インターナショナルなコミュニケーションに欠かせないのがジョーク。特にみんなで食事をする場合など、もうジョークなくしては始まりません。ディナーの場で仕事のグチや上司の悪口を言ったりするのはいけません。楽しいジョークで会話をリードするのも国際人として不可欠な要素です。



Last update May 27, 2014





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語のジョーク | 英語なんてタコ |

               
JOKE FILE 8 

A Salesperson

When a young salesman met his untimely end, he was informed that he had a choice about where he would spend his eternity: Heaven or Hell. He was allowed to visit both places, and then make his decision afterwards.

"I'll see Heaven first," said the salesman, and an angel led through the gates on a private tour. Inside it was very peaceful and serene, and all the people there were playing harps and eating grapes. It looked very nice, but the salesman was not about to make a decision that could very well condemn him to a life of musical produce.

"Can I see Hell now?" he asked. The angel pointed him to the elevator, and he went down to the Basement where he was greeted by one of Satan's loyal followers. For the next half hour, the salesman was led through a tour of what appeared to be the best night clubs he'd ever seen. People were partying loudly, and having a, if you'll pardon the expression, Hell of a time.

When the tour ended, he was sent back up where the angel asked him if he had reached a final decision.
"Yes, I have," he replied. "As great as Heaven looks and all, I have to admit that Hell was more of my kind of place. I've decided to spend my eternity down there."

The salesman was sent to hell, where he was immediately thrown into a cave and was chained to a wall, and he was subjected to various tortures. "When I came down here for the tour," he yelled with anger and pain, "I was shown a whole bunch of bars and parties and other great stuff! What happened?!"

The devil replied, "Oh, that! That was just the Sales Demo."


(SOURCE:http://www.geocities.com/CapeCanaveral/4661/projoke35.htm)
  Notes  
 meet one's untimely end  不慮の死、早い死 / eternity  永遠 /  serene  平和な、穏やかな /  that could very well condemn him to a life of musical produce  ヘタすれば、音楽三昧の日々を送る羽目になる /  if you'll pardon the expression,  失礼して言わせていただければ、 /  was chained to   縛りつけられる /  a whole bunch of  そこら辺一帯、束になって /  other great stuff  他にもいろいろ良いこと /  the Sales Demo  実演デモ




 笑えない場合

すっかり定着した「セールスマン、ウソツキ」の定義と概念。もちろん、まじめにお客さんに商品を提供しているセールスマンの方もいらっしゃるかと思います。でも販売のための「実演デモ」というのは、良いところしか見せていないというのは事実でしょう。これをビジネスのテクニックと取るのか、ウソと取るのか 前者の場合に「販売のノウハウ」が生まれ、後者の場合には「ジョーク」が生まれるわけです。

日本語訳

あるセールスマン

ある若いセールスマンが不慮の死を遂げた。彼はこれから死後の世界を過ごすにあたって、天国か地獄の二つの選択肢を与えられた。どちらがいいか決める前に天国と地獄をそれぞれ見学してから、決めてもいいということになった。

「わかりました。じゃ、天国から見せてもらっていいですか?」
ということで、天使に案内されて、天国をのぞかせてもらった。そこはとても落ちついた静かなところで、人々はハープを奏でたり、ぶどうを食べたりして過ごしている。なかなか良さそうだな、と思ったが、日がな音楽に浸った生活もどうかなと考え、まだ結論は出さないことにした。

「地獄のほうも見せてもらっていいですか?」
天使が指差したエレベータにのって、地下まで降りて行くと、そこには忠実な悪魔の手先がいて、彼を案内してくれた。見ると、見たことも無いようなナイトクラブがあって、人々は愉快にドンチャン騒ぎをしている。

こうして、天国と地獄の両方を見せてもらったセールスマンは再び天使のところに引き戻されて、どちらに行きたいかを聞かれた。

セールスマンは答えた。「いちおう決まりました。いや、天国もなかなか良いんですけどね、やっぱり私のような人間には合いません。ということで、地獄で暮らすことに決めました。」

というわけで、セールスマンは地獄に送られたわけであるが、着いたとたんに洞穴に連れて行かれ、壁に鎖につながれたかと思うと、いろんな種類の拷問が始まった。彼は怒りと苦痛に耐え兼ねて叫んだ。「どうなってるんだ!?どういうことだ!さっき案内されたときはパブなんかがあって、楽しそうだったし、こんなのと全然違ってたじゃないか!」

それを聞きつけた悪魔が言った。「ああ、あれ?あれはただのセールス・デモですやん。」