日常的には区別なく使っていても、研究やビジネスではシビアな使い分けが必要な類似単語。同じ意味だけど使い方が違う、ニュアンスが違うといった英語の類語をグループにして比較するコーナーです。ここでは、英単語から見た用法の違いを簡単に比較しています。

Last update October 12, 2013


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英単語ニュアンス比較/英単語用法メモ | 英語なんてタコ |

           


英単語用法メモ   リストに戻る


 Note NO. 21   リストに戻る
殺人 Manslaughter vs Murder
murder が殺意を持った残忍性のある「殺人」であるのに対し、manslaughter はもともと殺意はなく、事故や不注意によって相手を殺してしまった場合の「殺人」を言う。

 Note NO. 22   リストに戻る
選手 Athlete vs Player
athlete は「運動神経・能力が優れている者」という意味であり、player は「特定のゲームやスポーツを行う者」を指す。優れた player になるには優れた athlete であるだけでは不十分で、運動能力以外の要素が要求される。

 Note NO. 23   リストに戻る
注意 Caution vs Precaution
caution は危険や問題などを防ぐために「注意しておく事柄」を表すのに対して、precaution は起こりうる危険や問題などを防ぐために「事前に取るべき処置やアクション」を指す。前者は単なる注意事項を表すが、後者は事前に必要な処置など含む場合がある。

 Note NO. 24   リストに戻る
保証 Guarantee vs Warranty
guarantee は「保証」という一般的な概念であり、必ずしも法的効力はない。warranty は guarantee をより厳密に、期間、条件などを定義したうえで法的効力を持たせたもの。つまり、guarantee は口約束や善意に基づくもので、それを条件や期間を明記して文書化した場合は warranty になる。

 Note NO. 25   リストに戻る
能力 Competence vs Competency
ビジネス分野において、それぞれ「コンピタンス」、「コンピタンシー」と呼ばれているが、competence は「決められたことを決められた通りに行う能力」を表し、competency は「何をどのようにやるべきかを見極め、それを成功させる能力」を表す。前者は「一般的に求められる十分な能力」であるのに対して、後者は「他との差別化につながる特性的な能力」でもある。

 Note NO. 26   リストに戻る
墓地 Cemetery vs Graveyard
cemetery は通常教会とは離れた場所にあるが、graveyard は教会の敷地内や隣接地にあることが多い。また、前者は、より静かで広々としているだけでなく、景観も良く手入れも行き届いている。それに対して、後者は殺風景で狭く、芝生などもなく、手入れも行き届いていないような場所を指す。

 Note NO. 27   リストに戻る
Amount vs Quantity
quantity は数量化を前提にした場合の「量」であり、amount は数量化できない抽象的なものの「量」を言う。名詞の性質にも依存するが、数量化するか否かという話者の意志によっても使い分ける。たとえば、水の quantity という場合は「何リットル」などという具体的な水の量を表し、水の amount というときは「感覚的・主観的な水の量」を表す。

 Note NO. 28   リストに戻る
婦人 Lady vs Woman
基本的な概念としては、woman は単に性別を表す語であり、lady は身分の高さや言動が洗練された女性を表すが、最近では、肩書き的に使う以外は woman を使うのが普通。「彼女は強い女性だ」などという描写においても woman を使う。lady は「男性の優越感が表れた差別的な言葉」だと感じる女性もいる。

 Note NO. 29   リストに戻る
森・林 Forest vs Wood
どちらも自然に木々が茂った場所を指すが、wood(s) は forest に比べると規模が小さく、木の本数や生息する生物や植物の種類も少ない。また、wood は陽射しが差し込むが、forest は木々の茂る密度が濃く、ほとんど陽射しが差し込むことがない。

 Note NO. 30   リストに戻る
Fountain vs Spring
spring は地面から水が湧き出ている自然の「泉」を指すが、fountain は人工的に作られたものを指し、噴水や彫刻などを伴った建築物としての「泉」を指すのが一般的。fountain にも自然の泉の意味はあるが、「水源」という意味が強い。







 姉妹サイト 

翻訳なんて、誰がやっても同じだと思っていませんか? 人によって文章が違うように、翻訳表現にも違いがあります。
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ

 サイト内コンテンツ 
英語の擬態語 英語の擬態語   「にこにこ」、「おろおろ」、「そわそわ」など、日本語の擬態語、擬声語を英語でどう表現すればいいのか?

  ビジネス英語用語集
英語で自分のビジネスを紹介する、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき役に立つビジネス英語用語集です。


  英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。