観光って言えば歴史。歴史って言えば用語。書院造りが何かわかんないようじゃ、いくら英語が出来ても観光ガイドはできないわよ。「それ何?」って聞かれて、 I don't know じゃアンタ、しゃれにもなんないわよ。ガイドする前に、ここで、しっかり勉強しとくのよ。ここに載ってないものはどうするかって?それくらい、自分で調べなさいよ。




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/ポポリンの観光英語―用語解説 | 英語なんてタコ |


           
観光用語解説   用語集はこっちよ。



鴬張り  (うぐいすばり)

 「うぐいす張り」っていうのは、いまさら説明するまでもないと思うけど、廊下を歩くとキュキュっていう音がすんのね。古い木造の建物の廊下で、シロアリとかが食ってたりしてキーキー音がするっていうの、あれとは違うのよ。

 で、仕組みなんだけど、上の絵見てくれる?ちなみに、床の上にあるのってアタシの美脚よ。あ、仕組みだったわね。これはさあ、もともと、床板の下に少し隙間を作っておいて、「かすがい」で留めてるのね。重力をかけると床板が上下して、摩擦音が出るっていうわけなの。右は床の下からのぞいたところよ。

 でもさあ、思わない?なんで「うぐいす」の名前がつくのかしらね?別にカラスでもいいと思わない?歩くたびに「カー、カー」鳴る「カラス張り」なんてどうよ?

Nightingale Floors

 The corridors from the Ninomaru Palace entrance to the Grand Chambers use specially-devised floor construction. When someone walks upon the floor, it produces squeaking noise, which is compared to bird's chirping.

 The mechanism is very unique. When the floor is stamped, the clamps underneath it move up and down caused by gravity, creating friction between the nails and clamps holding them. This friction causes the floor to squeak.

 The floors functioned as a security device, warning the residents that someone was coming in with the squeaking sound.

書院造り (しょいんづくり)

Shoin (the Buddhist Abbot's Study Style)

 平安時代の貴族の家の様式が「寝殿造り」。そして、それまでブイブイいわせてた藤原氏の勢力が衰えて、武士が政権を握るようになると、寝殿造りを真似して、簡略化したのが「書院造り」なのね。

 「書院」がどういう意味かって言えば、「書斎」ってところじゃない?もともとは、お坊さんが朝に夕に仏さまを拝んだり、経典を読んだり、お線香をあげたり、日常生活していた部屋のことを「書院」って言ったらしいわ。つまり、それが書院造りの語源。それがだんだん、庶民の間にも浸透して、一般的なものになって、現在でも日本の家の座敷なんかにそのまま受けつがれているのよ。

 ところで、書院造りの座敷飾りと言えば、床の間、棚、付け書院、帳台構。よく田舎の家なんかに行くと、床の間に「布袋さん」とか「鶴亀」とかの掛け軸が掛かっていたりするんだけど、もともとは、お坊さんが、仏像画なんかが掛けて、その前に花や香炉、燭台とかを置いて、棚には書物や巻物を置いてたらしいのね。付け書院(カンタンに「書院」ともいうのよ)っていうところが、いわゆる机みたいになってて、光が入るように、必ず窓があんのね、そこで、書物などを読んで暮らしてたってわけ。

 それが、だんだん形式的になってきて、ただの飾りになっちゃったのよ。つまりね、本来の用途とか、いわゆる中身が無くなって来ると、自然と飾り立てるほうに走ってしまうもんなのよね。人間も同じよね〜。

 それでさ、一言で「書院造り」って言ってもね、「真」「行」「草」(しん・ぎょう・そう)ってあんのよ。「真」は正式な様式で、武士の威厳見てくれ!って感じの格式高いスタイル、「草」はかなり自由な様式で、侘び寂び、風流な茶室スタイル、「行」っていうのがその中間ね。まあ、服装で言ったら、礼服、カジュアルスーツ、Tシャツ・ジーンズみたいなもんね。この「草」が発展していくと「数寄屋造り」になるらしわ。

 The Shoin style is developed as a simplified version of the Shinden style (aristocratic residence style) in the Heian Period (794 - 1192). As the aristocrat Fujiwara clan, the defacto ruler of the era, was losing their influence, and warrior lords began to replace them, the Shoin style gained popularity to gradually become a standard architectural style.

"Shoin," literally meaning "a study or writing room," where monks had a calm and humble life worshipping buddhas, offering incense, chanting and reading Buddhist scriptures.

 The key features of the style include a Toko-no-ma or decorative alcove, a Chigai-dana or two-step shelf, a Tsuke-shoin or attached writing table, and a Chodai-gamae or decorative doors. Defined as "decorative" elements in architectural terminology today, these units used to serve in a specific way. Monks would hang a buddha image on the alcove wall and place offerings such as flowers, incense and light on its raised floor; keep scriptures on the shelf; do reading and writing on the attached table. Chodai-gamae once was the doors to a sleeping chamber.

 Shoin style has three variations: Shin (Formal), Gyo (Casual), and So (Free). The Shin is classy, highly sophisticated design to show the prestige and authority of feudal lords. The So was developed in accordance with growing popularity of tea ceremonies. In quest of elegant simplicity, various tea masters ventured on unique and original designs, and Sukiya (Humble Cottage) style was created out of these So designs. The Gyo falls between these two variations.

床の間  (とこのま)

 「床の間」が日本建築の中で成立するのは、室町時代後期のこと。以前は「床の間」じゃなくて「床」って呼ばれてたのよ。「床」って言うのは、他の部分より一段高くなっている場所を指していたらしいのね。

 豊臣秀吉なんかはよく、自分から「床の間」に座ってたらしいわよ。つまり、武士の威厳を誇示するためのものだったようね。江戸時代とかになると、大げさな床の間がどんどん作られたらしいわ。でもね、床の間ってのは、武士だけのためのもので、町民や農民の家には当然、床の間なんてなかったわけ。ずっと後になってから、豪農・豪商の家には造られるようになったらしいけど、なぜかというと、そういう名門の農家や商家には、武士が来るのよ。そのときのために、わざわざ、普段自分たちは足を踏み入れることもない床の間の部屋を造ったんだって。

Toko-no-ma (Decorative Alcove)

 In early times, it was simply called "Toko," "bed or a higher place" in Japanese. Toko-no-ma became an established architectural component in the Muromachi Period (1336 - 1573).

 Originally, a Toko-no-ma was devised as a seat for a person of higher class. A record says that Toyotomi Hideyoshi was such an arrogant person who didn't hesitate to move for this special seat even in presence of other important people. Only meant for warrior lords, the Toko-no-ma was not built in common people's houses. In later time, prominent merchant and farmer houses began to have one for a local feudal lord who would visit them. Hosts themselves never took the seat at Toko-no-ma, which was restricted to feudal lords.

帳台構え (ちょうだいがまえ)

 書院造りの座敷飾りのひとつが帳台構え。もともとは、棚の脇に設置されてる小さな部屋に通じる入り口のこと。その小さな部屋っていうのは「寝室」とか「納戸」のことで、寝室のことを昔は「帳台」って呼んだらしいわ。昔は、帳台構えの向こうに、ほんとに寝室があったらしいんだけど、もう、江戸時代くらいになると形式だけで、戸はついてても部屋はなかったりすんのよ。つまり、形式化されたってわけ。形式化すると、中身が無くなるから、だんだん派手に豪華になっていくのよね。

 そうそう、帳台構えは、別名「武者隠し」とも言ってさ、そこに武装したお侍がいざというときのために潜んでいたらしいわよ。でも、実際のところはさだかじゃないらしいわ。

Chodai-gamae (Decorative Doors)

 Chodai was the word for "a bed" for high-class people, and Chodai-gamae functioned as the doors to a bedroom (or sometimes a closet room). However, until the Edo Period (1603 - 1867), the function had already died out, and it only served as an interior ornament. In other words, there were only doors, often elaborately decorated, but there was no room behind them.

 A theory says that armed guards were on standby hiding behind these doors for a case of emergency, for example, when the lord's life was in danger, but the authenticity of this story has not been proved.

欄間 (らんま)

 お年寄りのなかには、床の間や欄間のない家は家じゃないなんて言う人もいるんだけど、やっぱりさあ、そりゃ、日本人の家らしいわよね、あったほうが。「仏壇がないとやだ」とか言う人もいるみたいよ。アンタ、どう思う?今は要らないとか思っててもね、年取ってくると、「欲しい!」とか思うもんらしいわよ。だってさ、アンタ、いずれ、自分が入るとこなのよ〜。

 実際の模様は、図のようなんじゃなくて、もっと派手。めでたい富士山とか鶴亀とかね。で、欄間の起源というのは、平安時代。当時は、灯り取りが目的だったらしくて、模様も単純な縦横の格子だとかが使われてたんだって。それが、鎌倉時代になると、透かし彫りとか彫刻とかね、装飾が施されるようになったのね。桃山時代になるとますます豪華絢爛になってきちゃって、江戸時代初期にはピークだったらしいわ。

Ranma (Decorative Transom)

 Ranma, or a decorative transom dates back to the Heian Period (794 - 1192). With the purpose of letting light in, its decorative aspect was not important in those days, therefore, simple patterns such as a lattice were mostly used.

 Since the Kamakura Period (1192 - 1333), more focus was given to the ornamental aspect and in the Momoyama Period (1573 - 1600), even more laborious decorations were incoporated into the Ranma. In the Edo Period (1603 - 1867), the level of decoration reached the peak: lavishing techniques of sculpture and openwork, heavily-decorated, gorgeous items were produced. Thus, the Ranma gradually began to lose its original function.

釘隠し (くぎかくし)

 やっぱり、釘だとか、ネジだとかは、あまり目立って欲しくないのよね。部屋全体がひとつの作品として、芸術的な世界を作り出してるなかに、チョボーンと「釘の頭」が見えてるってのも、ちょっとしらける感じね。てなことで、釘の頭を隠すわけよ。

Kugi-kakushi (Decorative Nail Head Cover)

 Kugi-kakushi, or a nail cover was used to hide a nail head on a pillar. The elegant design of nail covers enhance the entire room interior.

車寄せ (くるまよせ)

 駐車場じゃないわよ。で、車と言っても、もち、今のような自動車じゃなくて、もっぱら牛とかが引いていた牛車ね。庇(ひさし)なんかが付いてて、ごく限られた身分の高い人たちだけが、ここに牛車を乗り付けて降りられるようになってた「出入り口」なんだって。

Kuruma-yose (Carriage Access Entrance)

 Kuruma-Yose is a roofed entrance area where a noble person can park their carriage to dismount/mount and enter/exit the building.