現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/英語の格言・ことわざ-ことわざ100選 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update May 27, 2015



Last update May 27, 2015



                                   


Orig: 英語本来のことわざではなく、日本語のことわざを説明するためのオリジナル表現です。

日本語 English
や行     戻る 
やけいしにみず
焼け石に水
 just a drop in the ocean (bucket)
 Orig a drop of water against a blazing fire

上の表現は、「海ほど必要な量に対してわずか一滴」ということで、とても足しにはならない(役に立たない)という意味。
やすかろうわるかろう
安かろう悪かろう
 cheap and nasty
 Orig Low price, low quality.

上の表現は、主にイギリスやオーストラリアで使われます。
よくまなべよくあそべ
よく学べよく遊べ
 All work and no play makes Jack a dull boy.

「勉強ばかりで遊びがなければ面白味のない人間になる」という意味の有名な英語のことわざです。ちなみに、アイルランドの作家マリア・エッジワース (Maria Edgeworth) はこれに All play and no work makes Jack a mere toy 「遊びばかりで勉強がなければろくな人間にならない」という後半部分を付け加えています。
ら行     戻る 
りょうやくくちににがし
良薬口に苦し
 bitter pill to swallow
 Good medicine tastes bitter.

上の表現は「苦い薬」という意味で、試験に失敗するなど、避けられない不快な経験や辛い思いをするというたとえで使われます。下の表現は、英語本来のことわざではありませんが、日本語のことわざを説明したものです。
るいはともをよぶ
類は友を呼ぶ
 Birds of a feather flock together.
 A man is known by the company he keeps.

上は「同じ羽根の鳥は集まる」ということで同じような性格や趣味の人間は集まるということで、下の例は「付き合う人間を見るとその人がわかる」という意味。
ろーまはいちにちにしてならず
ローマは一日にしてならず
 Rome was not built in a day.

「物事は一朝一夕に成るものではない」というたとえ。中世フランス語の格言を英訳したもので、16世紀のイギリスの作家ジョン・ヘイウッド (John Heywood) が最初に使ったのがこの表現です。



ろくじゅうのてならい
六十の手習い
 It is never too late to learn.
 You are never too old to learn.

それぞれ「学ぶに遅すぎることはない」、「学ぶに年を取りすぎているということはない」という意味です。
ろんよりしょうこ
論より証拠
 The proof of the pudding is in the eating.
 Orig Experience speaks louder than words.

上の表現は、「プリンの味は食べてみないとわからない」という意味で14世紀ごろから使われていたようです。ちなみに、ここでの pudding 「プリン」は、現代のような美味しそうなデザートではなく、動物の臓物に詰め物をしたソーセージのようなものでとても食欲をそそるようなものではなかったとか。だからこそこの表現が活きてくるわけです。





 戻る   前頁へ