現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/ポポリンの観光英語―東大寺 | 英語なんてタコ |

             

車寄〜遠侍

Carriage Access Entrance / Visitors' Room




@柳の間・若松の間

「車寄せ」を入ったところに「柳の間」、「若松の間」っていう部屋があんのよ。なんでこんな名前がついてるっかていうと、襖に描かれた絵からそう呼ぶらしいわよ。ここに目付役が控え、来訪者の受付したらしいわ。スマイルで「いらっしゃいませ」なんて当然ない話よ。ここは、アンタ、お城の御殿よ〜。

(1) Willow Room/Young Pine Room

The rooms, named after the paintings on the sliding Fusuma doors, are located just after entering the Kuruma-yose (or carriage access entrance). They were used by Metsuke (inspectors), who used to verify the identities of visitors.

 →車寄せ   用語解説あるわよ。


A遠侍の間

ここは、お城へ参上した大名の控え室みたいなもんね。「一の間」から「三の間」まであって、別名「虎の間」っていうんだけど、もちろん、ここで虎を飼ってたわけじゃなくて、虎の絵が描かれているわけ。なんでも、江戸時代の日本には「虎」がいなかったらしいの。それで、狩野派の絵描きさんが毛皮を見て想像して描いたらしいわよ。(そう言えばさ、あまり大きな声じゃ言えないけど、ここの虎ってちょっと不自然…)

(2) Tiger's Rooms or Visitors' Waiting Rooms

These Tiger's Rooms No.1 to No.3 decorated with tiger paintings were used as waiting rooms for visiting lords. As there were no tigers in Japan in those days, artists had to use their imagination inspired from the animal's hides brought from overseas.


B勅使の間

将軍が朝廷からの使者を迎えたのがこの部屋ね。なんでも、上段に勅使が座り、将軍は下段に座っていたらしいわ。床、棚、帳台構えをそなえた部屋づくりで、襖絵は狩野眞設。

(3) Imperial Messenger's Room

Imperial messengers were received here. The messenger used to sit at the upper floor, while the shogun took the lower seat. The paintings were worked by a Kano School painter.

 →帳台構え   用語解説あるわよ。