インターナショナルなコミュニケーションに欠かせないのがジョーク。特にみんなで食事をする場合など、もうジョークなくしては始まりません。ディナーの場で仕事のグチや上司の悪口を言ったりするのはいけません。楽しいジョークで会話をリードするのも国際人として不可欠な要素です。



Last update May 27, 2014





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語のジョーク | 英語なんてタコ |

               
JOKE FILE 6 

A little boy...

A little boy who said his prayers every night would say, "God bless Mommy, God bless Daddy, God bless the cat, and God bless the dog."

Well, one day the little boy was playing with the dog, and the dog bit him. That night when he said his prayers, he said, "God bless Mommy, God bless Daddy, God bless the cat, and I don't care what happens to the dog." The next morning when they woke up, they found the dog -- dead.

A few days later, the little boy was playing with the cat, and the cat scratched him. That night when he said his prayers, he said, "God bless Mommy, God bless Daddy, and I don't care what happens to the cat." The next morning when they woke up, they found the cat -- dead.

A few days later, the little boy got in trouble with his Daddy. That night when he said his prayers, he said, "God bless Mommy, and I don't care what happens to Daddy."

Well, Daddy had heard the little boy's prayers every night and remembered what had happened to the dog and the cat. So, that night, Daddy stayed up until the wee hours of the morning, determined that he would fend off anything that tried to kill him. Finally, he gave up and went to bed. He awoke the next morning, feeling grateful that nothing happened to him and went to retrieve the morning paper. When he opened the front door; however, he found the newspaper delivery man -- dead.


(SOURCE:http://www.cameronlaw.com/jokes/)
  Notes  
 say prayers  お祈りをする prayers と複数になります。/ fend off  かわす、そらす /  wee hours  夜中の2時か3時ごろ  




 笑えない場合

現実にあったら怖い話で、そういう意味では笑えませんが、ジョークとしてはよくあるパターンです。

日本語訳

敬虔な少年

毎晩お祈りを欠かさない少年がいた。今日も真剣に祈りを捧げる。「ママ、パパ、そして(ネコの)タマ、(犬の)ポチにも神さまの恵みがありますように」

そんなある日、少年はポチといっしょに遊んでいたが、こともあろうに、ポチが少年に噛みついてしまった。その夜、少年は次のように祈りを捧げた。「ママ、パパ、そしてタマに神さまの恵みがありますように。ポチのことはどうなってもかまいません。」そして翌日、家族が目を覚ますと、なんとポチが死んでいたのだ。

何日かして、今度は少年はタマといっしょに遊んでいたが、こともあろうに、タマが少年を引っ掻いてしまった。その夜、少年は次のように祈りを捧げた。「ママとパパに神さまの恵みがありますように。タマのことはどうなってもかまいません。」そして翌日、家族が目を覚ますと、なんとタマが死んでいたのだ。

数日後、少年は今度は父親ともめてしまった。その夜、少年は「ママに神さまの恵みを。パパのことはどうなってもかまいません」と祈った。

さて、その父親であるが、毎晩息子が祈りを捧げるのを聞いていた。その結果、犬やネコがどうなったかもわかっている。その夜、父親は明け方近くまで寝ずに起きていた。自分が死ぬようなことが起こった場合、なんとか逃げようと思っていたのだ。しかし、最後には、我慢しきれずに眠ってしまった。そして目が覚めて安心した。とりあえず自分には何も起こっていないようだ。そして、おもむろに新聞を取りに行こうとして玄関のドアを開けた。と、そのとたん、なんと、そこには新聞配達の男が死んでいたのである。