もあります。

下記のサイトに行くと、オーストラリア国歌が聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=s8tswkr25A0


歌詞を原語で味わう

歌詞の日本語訳を読んで「なるほど」というのもいいのですが、言語が異なる限り、その言葉にこもる思いを翻訳では100%再現することは不可能です。たとえば、英語のリズムや韻を踏んでいる表現など、原語でしか味わえない部分もあります。ここはひとつ思い切って、英語で読んでみましょう。

ここでは、正式版に加えてオリジナル版に含まれていた節(括弧で囲んだ部分)も併せて紹介しています。なおご参考までに、各ブロックの下に簡単な単語帳をつけています。また、歌詞の中で文字の色を変えている部分は、韻を踏んでいる単語を表し、各ブロックにおいてそれぞれの色が対になります。

Advance Australia Fair
『進め うるわしのオーストラリア』

Australians all let us rejoice,
For we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil,
Our home is girt by sea;
Our land abounds in Nature's gifts
Of beauty rich and rare;
In history's page, let every stage
Advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing,
"Advance Australia fair!"

 単語   rejoice 喜ぶ |  golden 金色の、素晴らしい |  soil 土地 |  wealth 富 |  toil 苦労 |  girt 囲まれた |  abound 富む |  gift 恩恵 |  rare 稀なる |  stage 段階、行程 |  advance 前進する |  fair 美しい |  joyful 楽しい |  strain 旋律、曲、歌 | 

( When gallant Cook from Albion sail'd,
To trace wide oceans o'er,
True British courage bore him on,
Till he landed on our shore.
Then here he raised Old England's flag,
The standard of the brave;
"With all her faults we love her still,"
"Brittannia rules the wave!"
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!")

(  単語   gallant 勇敢な |  Cook キャプテン・クック |  Albion アルビオン(ブリテン島の古名) |  trace たどる |  sail'd = sailed 「航海する」 |  ocean 海洋 |  o'er = over |  courage 勇気 |  British イギリスの |  bore bear 「帯びる、身につける」 |  land 上陸する |  shore 海岸 |  flag 旗 |  standard 旗 |  brave 勇敢な |  fault 過失 |  Brittannia ブリタニア |  rule 支配・統治する |  the wave 海 |  )

Beneath our radiant southern Cross,
We'll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours
Renowned of all the lands;
For those who've come across the seas
We've boundless plains to share;
With courage let us all combine
To advance Australia fair.
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"

 単語   beneath 〜の下に |  radiant 輝く |  southern Cross 南十字星 |  Commonwealth 英連邦王国 |  renowned 有名な |  boundless 限りない |  plain 平野 |  share 分かち合う |  combine 組み合わせる | 

( While other nations of the globe
Behold us from afar,
We'll rise to high renown and shine
Like our glorious southern star;
From England, Scotia, Erin's Isle,
Who come our lot to share,
Let all combine with heart and hand
To advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!")

(  単語   nation 国家 |  globe 地球 |  afar はるかに |  behold 見よ |  rise 立ち上がる |  renown 名声 |  shine 輝き |  glorious 栄光の |  Scotia スコティア(スコットランド) |  Erin エリン(アイルランドの古名) |  Isle 島 |  )

( Should foreign foe e'er sight our coast,
Or dare a foot to land,
We'll rouse to arms like sires of yore
To guard our native strand;
Brittannia then shall surely know,
Beyond wide ocean's roll,
Her sons in fair Australia's land
Still keep a British soul.
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!")

(  単語   foe 敵 |  e'er = ever |  sight 見る |  coast 海岸 |  dare 挑む、あえて〜する |  rouse 奮い立つ |  sire 父親、祖先 |  of yore 昔の |  guard 護る |  native 自国の |  strand 海辺の土地 |  soul 魂 |  )



 日本語訳  
喜ばしきかな オーストラリア民よ
若き自由なる祖国
労報わる 金色の土地と豊穣
周囲に海原いただき
自然の賜物富み
稀なる豊かな美を備えし地
長い道程に 小さき歩み重ねながら
進め うるわしのオーストラリア
楽しき旋律もち ともに謳おう
「進め うるわしのオーストラリア!」

クック船長 アルビオンを出帆す
広き海に軌跡残しつつ
真なるブリテン魂たずさえて
ついに上陸す 我らが地
そこに 古の英国旗立て
勇猛の精神 印したり
「とが多し されど故郷」
「ブリタニアぞ 海を制覇す」
楽しき旋律もち ともに謳おう
「進め うるわしのオーストラリア!」

我らの輝く 南十字星のもと
心と力もち 励まん
我らが連邦王国のため
あまたの領国にて 名を知らしめん
海原渡り 来る者たちと
分かち合うべき 平原は限りなし
果敢に 力を合わせ進まん
うるわしのオーストラリア
楽しき旋律もち ともに謳おう
「進め うるわしのオーストラリア!」

この世の 国々どもは
彼方より 望見す
我らの名声と輝きの高まり
あたかも我らが栄光の南星のごとし
英国やスコティア エリンの島より
人々来れり 我らが地を分かち合うため
皆で心と力 合わせ進まん
うるわしのオーストラリア
楽しき旋律もち ともに謳おう
「進め うるわしのオーストラリア!」

異国の敵が 我らの岸を発見し
敢えて 足を踏み入るならば
古の父族のごと 武器を持ち
祖国の海岸防御せん
されば ブリタニアは知る
広き大海のうねりの彼方
子孫なるうるわしのオーストラリアにぞ
ブリテン魂 しかと宿らんことを
楽しき旋律もち ともに謳おう
「進め うるわしのオーストラリア!」

(翻訳:「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ




 サイト内コンテンツ 

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!


英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。




 戻る