インターナショナルなコミュニケーションに欠かせないのがジョーク。特にみんなで食事をする場合など、もうジョークなくしては始まりません。ディナーの場で仕事のグチや上司の悪口を言ったりするのはいけません。楽しいジョークで会話をリードするのも国際人として不可欠な要素です。



Last update May 30, 2014





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語のジョーク | 英語なんてタコ |

               
JOKE FILE 4 

ME, TOO!

This is what happened when the president of USA was Bill Clinton.
A prime minister of some nation was going to have a meeting with the president. The prime minister didn't speak English, but he thought he should at least say some easy greeting words in English and asked someone to give him a lesson.

The teacher showed him an easy typical greeting example:

Prime Minister:  Hello.
Mr. Clinton:  Hello.
Prime Minister:  How are you?
Mr. Clinton:  Fine, thank you. And you?
Prime Minister:  Me, too!

To make things easy, the minister remembered only his lines. "First, I say 'hello, and the president answers. Then I ask 'how are you?', then he would say something, then I would say 'Me, too'... well, this is easy." He was happy he was ready for the greeting.

Now the day of the meeting comes. As he had rehearsed, he began his greeting:

Prime Minister:  Hello.
Mr. Clinton:  Hello.

But the minister was a little nervous to see a big name in the world and said:

Prime Minister:  Who are you?

Mr. Clinton seemed surprised, but being a president of a big nation, he stayed calm and answered in humorous way,

Mr. Clinton:  I'm Hilary's husband.
Prime Minister:  Me, too!


  Notes  
 lines  せりふ / rehearse  練習する /  a big name  大物  




 笑えない場合

どこの首相かは知りませんが、ほんとうにあった話らしいです。たぶんこれは元首相の森さんではないか、というウワサも飛び交っていたようですが、日本の首相ではないようです。よほど英語が苦手な人らしいのですが、挨拶くらいはきちんと覚えておきたいものですね。

日本語訳

私もです!

クリントン大統領時代の話である。
とある国の首相が大統領と会談をすることになった。この首相は英語が話せないのだが、せめて簡単な挨拶くらいは英語で言ってみようと練習をつけてもらうことにした。

レッスンでは、次のような典型的な挨拶の例文を教えてもらった。

首相:ハロー
大統領:ハロー
首相:ハウ・アー・ユー?
大統領:ファイン、サンキュー。アンド・ユー?
大統領:ミー・ツー!(私もです)

全部覚えるのも大変なので、首相は、自分のセリフだけを覚えることにした。まず、自分が「ハロー」と言うと、大統領も「ハロー」と答える。そして自分が「ハウ・アー・ユー?」と言うと、相手は何か答えるので、その後に自分は「ミー・ツー」と言えばいい。カンタン、カンタンというわけだ。

そして、いよいよその日がやってきた。練習通りに首相は挨拶の会話を始めた。

首相:ハロー
大統領:ハロー

と、ここまではよかったが、何しろ相手は世界有数のセレブである。ちょっと緊張してしまった首相は、次のように言ってしまった。

首相:フー・アー・ユー?

クリントン大統領も少し戸惑ったようだが、そこはさすがに大国の大統領である。落ち着いて、ユーモアを交えて次のように答えた。

大統領:ヒラリーの夫です
首相:ミー・ツー!