現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語熟語集 | 英語なんてタコ |

               
 IDI120  

pick and choose
じっくり選ぶ、選り好みする

 You can pick and choose the services you want to use.
 He always picks and chooses who he should make friends with.

「じゃ、これ!」などとそのときの衝動や感覚で選ぶのではなく、じっくり、丹念に、観察などしたうえで選ぶことを言います。当然、時間がかかる場合もあります。また、これとこれしかない二者択一から pick and choose というのも全く無いとは言いませんが、選択肢も多いのが普通です。




 IDI119  

do (〜) good
(〜にとって)役に立つ、ためになる

 I wonder if staying here does any good.
 This experience did him much good, because he could learn a lot from it.

do のあとに対象とする人などがきて、誰々のためになったとか、ならなかったなどと表現します。また、とても役に立ったとか全く役に立たなかったなど、肯定文にしたり否定文にしたり、much  someany などと組み合わせて使える表現です。



 IDI118  

set about ...ing
取りかかる

 As soon as they received a permission, they set about analyzing the cause.
 After he left them, he set about establishing his own company.

about のあとに〜ing 形の動詞が来て、〜に取りかかるという意味になります。「取りかかる」のも「開始する」のも言ってみれば同じような意味ですが、set back のほうは、本格的に取り組むとか、一連の行動において第一歩を踏み出すといった単なる「始める」よりも具体的な意味合いが出てくるようです。



 IDI117  

look away from
目をそらす

 Refocus the eyes regularly by occasionally looking away from the monitor.
 He looked away from the horrible scene.

away という前置詞には、それだけである場所から離れるという意味があり、それまで見ていた場所から視線をそらすということです。from のあとにそれまで見ていた対象が来ます。look at, look into など、look と前置詞を組み合わせて、「見る」のいろいろができるというわけです。



 IDI116  

jump to conclusions
早合点する

 We often jump to conclusions about things without carefully examining them.
 He usually jumps to conclusion and often makes mistakes.

結論にジャンプするわけですから、やはり無理があるというもの。物事についてじっくり考えたり、よく調べたりしない段階で、その性質や結果について判断、決定を下してしまう場合に使います。確かに一理ありますが、日進月歩でめまぐるしく変化する世の中、そんなにゆっくり考えているうちに状況が変わってしまったということもあるかもしれません。







 サイト内コンテンツ 
マスターするなら英語圏?
そりゃ英語圏に行って勉強する機会があれば理想。でも、行かないからってマスターできないことはありません。

今日の英単語
毎日一語ずつ英語の単語を掲載。意味だけでなく、その語源、まつわるおもしろネタなどを紹介。普通の辞書に載っていない変わった単語もあります。

英語の発音
「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?目から「うろこ」も落ちるかも。

英語の句読点
押さえてますか?英語の句読点の正しい使い方。適当にマルや点をつけておけばいいというものではありません。

  英語の歴史
英語はどこから来たのか?どんな言語にも歴史がある。探ってみませんか、英語の生い立ち。

  英語の格言・ことわざ
ことわざや格言には文化がぎっしり。この日本語のことわざを英語で何と言うのか、こんなときピッタリ来る英語のことわざは?
▲Page top