お母さんもお姉さんもうれしい「丈夫で、洗濯機で洗えて、ファッショナブル」と三拍子揃った「服」。つまりdurable, washable and fashionable(な服)ですが、これらの単語の語尾についている -able って何?専門用語で言うと「接尾辞」(suffix)ですが、こういった「単語の尻尾」について調べてみました。単語の「しっぽ」をつかめば単語の意味もよくわかるかも。

Last update April 14, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞/英語の接尾辞 | 英語なんてタコ |

               
 SHIPPO004 

-graphy

今回の「接尾辞」は「-graphy」。

 意味  画法、記述したもの
ある特定の手法などを使って表現すること、ある特定のテーマに関して書かれたものなどを言います。ある人物の生き様について書かれたものは biography、写真で表現すると photography、絵記号で表現すると pictography

 語源  ギリシア語の graphein 「書く」という言葉が語源。派生してギリシア語の graphia 、ラテン語の graphia に変化しました。




 用例 

語幹 接尾辞 単語 意味
biblio + graphy bibliography 書誌学。biblio はギリシア語の biblion ( biblos の縮小辞)「本、パピルス」という意味で、バイブルの語源。
bio + graphy biography 伝記。bio は「ギリシア語の bios で「生物」の意味。
phono + graph phonograph 蓄音機。phono はギリシア語の phono 「音」から。
photo + graph photograph 写真。photo はギリシア語の photo 「光」から。
geo + graphy geography 地理。geo はギリシア語の geo で「大地」 (earth) の意味。
litho + graphy lithography 石版印刷。litho はギリシア語の lithos で「石」の意味。