お母さんもお姉さんもうれしい「丈夫で、洗濯機で洗えて、ファッショナブル」と三拍子揃った「服」。つまりdurable, washable and fashionable(な服)ですが、これらの単語の語尾についている -able って何?専門用語で言うと「接尾辞」(suffix)ですが、こういった「単語の尻尾」について調べてみました。単語の「しっぽ」をつかめば単語の意味もよくわかるかも。

Last update April 14, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞/英語の接尾辞 | 英語なんてタコ |

             
 SHIPPO001 

-oid

今回の「接尾辞」は「-oid」。

 意味  〜のようなもの、〜に似た、〜状の、〜質の
具体的なモノに形状などが似ているという概念があります。この「接尾辞」といろんな語幹が結合することで、「○○状のもの」「○○質の」といった名詞や形容詞を形成します。

 語源  ギリシア語の eidos  form (形状)という意味の単語。




 用例 

語幹 接尾辞 単語 意味
andr + oid android 「人間」のような→アンドロイド。 andr はギリシア語で man の意味。
cellulose + oid celluloid 「セルロース」のような→セルロイド
petal + oid petaloid 「花びら」のような→花弁状の。ギリシア語で petalon は「葉」の意味。
anthrop + oid anthropoid 「人類」のような→類人猿(の)。ギリシア語で anthrop は「人類」の意味。