単なる「点」や「マル」のたぐいだと思っていたら、結構深い句読点。コンマのあるなしでニュアンスも違う。そう、句読点にもちゃんとメッセージがあるのです。わかっているようでわからない英語の句読点を解明。

Last update January 9, 2015


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/英語の句読点 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
           

Last update January 9, 2015


Colon :
コロン

コロンの役割

英語の文章を本格的に書くといったことでもない限り、あまり使用しない句読点のひとつにコロンがあります。かと言って、どうせ使わないし、たかが点々などとテキトーに済ませておいてよいものでもありません。実は、文章の微妙なところを表現しているのがこのコロンだとも言えます。

なぜコロンが必要なのか?コンマではダメなのか?ピリオドのほうがスッキリするじゃないか?といろんな疑問も出てきますが、他の句読点と同様、書く側から言えば、コロンにもれっきとした「メッセージ」が含まれているわけです。つまり、ピリオドではあまりにも「ピシッ」と流れを切ってしまうし、コンマではちょっとしまりがない。人間というものは優柔不断なもの(?)で、文章切りたいな、でも切ってしまえない、切れそうで切れない、どうしようかな… というところにピッタリなのがコロンです。切れているようで完全には切れていない(なんか腐れ縁みたいですが)、そんな「信号」を持っているのがコロンなのです。

しかも、コロンの役割はそれだけではありません。それは「紹介する」という役割があり、コロンの後に詳しい説明や関連事項などが続くという「信号」の役割をしているのです。つまり、より詳しい情報や関連情報への「橋渡し」をするということです。仮にコロンの代わりにピリオドを使うと、関連性が希薄になってきますね。また、コンマを使うと、後の情報が前の文章と混ざってしまって、どの部分が「紹介」にあたるのか、わかりにくいことになってくるわけです。

コロンのルール

以下、コロンを使うルールについて見てみましょう。


では、詳しく見ていくことにしましょう。




1.  説明や補完情報への導入をする。   戻る


直前の文章の内容を詳しく説明したり、補ったりという役割があります。補足説明なども含めて、すべてをひとつの文章で語ってしまおうとすれば、文章が長くなりすぎて複雑になるため、何らかの方法での区切りが必要。しかし、ピリオドで区切ってしまうと、後の文章との密接度が低くなる、といった場合に「コロン」を使います。

 The business is pretty bad: There is only tiny offers in the market, and the budget is tiny, too.
 I suffer from distractions at office: Colleagues are talking gibberish, and the radio is airing silly talks.


2.  関連する項目などを列挙する。   戻る


休み明けの憂鬱とは、「眠い」、「だるい」、「やる気がおこらない」の三重苦である、というふうに項目や要素などをリストアップする場合に使われます。 that is などを代入してみると、意味が通じるような場合です。

 He experiences the Monday morning gloom: sleepiness, fatigue, and laziness.
 There were four things on my desk: a PC, a telephone, a calendar, and an ashtray.




3.  引用文が続く場合、引用文の前の文章に。   戻る


「社長は冒頭に次のように述べている」といった文章の後に、「業績の悪いことを社員のせいにしてはいけない。それはすべて経営者である社長の責任だ」といったその人なりが言った言葉を引用する場合に使います。コロンの後に " "で囲まれた文章が来ます。

 She often uses her favorite quotation from a Shakespeare's work: “Parting is such sweet sorrow.”
 The director of the company says: “We are doing very well in the business.”


4.  手紙の冒頭、時間、比率、シナリオなど。   戻る


いわゆる「親愛なるミスター・ブラウン」という冒頭の挨拶で、相手の名前の後につけます。ビジネスレターの場合はコロンを使い、インフォーマルな場合はコンマを使うという考え方もあります。また、髪の毛の分け方が7:3というように「比率」を表したり、現在の時間は14:00と「時間」を表現したり、あるいは、「ニワトリ: このパン誰が焼きますか?/ブタ: いやだブー/ネコ: ニヤーン/イヌ: いやだわん」など劇のシナリオなどを表現するときに使われます。

 Dear Senator John:
 CHIKEN: So, listen up people. Who is going to bake bread?
PIG (oinking): Not me!
CAT (mewing): Don't know...
DOG (barking): Bowwow! Wow...!


5.  その他使用上のルール。   戻る


その他、コロンを文章といっしょに使うときの全体的な決まりがあります。

1) コロンの後は1スペース空ける。
2) コロンの前の文章は独立節(主語と述語が揃っているもの、それ以外に入れるのは間違い)
3) 前置詞と目的語の間には使わない、動詞と目的語・目的補語の間には使わない
  つまり、完結した文章の後にしか使わないということです。
4) コロンの後に続く文章は大文字、小文字のどちらとも言えない。
  「決まり」として明確なルールはありませんが、長い文章や重要性のある文章が続く場合は大文字を使うのが普通です。




 サイト内コンテンツ 

Oyajiのライティングコーナー Oyajiのライティングコーナー
英文ライティングに必要なヒントなどをまとめたコーナー。
ライティングに必要なポイントを押さえる! However vs But―その違いとは?
くだけた言い方と正式な言い方の違い Informal vs Formal―その違いとは?

ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!




映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。
英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。