お母さんもお姉さんもうれしい「丈夫で、洗濯機で洗えて、ファッショナブル」と三拍子揃った「服」。つまりdurable, washable and fashionable(な服)ですが、これらの単語の語尾についている -able って何?専門用語で言うと「接尾辞」(suffix)ですが、こういった「単語の尻尾」について調べてみました。単語の「しっぽ」をつかめば単語の意味もよくわかるかも。

Last update April 14, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞/英語の接尾辞 | 英語なんてタコ |

               
 SHIPPO008 

-logue

今回の「接尾辞」は「-logue」。

 意味  話、対話
ダイアローグ、カタログ、エピローグなどの「ログ、ローグ」の部分です。アメリカ英語ではスペルは -log になります。

 語源  ギリシア語の legein 「話す」が -logos となり、ラテン語の -logus がフランス語に入り、そこから英語の -logue になりました。




 用例 

語幹 接尾辞 単語 意味
cata + logue catalogue カタログ。ギリシア語の katalogos 「目録」が語源で、 katalegein 「目録にする」から派生。 kata はギリシア語で「集める」。
dia + logue dialogue 対話。ギリシア語の dialogos が語源で、 dialegesthai 「会話する」から派生。 dia はギリシア語の「〜を横切る、〜を通じて」。
epi + logue epilogue エピローグ(プロローグの反対語)。ギリシア語の epilogos 「結びの言葉」が語源で、 epi はギリシア語で「〜の上に、追加」といった意味。
pro + logue prologue プロローグ(エピローグの反対語)。ギリシア語の prologos が語源。 pro はギリシア語で「前の」という意味。