今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
File No. 1915   ▲Page top
khaki
[kækɪ/kɑ:kɪ]

カーキ色(の)、カーキ色の服地、カーキ色の軍服

Tow men in khaki were standing there.
The khaki color is light yellowish brown and used for military uniforms.

「カーキ色って具体的にどんな色ですか?」「な色じゃないですか?」「いえ、でしょ?」「?」など、なかなかイメージが定着していないようですが、薄い黄色と茶色の混ざったような色を言うようです。ちなみに、HTMLコードでは、あるいはのようですが、これも、ひとつの例ということで。ご存知、軍服の色として使われ、1848年、イギリス軍がインドで採用したのが始まり。当時は、夏の白い軍服を紅茶などで染めていたようです。また、アメリカ海軍などで、「下級将校」(カーキ色の軍服を着ていることから)といったスラングとしても使われます。語源はペルシャ語源のウルドゥー語 khaki 「ホコリっぽい」。




File No. 1914   ▲Page top
lick
[lɪk]

なめる(こと)、なめるように広がる、打ち負かす・やっつける(こと)

He said, "I will give you a licking after school."
The fire licked through the wood at an amazing speed.

キャンディーをぺろぺろ、封筒に貼る切手をぺろ… など、「なめる」という意味の他に、火や波などが「なめるように広がる」といった場合にも使われます。ところで、「なめる」と言えばネコですが、今は昔、80年代一世を風靡(び)した「なめネコ」(英語では、Nameneko Punk Cats などと表現されているようです)。つっぱり兄さんの格好をして(させられ?)、「なめんなよ」というセリフがお決まりでしたが、英語の lick には「やっつける」といった意味もあり、直訳で、Don't lick me! と言うと、「やっつけんなよ」てなことで、ちょっと気弱さが感じられないでもありません。語源は古英語の liccian 

 同義語  taste, lap, beat, defeat, overcome, surpass, outstrip, outdo, flicker





File No. 1913   ▲Page top
bullhorn
[bʊlhɔ:(r)n]

ハンドマイク、電気メガホン

Always respect others' rights when using a bullhorn.
A friend, using a police bullhorn, talked him into surrendering.

立てこもり事件などで、警察が中にいる犯人に呼びかけるときなどに使ったり、街頭デモや選挙運動などにも使われる器具。普通の拡声器(メガホン)に比べて、マイクと増幅器、スピーカーで構成されるものを言い、ハンドマイクと呼ばれます。スピーカーが入っているだけに、がなり立てるだけの選挙演説など、聞きたくない人にとっては、ただうるさいだけというのが難。ということで、「ウチの党では、つい聞きたくなる演説をめざして、昔話風にアレンジしてみました」「ウチではお笑いコント風です」「私どもはサイレントで行きます、内容はモニターで字幕を流します」など、なんか工夫が欲しいところです。

 同義語  loud-hailer





File No. 1912   ▲Page top
incipient
[ɪnsɪpɪənt]

始まりの、(病気などが)初期の

He refused to stay at hospital in spite of signs of incipient kidney disease.
Incipient fire fighting program includes the training how to use a fire extinguisher.

物事には始まりというものがあるもので、「昨日までは何もなかったのに、朝起きるといきなり風邪ですわ」というのも、本当はない話で、それ以前に喉が痛い、悪寒がするといった何らかの初期の症状があるのが普通。また、火の気もまったくないテーブルが突然燃えました、というのでは超常現象の世界。やはり、「何か焦げ臭いぞ」とか「小さな炎が…」といった初期の現象があるはずで、こういった初期の火事 (incipient fire) にどう対処するかが「防火訓練」で、「本物の火事になったら突進だ!」といった無謀な訓練も聞いたことがありません。語源はラテン語の incipere 「始まる」の現在分詞。

 同義語  beginning, starting, developing, originating, commencing, embryonic, nascent, inchoate, inceptive





File No. 1911   ▲Page top
gossamer
ɑsəmə(r)]

細いクモの巣、薄い布地、薄く軽くて繊細な

The bride's face was wrapped in a gossamer veil.
She clings to life with a gossamer thread of hope.

細いクモの巣、ドレスなどに使われるような、薄くて軽い布地といった意味。軽くて繊細といった形容詞としても使われます。一見、いかにも弱そうですが、実はクモの巣というのは、なかなかの優れものらしい。その張力は鉄鋼に匹敵し、おまけに伸縮性も高く、ポリマー系の繊維も顔負け。なにしろ、獲物を捕らえるのはもちろん、子孫である卵を保護するまゆを作ったりするわけで、脆弱なものでは役に立ちません。スパイダーマンの糸が強いわけです。語源は中世英語の gossomer で、 goose 「ガチョウ」 +  somer (=summer) 「夏」。たぶん、ガチョウの季節になる初夏に多いことから。

 同義語  aerial, aery, airy, diaphanous, ethereal, filmy, gauzy, transparent, vaporous, vapory



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page382 |  Page381 |  Page380 |  Page379 |  Page378 |  Page377 |  Page376 |  Page375 |  Page374 |  Page373 | 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   日本で見かける屋外広告や看板の英語表現、バッグやTシャツの飾りとして入れた英語のメッセージ。でも、ちょっと待ってください。けっこうあるようです、日本人のヘンな英語。

観光英語 観光英語―「大仏の作り方」   奈良の大仏ってどうやって作ったの?英語で説明してみましょう。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える   中学高校と、最低6年間は習っている英語。でも全然しゃべれない。日本人はなぜ英語がヘタなのか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集 いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。






▲Page top