今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 2340   ▲Page top
dowdy
[ddi]

やぼったい、流行遅れの

She is beautiful but her dress and hairdo are so dowdy.
He was a dowdy man when he came to the town for a new life.

流行遅れとは言っても、20年前流行った服を今娘が着ていますなど、「流行は循環」する傾向もあります。とは言え、さすがに、「歯、真っ黒だけど?」「うん、江戸時代に流行したお歯黒」とか、「山田くん、ちょんまげにしたのか」「はい、そろそろ流行がめぐってくるころかと… 先取りしてみました」などということはおそらくありません。要は、服装や髪型に関心がなく、服ならなんでもいい、あるいは、関心があるが似合っていない、組み合わせの趣味が悪い―といったところでしょう。語源は中英語の doude 「不道徳な、魅力のない」。

 同義語  antiquated, antique, archaic, bygone, dated, fusty, old-fashioned, old-time, outdated, outmoded, vintage




 File No. 2339   ▲Page top
factorial
[fæktɔ:rɪəl]

階乗(の)

The factorial of 2 is 2, and that of 0 is 1.
The factorial is the product of all the positive integers from 1 to a given number.

「店長、何悩んでるんっスか?」「あ、アルバイトの中島くん。ここに、ほれ、温泉キティーと、Xマスキティー、正月キティーに、…(以下略)で20種類あるんだが、どんな並べ方があるかなあ」「まず、n=20 r=20 nPr=n!/(n-r)! で…」「キミ、スゴイね。こんなところでバイトしてるのもったいないよ」「ま、ご時勢ですから… えっと、2,432,902,008,176,640,000通りの並べ方があります」「えええ〜っ!!!」「!マークは1個だけでいいっス」ということで、数学の階乗。たとえば、4の階乗は 4! (four factorial) と表記し、1x2x3x4=24 で、1からその数までを順番に掛け合わせていくことを言います。





 File No. 2338   ▲Page top
occult
[əkʌlt/ɔkʌlt]

神秘的・不思議な(現象)、オカルト(的な)、隠れて見えない

His favorite thing to do on holidays is to watch occult movies.
The equipment can efficiently detect occult tumor cells in lymph nodes.

「"あくのじゅうじか"って話、知ってる?」「悪の十字架?怖そうですね」「古い話なんだけど、ある日、パチンコ屋の前に長い行列。そこで、誰かが言いました、"あくのじゅうじか"」「はン?」「"開くの十時か"」というわけでダジャレになってしまいましたが、おなじみ悪魔などが出てきたりする「オカルト」は、ラテン語の occultus 「隠された、秘密の」という意味が語源。その他、医学で、「おお!この血液は…!」「ヴァンパイアですか?」というのではなく、顕微鏡でなければ見えない、がん細胞などが見つけにくいという意味でも使います。

 同義語  supernatural, psychic, mystical, mysterious, esoteric, uncanny, arcane, paranormal





 File No. 2337   ▲Page top
splice
[splaɪs]

綱をより継ぎする、つなぎ合わせる、結婚させる、継ぎ(目)

They spliced two ropes together to make a stronger one.
The movie was made by splicing old ones together.

「今度の大作はこれ。48、あのジャックが48時間戦い続けます!」「こっちはプリズン24。マイケルが刑務所で奮闘し、ジャックがテロと戦います!」「昔流行った2つのドラマをくっつけただけですやん」てなことで、つなぎ合わせるという意味。で、何をつなぐかというと、「こんな細いロープじゃ脱出できない。2本をより合わせて強くしよう」とか、「カボチャとキュウリをつないで、カボキュー」(架空)など、ロープ、遺伝子、あるいは、木などをつなぐ場合に使います。その他、スラングで、「結婚させる」という意味も。語源はオランダ語の splissen 

 同義語  join, unite, graft, wed, knit, mesh, braid, intertwine, interweave, yoke, plait





 File No. 2336   ▲Page top
tartar
[tɑ:(r)tə(r)]

歯石、酒石

Also called calculus, tartar on the teeth can be brushed away at an early stage. Cream of tartar is the potassium salt of tartaric acid.

石は石でも、calculus とも呼ばれる歯石。なんでも、口の中の細菌のかたまり(プラーク)が、唾液中のカルシウムと結びついて石灰化したものだとかで、その予防やケアもなかなか大変そう。そこであったらいいのが、名づけて「歯に衣」(架空)。この超薄型真空カバーを歯全体に被せてから食べることで、唾液や食物から歯を守ります。間違って飲み込んでも、お口で溶けずに胃でと溶けます。なんてことで、その他、ワインなどに沈殿する酒石という意味もあります。語源は中世ギリシア語の tartaron で、樽にできる酒石のこと。




 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page467 |  Page466 |  Page465 |  Page464 |  Page463 |  Page462 |  Page461 |  Page460 |  Page459 |  Page458 | 

 サイト内コンテンツ 

英語の擬態語 英語の擬態語   「にこにこ」、「おろおろ」、「そわそわ」など、日本語の擬態語、擬声語を英語でどう表現すればいいのか?

  ビジネス英語用語集
英語で自分のビジネスを紹介する、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき役に立つビジネス英語用語集です。


英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

英語と米語の違い イギリス英語とアメリカ英語の違い   代表的なイギリス英語とアメリカ英語の語彙の違いとスペルの違いをリストアップしたコーナーです。

企業の英文スローガン 企業の英文スローガン   企業のモットーやブランドイメージを短いフレーズに凝縮した企業スローガン。英文の企業スローガンを集めたコーナーです。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!






▲Page top