インターナショナルなコミュニケーションに欠かせないのがジョーク。特にみんなで食事をする場合など、もうジョークなくしては始まりません。ディナーの場で仕事のグチや上司の悪口を言ったりするのはいけません。楽しいジョークで会話をリードするのも国際人として不可欠な要素です。



Last update May 26, 2014





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語のジョーク | 英語なんてタコ |

               
JOKE FILE 14 

Equation of Earnings

The Equation

Engineers and scientists will never make as much money as business executives. Now a rigorous mathematical proof has been developed that explains why this is true:

Postulate 1: Knowledge is Power.

Postulate 2: Time is Money.

As every engineer knows,

Work = Power * Time

Since Knowledge = Power, and Time = Money, we have:

Work = Knowledge * Money

Solving for Money, we get:

Work
Money = ----------
Knowledge

Thus, as Knowledge decreases, Money increases, regardless of how much Work is done.

Conclusion: The Less you Know, the More you Make.


(SOURCE:http://www.ahajokes.com/)

  Notes  
 equation  方程式
 postulate  公準、自明の原理




 笑えない場合

なるほど、やはりこういうことだったんですね?出世して上に行けば行くほど、思考が単純になっていく。あれこれ知恵をめぐらせたりしているヒマはありません。儲かるならイエス、儲からないならノーと、この2つだけしかありません。実に単純明快です。会社社長ともなると、いろんな要素を考慮したり、さまざまなアングルから検討したりということも必要なんでしょうが、そういうことはすべて、給料の安い部下がやっているというわけです。

日本語(意)訳

金儲けの方程式

エンジニアや科学者、優れた頭脳や技術を持ちながらどうして金儲けが下手なのか?それにひきかえ、エグゼクティブと呼ばれる人たちはどうか。この不思議を数学的アプローチで解明してみよう。

条件1: 「知識」は「力」なり

条件2: 「時間」は「金」なり

「仕事」を求める式を以下のようになる。

「仕事」 = 「力」× 「時間」

「知識」 = 「力」 かつ 「時間」 = 「金」であるから、

「仕事」 = 「知識」 × 「金」

ここから、「金」を求める式は、

「仕事」
「金」 = ----------
「知識」

となり、仕事量の如何にかかわらず、「知識」が減少すると「金」が増加する。

すなわち、「無知であればあるほど、金儲けができる」ということである。