英語でニュースを読む


Last update December 27, 2014






現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/英語でニュースを読む | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
               

Last update December 27, 2014


戦略 2. 「見出し」-->「サマリー」から始める


「時間がないから、いつか時間のあるときにじっくり」などと言っていてはいつになっても英語でニュースは読めません。もっとも、最近では日本語の新聞も不要だとか、いややっぱり必要だよといった議論がなされていますが、日本語の新聞でもそうですね。時間のないときは「見出し」だけでも読め――と言われます。英語のニュースでも同じです。特に語彙力が少ない場合はわからない単語もたくさんあるので、そこで拒否反応を起こしてしまうことになりかねません。ですから、最初から無理をしないことも大切です。

ここでは、以下の2ステップを踏みます。

Step 1. 「見出し」だけを読む
Step 2. 「見出し」+「サマリー」を読む

読まなければ何も始まらない。語彙力も身に付かないわけですから、とにかく、毎日ニュースサイトに行って、まずは記事の「見出し」だけを読むことから始めましょう。ちなみに、下の画像は Google のニュースサイトのトップ画面ですが、ブルーの文字の部分が見出しです。



「なんだ見出しだけ?」などと物足りなさを感じるかもしれませんが、あくまでも「スタート」です。「スタート」は軽くしておかなければ続きません。また、「たかが見出し」などと「見出し」をバカにしてはいけません。一般のライティングでもそうですが、「見出し」は内容への「玄関口」であるため非常に大事なのです。ニュースの場合、何が書かれてあるかをダイレクトに、簡潔に伝えなければなりません(これは日本語のニュースでも同じですね)。また、短く表現されているだけに意味を取りにくい表現もあり、かえって難しい場合もあるのです。その特徴をまとめてみると以下のようになります。

 見出しは短い(当たり前ですね。日本語のニュースもそうです。)
 略語が使われている場合が多い(上記同様短くするためです。)
 句読点や不定冠詞などが省略される傾向がある(上記同様短くするためです。)
 時制には「現在形」が使われている(過去形もたまにあります。)
 つい読んでみたくなる言い回し(読まれてなんぼ!の世界ですので。)
 各サイトごとに工夫を凝らした表現(比較すると面白い。)

ここで、最後の特徴である、各サイトごとに異なる表現について、例を挙げてみましょう。ここでは、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の長男である「ジョージ王子」のクリスマス写真公開記事の見出しを取り上げてみます。

サイト名 見出し
Huffington Post

Prince George's Christmas Photos Are Full Of Holiday Cheer

Chicago Tribune

Royals release Christmas photos of Prince George

The Guardian

Prince George captured in three official Christmas photos

Washington Post

The royal family: New photos of Prince George

USA Today

Will, Kate share new Prince George portraits

The Telegraph

Prince George given classic look in his official Christmas 2014 photographs

Herald Sun

Prince George looks adorable in new Christmas photos

CNN

Prince George charms in royal Christmas photos


内容的には、「ジョージ王子のクリスマスシーズンの写真が発表された」というだけのことですが、その表現には、単にその事実を表現したものから、「王室」ならではの気品をほのめかしたり、愛らしさを強調したりと、各ニュースメディアごとに微妙な違いを出しているのがわかると思います。



次に、「見出し」に慣れてきたところで、次は「サマリー」の部分を読んでみましょう。「サマリー」は見出しの下に書かれている数行からなる記事の要約文のことで、下の Google サイトの切り抜きでは、ブルーの文字の下にある黒い文字の部分です。

ただし、ここで注意したいのは、ニュースサイトによっては、「サマリー」の文章が完結していない場合があるということです。つまり、Google や Yahoo! などの検索エンジン系では、機械的にあちこちのニュースメディアから記事を引っ張ってきているため、途中で文章が切れてしまうのは避けられません。検索エンジンは独自で「記事を書く」のではなく、「情報をいかに集めるか」が勝負ですから、これはこれで使い方があるのですが、「サマリー」を読むには適していません。ここでは、放送局や新聞雑誌系のサイトを使いましょう。各サイトとも「書く」ことや「表現」することが商売ですから、文章表現の勉強にもなります。

こうして、「見出し」や「サマリー」を読んでいると、当然のことながら知らない単語や熟語も出てくることでしょう。しかし、文章的には短いものですからその数は少ないはずです。ここはひとつ、面倒くさがらずにしっかり辞書を引きましょう。お勉強の好きな方は、単語・表現ノートを作って意味をメモしておくといいでしょう。ニュースの英語は文学作品ではありませんので、同じ単語がよく登場します。一度調べて書き留めておけば、意味を忘れた場合も安心ですね。さらに、ノートの単語数が増えていくと、「自分も勉強してるな」とか「これだけも単語をマスターしたぞ」といった、学習継続には欠かせない良い「自己満足」を得ることができます。そして、単語や表現を書きとめた手帳サイズのノートなどが一冊終わったりすると、これもまた、なかなかの充実感があるものです。

最後に、大事なポイントをもうひとつ。知らない単語や熟語を調べても、その表現の意味がわからないことがあります。その場合はまず、何度も読み返し、想像力をフル回転させて理解しようと努力してみます。その結果、理解できたときは読解力がつきます。しかし、それでも理解できないという場合は、深追いするのはやめてそのまま放置しておきます。なんだかいい加減に聞こえますが、理解できない理由には「まだ英語のスキルが足りない」や文化的な背景などもあり、現時点ではどうしようもない理由もあるからです。スキルが足りない場合は上達した時点でわかるようになりますし、文化的な場合も、それに関連した情報や洞察力がついてくればわかるようになる場合もあり、それでもわからない場合もあるからです。とにかく、わかるところから始め、それを続けることが大切です。

以上、ここのプロセスでのポイントをまとめてみると、以下のようになります。

Point 1. 知らない単語・熟語は調べる→知らないままではスキルアップしない
Point 2. 単語ノートを作る→時間のムダを省くとともに「自己満足」をゲット!
Point 3. どうしてもわからないものは放置→後でわかる日も来るかも!


では、さっそく英語のニュースをのぞいてみましょう。

検索して自分に一番合ったニュースサイトを見つけるのもいいですが、ご参考までに、「英語ニュースサイト一覧」を設けていますので、ご活用ください。



次ページへ続く

 サイト内コンテンツ 

英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。




戻る