Last update July 10, 2010


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/ポポリンの観光英語―マイナー観光スポット-一休寺 | 英語なんてタコ |

           

一休寺 用語集
IKKYUJI TEMPLE


ACCESS: Take the Kintetsu Kyoto Line and get off at Shin-Tanabe Station. Then take the Keihan bus to Ikkyuji-Michi (一休寺道) stop, located at five minutes' walk from the temple. (http://www.ikkyuji.org/)



A Little Wabi with Touch of Sabi
Staging Verdant Spring and Vermilion Autumn, Light and Shade Harmony in Pure Serenity.


一休寺で一休み

A Cozy Refuge in a Small Town
別にシャレてるわけじゃないんだけど、アニメの「一休さん」が言ってたわよね、「あわてない、あわてない、一休み」とかさ。でもさ、「一休み」ばかりしてたって何にも達成できないわよ。アタシなんかもう何年も一休み状態なんだから。それはさておき、小さな町のなかにこじんまりと存在しているお寺でさ、門なんかちょっと注意していないと通りすごしちゃいそうよ。

ま、それくらい「マイナー」と言えばマイナーなんだけど、けっこういいのよね、これが。何がいいって、人が少ないこと。春や秋の観光シーズンとかにさ、京都なんて行くと悲惨よ〜。道も混んでるし、有名なとこはどこ行っても人ばっか。落ち着いて写真の一枚も撮れないわよ。その点、ここなら、同じ京都府でもかなりはずれてるし、ゆっくりくつろげるわよ。ただね、「アンタどこ行って来たのさ?」とかいう話になって、みんなが「清水寺」とか「二条城」、はたまた「千手観音」、「大仏」なんて言ってるときに、「一休寺」とかで、「え?それどこ?」、「何があんの?」なんて聞かれてさ、ちょっと寂しいかもね。外国人はとくに、デカイ仏像とか、手が千本もあるなんてのがインパクトあるからさ。でも、この静かな雰囲気に浸って、わびさびを感じるならここはお勧めよ〜。

てわけで、この「一休寺」、正式な名前は「酬恩庵」(しゅうおんあん)、臨済宗大徳寺派に属してて、本尊は釈迦如来。もともとは、正応(しょうおう)年間(1288〜1292)に建てられた妙勝寺(みょうしょうじ)というお寺だったんだけど、元弘(げんこう)時代(1331〜 1334)に戦火にあって荒廃してたんだって。そこへ1456年に一休和尚が草庵を結んで「酬恩庵」として復興。それから25年間、88歳でこの世を去るまでそこに住み続けたってことよ。ま、そんなことから、この一休さんにちなんで通称「一休寺」って呼ばれるようになったらしいわ。で、一休和尚が亡くなってから100年ほど経った江戸時代、前田利常っていう人が再びここを復興したっていうのが、だいたいの歴史ね。

前置きはこれくらいにして、さっそく入ってみるわよ。まず、門を入ったところで、向かって右側の御手洗(みたらし)で羽を洗ってから え?アンタ羽ないの?やだ。じゃ手でもいいわよ。手を洗ったら、石畳の坂道をゆっくり歩いて登ったところに受付があるからさ、そこで入場料なんか払うのよ。え、アタシ?アタシは無料よ〜、だってトリだもん。で、受付のおばさんとさ、「紅葉はやっぱり秋ですか?」、「そうですね、やっぱり秋です」(当たり前じゃん)なんて世間話でもしながら、そうそう、紅葉もけっこういいらしいわよ。そんでもって、初夏の頃もけっこういいのよ。みずみずしい若葉の緑が目を洗ってくれるわよ〜。まさに、自然の「目薬」って感じ。

さてと、入場料を払ったら、後はゆっくり庭を見て回るのもよし、白い小石の庭を見ながら縁側でのんびりするのもよし。庫裏(くり)の入り口にある売店でふるまってくれる昆布茶なんか飲みながら、売り子のおばさんと「一休寺納豆ってオススメですか?」、「はい、オススメですよ」(そりゃそう言うでしょ)なんて世間話するのもいいかもね。ところでさ、この「一休寺納豆」だけど、一休さんが考えた特別レシピらしくてさ、製法もこの五百年変わっていないってことよ。アンタ、晩酌のお伴にどう?

If you are tired with famous bustle-hustle spots in Kyoto city and want to forget about your "Must-See-in-Japan" list for a while, this may be a nice retreat. It's calm and quiet, simply because a few people would visit. But even a less frequented place doesn't have to be a mediocre nowhere of small significance, and flamboyant architecture and big Buddhas are not always a fancy for everyone.

Officially named Shu-On-An, Ikkyuji Temple belongs to the Daitokuji School of the Rinzai Denomination, and enshrines Shakyamuni (Siddhartha Gautama, the founder of Buddhism) Tathagata as the principal image of worship. The temple was originally built in the Shoo Era (1288 - 1292) and named Myoshoji. It was heavily damaged in a war during the Genko Era (1331 - 1334). Later in 1456, a monk named Ikkyu restored the reduced temple premises and made them his hermitage, where he lived for 25 years until his death at 88. He renamed the temple Shu-On-An, and it is now popularly called Ikkyuji (literally; One Rest Temple) after his name. More than hundred years after his death the temple was again reconstructed by the feudal lord named Maeda Toshitsune in the Edo period (1603 - 1867).

Almost melted within the fabrics of a nondescript small town, the gate of Ikkyuji Temple hardly stands out. But once you find it and step inside, you can sense serenity and purity of the air the premises release. If it's spring, bright light verdure of young tree leaves will cleanse and moisten your eyes, and in autumn, vivid maple red will highten and brighten your mood. Walking up the flagstone slope to the inner grounds, you may be sure it's one of real Japanese hidden wabi-sabi spots.

After purifying your hands at the Mitarashi (literally hand washing area; metaphorically means to cleanse your body and mind to enter a sanctuary) and paying the admission at the fee collecting booth, the temple is all yours for hours' peaceful stay. You can leisurely stroll up and down among gardens, sit on the Engawa corridor to contemplate a well-combed white pebble garden for a while, or enjoy a small talk with a lady at the vending counter over a free cup of kelp tea she would serve. For those who have the guts to try some odd and fantastic taste and flavor, there is Ikkyuji Natto (the fermented soybeans, special recipe by the monk).

本堂への参道

Pathway to the Main Hall
石畳を登った受付の近くにあるのが、一休さんの使っていた浴室ってのがあるわよ。浴室って言ってもさ、アンタんちにあるような狭い部屋じゃなくて、一軒の建物になってるのよ。その浴室を通り過ると、すっと伸びてるのが本堂に向かう参道。ここの雰囲気がいいわよ、心身ともに清まりそうな空気。それに、ほら見て、参道の両側に植えられてる分厚い緑の苔。よく手入れされてるわねえ。清涼感をかもし出してるって感じ。それに、なんか、葉緑素たっぷりで美味しそうよ〜。

Up the slope and passing the Bath House, you will see a narrow path straightly penetrating a small gate, which gives you a square-framed glimpse of the main hall ahead. Feel the clean air in tranquility. But don't forget to watch your step too. On both sides of the flagstone path, there lie carpets of thick, well-cared green moss, adding refreshing and soothing atmosphere to the landscape.

方丈をひとめぐり

Hojo with Sophisticated Humbleness
「方丈」ってのは、お坊さんとかが住んでいる建物のことでさ、この方丈は、前述の前田利常によって1650年に再建されたものよ。方丈に行くには、京都府の指定文化財でもある「中門」をくぐって石段を降りて、庫裏から入るようになってるわよ。でさ、この庫裏も方丈といっしょに立て直されたらしいんだけど、重要文化財なんだって。そして、庫裏の前にあるのが、なんと樹齢400年という「しだれ松」。400年という年齢もさることながら、ダイナミックに下向きに伸びている枝を見るとなんか「謙虚さ」を感じない?やっぱ、立派になるほど謙虚さって大事よね、アンタももっと謙虚になんなさいよ。え?お前はどうかって? おっといけない、庫裏の話だっけ。そうそう、庫裏の入り口を入って左側の奥にある「かまど」も見とくといいわよ。それから、入り口正面に見えるのが囲炉裏(いろり)のある部屋。床もよく磨かれてて黒々してるわね。

で、この囲炉裏のある部屋から板張りの床が伸びてて、これが方丈につながっているわけ。あ、ちょっと待って、アンタ、そんなに急ぐことないわよ。この通路になっている床の上に立って、こうやって外を見るとさ、お天気がいい日は、室内の暗さと外の明るさが微妙にコントラストをなしてて味があるわね。ほら、陰になった室内の構造が面白い形のフレームを作ってて、そのフレームの中に外のまぶしい庭の風景が切り出されて見えるでしょ?え?そんなもん、見えない、気のせいだろって? ったくもう、風流心のない人間ね、アンタも。

方丈の縁側に沿って南に広がっているのが、白い小石を敷き詰めた庭園。きれいね。蘇鉄(そてつ)や山茶花(さざんか)、皐月(さつき)なんかが植えられてるわよ。なんでも江戸時代の典型的な禅庭らしくて、敷き詰められた白い小石は何を表すかっていえば、「水」を表してるんだって。で、細かくていねいに線がつけられてるのは、水の流れを表すのね。で、東側の庭の岩とか茂み、木なんかは、悟りを開いた16人の阿羅漢(あらかん)が布教の旅に出ようとしている様子を表してるらしいわ。「あらかん」って言ってもね、アラフォーにちなんで、四捨五入したら60歳(還暦)なんで「あらかん」ってのとは違うわよ。還暦になっても阿羅漢になれるとは限らないしさ、阿羅漢だからといって60歳に近いとも限らないのよね。人生って年数じゃないわね。アンタ、悟り開きたい?

あっといけない。でさ、北側の庭はさ、枯山水で蓬莱(ほうらい)を表現したものなんだって。「蓬莱」って言えばさ、関西じゃあ「あるとき、ないとき」でずいぶん気分が違う肉まんで有名なとこよ〜。あ〜、なんだかお腹空いてきちゃった。あらやだ、でもね、ここで言う蓬莱っていうのは、仙人が住んでた中国伝説上の山らしいわよ。で、この蓬莱山から海に流れ込む滝の流れを岩によって表現しているってことよ。

"Hojo" refers to monk's living quarters and this one was rebuilt by the afore-mentioned lord Maeda in 1650. It can be accessed through Naka-mon (the Middle or Inner Gate), a cultural asset of Kyoto Prefecture, by descending the stone steps leading to the entrance of the Kuri (kitchen) building. In front of the building, a rare 400-year old pine tree called Shidare-Matsu (Drooping Pine) maginificently shows itself with the branches extending downward. The Kuri building was rebuilt together with Hojo and is also listed as an Important Cultural Property of Japan. Before removing your shoes to enter Kuri, just check the Kamado cooking hearth installed at the inner left side. At the front you will see the dining room with carefully polished wooden flooring centered around a fireplace.

Hojo is located at the extension of Kuri joined by a wooden floor. You can stand still on the floor for a moment. If it is a fine day and you are careful, you may see the darkness inside the building and brightness outside creating a harmonious contrast of light and shade. It is fascinating to peek a dazzling white garden out of uniquely-shaped frame of shades molded by the interior structures.

Spreading along the Engawa passageway of Hojo to the south is a white pebble garden decorated with cycad, sasanqua and dwarf azalea plants. It is a typical Zen (a Buddhist denomination) garden in the Edo period. The carpet of white pebbles represents as a whole a water body and the meticulously grooved lines indicate its flows. The east garden uses multiple rocks, bushes and trees to describe a picture of sixteen Arhats (a Buddhist who has attained enlightenment) on their missionary journey. On the north you can view a Horai (Mt. Penglai; the legendary mountain in which hermits used to live) garden rendered in the Kare-san-sui (mountain and dry water) style. Waterfall streams originated in the mountain flowing into a sea is depicted by elaborated combination of rocks.

一休さんって?

Meet the Monk Ikkyu
こういう静かで魂が洗われるような環境にいると、なんとなく、ありがたい気持ちになってさ、じゃ、このお寺の名前になっている一休さんってどんな人?みたいな興味が沸いてくるかもね。テレビのアニメでおなじみの「とんちの一休さん」のイメージだけじゃ、ちょっとどうかと思うしさ、わざわざここまで来た甲斐がないってもんよね。てなわけで、その生い立ちや人となりを探ってみると、まず、生まれは京都。しかも、後小松天皇の子孫だったらしいわよ。

禅宗の僧だったんだけど、それが普通のお坊さんとはかなり違って、へんてこな変わり者だったらしいわよ。坊主頭もやめて髭も伸ばし放題。酒は飲むし、肉は食べる、おまけに、女の人とも関係を持ったり ま、言ってみれば、「破戒僧」てとこね。でもさ、一説によれば、それは戒律といった伝統とか表面的なものに捉われるのではなく、民衆を仏教の本質に導こうとしたからなんだって。アンタ、どう思う?

それはさておき、一休さんってどんな顔?っていうのが知りたい場合には、像でも見ながらイメージするしかないわね。ってことで、この一休寺には三つの像があるのよ。まずいちばん重要なのは、文字通り、重要文化財に指定されてる像で、方丈の仏間に安置されてるもの。テレビのマンガみたいなのを想像してるとちょっと「ん?」って感じなんだけど、ま、どこにでもいる「おっさん」って顔ね。でさ、この像は木像なんだけど、これがまた変わった像でさ、一休さんが生前のころから作らせたものらしいけど、自分の髪の毛とか髭を抜いて、この像に埋め込むなんてことしてるのよ。ほんと、ヘンなお坊さんよね。それからあと二つは、本堂の近くにある年取った姿を現した像と若いときの像があってさ、若いバージョンのほうは、なんだかアニメの一休さんをイメージしてるみたいで、ちょっと顔も可愛いわよ。アンタ、どれが好き?

Absorbed in serenity with some of your mundane thoughts washed away, you may want to know about the monk whose name has become that of the temple. So, who is Ikkyu anyway? To many Japanese, he is a TV anime character in his teens and well known for witty-gritty spirit, portrayed based on the same monk. Born in Kyoto as an offspring of Emperor Gokomatsu, he was a Zen master, not an usual, but odd and eccentric one. Compared with all the other monks who shaved their head, he stopped shaving and let the hair and beard grow rampantly. He enjoyed taking alcohol and meat, even having physical relationships with women--all deemed as acts of a precept-breaker. But some theory says his eccentric deeds were meant to awaken people from binds of superficial formality and traditions and guide them to essences of Buddhist teachings.

There are three ways to meet him: three statues placed within the temple premises. The first and most important one (an important cultural property) is located at the Buddha room of Hojo. Carved out of wood, the statue gives you a hint that the monk was indeed strange. It holds Ikkyu's real hair and beard, actually harvested from his own head and face in his life and planted by himself on the statue. The other statues can be found on the ground near the main hall. One is old and the other is new, portraying the monk in an old and younger age respectively.