Last update April 13, 2015


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/ポポリンの観光英語―マイナー観光スポット-長岡天満宮 | 英語なんてタコ |

           

長岡天満宮 用語集
NAGAOKA TEMMANGU SHRINE




A Shrine Honoring Michizane, Patron of Academy
Leisurely Strolling Around the Site, the Tragic Talent of the Era Spent His Youth


長岡天満宮

Nagaoka Temmangu Shrine
「天満宮」と言えば「学問の神さま」。ところで、天満宮ってつく神社ってあちこちあるわよね。アンタ、全国でいくつあるか知ってる?なんと12,000社以上もあるんだって。すごいわよ、これ。全国の都道府県が47として、1つの都道府県に一体いくつあんのよって感じね。で、総本山はやっぱり福岡の太宰府天満宮。ま、企業で言ったら「本社」よね。

てなわけで、ここは京都府の長岡市にある天満宮。長岡天満宮が建てられたのは昌泰元年(901年)、応仁の乱(1467年〜1477年)のときに社殿が焼けて、現在のものはもち、再建されたもの。言い遅れたけどさ、天満宮ってば→菅原道真(すがわらみちざね)って人をお祀(まつ)りしてるとこなのよ。

でさ、この長岡天満宮って、菅原道真とどういうゆかりがあるのかってことだけどさ、なんでも、在原業平(ありわらのなりひら)とかといっしょに遊びに来たところなんだって。へえ〜、学問の神さまっていうから勉強ばっかりしてたのかと思ってたら、遊ぶこともあったんだ、やっぱり、「よく遊びよく学べ」よね〜。でもさ、こういう人になると「遊び」って言ったって、池で鯉を釣ったり、泳いだり、木に登ったりとか、そんなんじゃないわよ。詩歌管弦(しいかかんげん)よ。じゃ、詩歌管弦っていったいどういう遊びよ?ってことになるけど、カラオケとかじゃないわよ。「詩」はたいてい漢詩のことで、「歌」は和歌、「管弦」っていうのは楽器を演奏することね。なんか風流ねえー。思わず、アタシもちょっと「歌」でも詠んでみたくなったわよ。どれどれ…

池の鯉、色とりどりに泳ぎけり
たれそ見つるや 一尾(いちび)拝借(はいしゃく)


Located to the south of Kyoto, Nagaoka Temmangu is one of many Temmangu affiliates (more than 12000 throughout Japan). Temmangu is the shrine dedicated to Sugawara Michizane (845 - 903), an excellent poet and politician, sanctified as a Patron of Academy. The head shrine of the organization is Dazaifu Temmangu in Fukuoka prefecture, western Japan. Nagaoka Temmangu was built in 901, but the shrine building was once burned in the War of Onin (1467 - 1477).

The location where Nagaoka Shrine is built today used to be a place frequently visited by Michizane before he was exiled to Dazaifu, a place far away from Kyoto. Accompanied by Ariwara Narihira (his contemporary poet), Michizane spent his leisure time here, composing poems and enjoying ancient orchestra music.

Among aristocrats in those days, composing Kanshi (a Chinese-style poem using Chinese characters) and Waka (a Japanese verse containing five-seven-five-seven-seven syllable units) were popular leisure activities and often a telltale of their intellectual profundity as well as artistic sensibility. His unrivaled, marvelous talents for literary arts eventually gave him the posthumous title of guardian of academic activities.

Sacred Ox Statues
ところでさ、この天満宮では、正面の鳥居を入るとなんと、牛がいるのよ。「なんで牛なのよ!責任者出て来い」って感じよ。アンタ、牛好き?でもね、「牛」は菅原道真にとってはなんでも関係の深い動物らしいわよ。いろんな説があるんだけどさ、そのひとつに、道真が生まれたのが承和12年(845年)の丑(うし)年に生まれて、元服したその夜に白い牛が夢に出てきて、その牛が角をくじいて死んでしまうっていう悪い夢を見たらしいのね。それですごく気になったもんで、牛の絵を描いてお酒をお供えして拝んだんだって。

その他、狩に行ったときに可愛い牛が出てきて、その牛を連れて帰って可愛がったとか、大宰府に左遷されるときに、追っ手が来て危うく命を奪われそうになったときに白い牛が出てきて命を助けてくれたんだとかさ、ま、牛に縁が深い人ってことで牛の像があるらしいわよ。でね、よく見ると牛の身体には社紋である梅の紋があるのね。この梅紋は、それぞれの天満宮によって少しずつデザインが違うんだって。ここの牛には、もち、長岡天満宮の梅紋があるわよ。

At the entrance area after passing through the main Torii gate, there are statues of ox. Several accounts are available for the origin of ox statues placed at Temmangu shrines.

One of them says that Michizane was born in 845, the Year of Ox, and on the night of his Gempuku (coming-of-age ceremony), he dreamed of a white ox, who accidentally damaged one of his horns and died from the injury. Concerned about this dream so much that Michizane drew the ox and offered rice wine in front of it to console its spirit.

Also there are versions saying that he met a handsome ox on a hunting journey and took it home; or he was saved by a white ox from attackers on his way to the place of exile.

The ox statues have a plum blossom crest (Temmangu shrine crest) attached on the body.

八条ヶ池

Hachiijo Pond
長岡天満宮の東側に南北にのびる細長い池があるんだけど、もう、ここには丸々と太った美味しそうな鯉がいっぱい。でもって、亀とかもいるわよ。この池は八条ヶ池っていってさ、なんでも八条宮智仁親王(はちじょうのみやともひとしんのう)という人にちなんで名づけられたらしいわ。この親王は、江戸時代にここら辺一帯の土地を領土にしていて、寛永15年(1638年)に堀を掘って、それ以来、農業用のため池として利用されてきたんだって。

Spanning from the north to south at the east side of the shrine is "Hachijo pond," home to colorful carps and small tortoises. The pond was named after Prince Tomohito of Hachijo in the Edo Period (1603 - 1867), who was the landlord of the area surrounding the pond. The pond was created in 1638, and since then, it has been used as an agricultural reservoir until recently.

霧島ツツジ

Kirishima Azalea
で、この赤い花は「霧島(きりしま)ツツジ」。この霧島ツツジっていう名前は九州南部の霧島山にちなんでつけられたらしくって、このツツジもこの長岡天満宮の見どころのひとつなんだって。だいたい4月中旬から5月上旬にかけて咲き、長岡市の「市の花」にも指定されているみたいね。でさ、ここの霧島ツツジは野生に近くて、高さ2.5メートルから3メートルって言うからすごいじゃない。樹齢も100〜150歳なんだって。すごいわね、アタシも長生きしたいわ。それでさ、この池の中央が天満宮に入る道になってるんだけど、この両側にびっしりツツジが咲いていてそりゃもう見事なもんよ。花よりだんごっていうけど、やっぱ、花もいいもんよ。

でも、お腹空いたわね。アンタは?そうそう、屋台もいっぱい出てるわよ。それに、ツツジだけじゃなくて、桜もいいわね。これはさ、天満宮から見ると向こう岸の建物のところに植えられている八重桜よ〜。ツツジのシーズンに行くと八重桜も見られて、ほんと、一粒で二度おいしいわよ〜。

In early summer, beautiful azalea blossoms decorate the both sides of the main passageway over the pond, as if they would give a red-carpet welcome to the visitors. The species is called Kirishima (the name was taken from Mt. Kirishima in Southern Kyushu), and is designated as the flower of Nagaoka City. For its similar traits to wild species, Kirishima grows rather tall (2.5 to 3 meters high). The shrubs here are between 100 to 150 years old.

Cherry blossoms with multiple petal layers are another treat for flower-lovers. They can be viewed to the north of the shrine from the passageways on the pond in late April.

For those who agree to the Japanese saying that goes "Dumplings rather than flowers," there are shops in the yard vending typical Japanese festival snacks.