Last update April 18, 2015





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の接頭辞リスト/英語の接尾辞リスト | 英語なんてタコ |


               

英語の接尾辞・連結形リスト

- O -

-o 〜 -ol |  -ole 〜 -opies |  -ops 〜 -oyl |

接尾辞/連結形 種類 意味
-ole (1); -ol 連結形(名詞) [化学]五員環の(通常は)複素環式を含む化合物、(通常 -ole、エーテルの名前において)ヒドロキシを含まない化合物
-ole (2) 接尾辞(名詞) 小さいもの
-olic 接尾辞(形容詞) [化学](酸の名前において)三重結合を含む、(ヒドロキシ酸の名前において)ヒドロキシとカルボキシを含む
-oma 接尾辞(名詞) [医学]特定の種類の腫瘍、主に特定の種類の細胞あるいは組織からなる腫瘍、特定の臓器に起こる腫瘍。ome- 参照
-omas; -omata 接尾辞(名詞/複数形) -oma の複数形
-ome 接尾辞(名詞) 抽象的な実体、群、集団、系統
-omma 連結形(名詞) [動物](動物学の属名において)〜のような・の数の目を持つ者
-on (1) 接尾辞(名詞) [化学](ときに -one と区別するため)ケトンやその他のオキソでない化合物
-on (2) 接尾辞(名詞) [物理]素粒子、単位、量子。基本遺伝要素
-on (3) 連結形(名詞) 不活性ガス
-one 接尾辞(名詞) [化学](特定の有機化合物の名前において)ケトンあるいは真のケトンでないオキソ化合物、(特にカルボニルやスルホニルなどの類似基の化合物の種類名において)酸素を含む化合物。-on (1) に同じ
-onic 接尾辞(形容詞) [化学](特にアルドース糖のアルデヒド基を酸化したときに生成される)カルボキシを含む
-onium 接尾辞(名詞) [化学](水素または中心原子に結合した1つ以上の有機基を含む錯体カチオンの名前において)正電荷を持つイオン。-ium 参照
-ont 接尾辞(名詞) 細胞、生物
-onychia 連結形(名詞) 手足の指の爪(つめ)の状況
-onychium 連結形(名詞) 手の指の爪、足の指の爪、手足指の爪の領域
-onym 連結形(名詞) 名前、語
-onymy 連結形(名詞) 名前あるいは語の種類、複数の名前あるいは語の種類あるいは一式。特定の種類の名前あるいは語の研究
-onyx 連結形(名詞) [動物](主に動物の属名において)〜のような爪を持つ者
-ope 連結形(名詞) 特定の欠陥のある目を持つ者
-ophis 連結形(名詞) [動物](特に爬虫両生類学の属名において)蛇
-ophthalma; -ophthalmia 連結形(名詞/複数形) [動物](節足動物の上位分類名において)特定の目を持つ者たち
-ophthalmia 連結形(名詞) 〜のような目を持つ状況
-ophthalmus 連結形(名詞) [動物](節足動物の属名において)特定の種類の目を持つ者、特定の形状あるいは状態にある目
-opia; -opy 連結形(名詞) 視力、視覚。〜のような視力・視覚を持つ状況、特定の欠陥のある目を持つこと。[動物](動物学の属名において)特定の種類の目を持つ者
-opias; -opies 連結形(名詞/複数形) -opia; -opy の複数形

※無断転載はお断りします。




 前へ | 次へ 




 姉妹サイト 

翻訳なんて、誰がやっても同じだと思っていませんか? 人によって文章が違うように、翻訳表現にも違いがあります。
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ

 サイト内コンテンツ 
化学物質英語用語集 化学物質英語用語集   化学物質の名前には接頭辞や接尾辞がいっぱい?

英語の擬態語 英語の擬態語   「にこにこ」、「おろおろ」、「そわそわ」など、日本語の擬態語、擬声語を英語でどう表現すればいいのか?

  ビジネス英語用語集
英語で自分のビジネスを紹介する、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき役に立つビジネス英語用語集です。


  英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

▲Page top