京都、奈良といえばご存知、歴史的名所の宝庫。海外からの友人やお客さんをご案内することもあるかも 海外の方にとって、神社仏閣はまさに「不思議の宝庫」、狛犬(こまいぬ)を指差し、「なぜライオンがこんなところにいるんだ?」「なぜ二匹いるの?」など予想もしない質問が来ます。その「なぜ?」「何?」に答えられるようになるということは、あなたも「真の国際人」というわけです。

Last update July 31, 2010


 用語集   





現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/ポポリンの観光英語―金閣寺 | 英語なんてタコ |

           

鹿苑寺(ろくおんじ)

アンタ、知ってた〜?一般的には「金閣寺」って呼ばれてるけどさ、実は、正式な名前は「鹿苑寺」って言うのよ。なんでも仏舎利(ぶっしゃり)、つまりお釈迦さまのお骨をお祀(まつ)りしている舎利殿「金閣」が有名なため、そう呼ばれてるらしいわよ。アタシも死んだらクチバシでもお祀りしてもらおうかしらん。で、この「鹿苑寺」だけど、臨済宗相国寺(しょうこくじ)派の禅寺で、1994年に世界文化遺産に登録されたんだって。

金閣寺
PHOTO BY TARO MATSUKAZE

でさ、この場所にはもともと鎌倉時代に西園寺公経(さいおんじきんつね)って人の別荘「北山第」があったんだけど、足利三代将軍義満がとても気に入ってさ、応永4年(1396年)、西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造ったんだって。なんといってもすごいのがここの庭。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現わしたと言われてるのよ。いいわね〜、極楽浄土。やっぱり、死んでから行くなら地獄より極楽よ、アンタ、どっちがいい?

でもって、この北山殿に後小松天皇を招いたり、中国(明の時代ね)からのお客さんを接待したり、飲めや歌えの宴会続きだったかは別にして、迎賓館みたいな使い方をされてたみたいよ。いいわよね〜、アタシも招待して欲しいわよん。それでさ、明との貿易で得た収益をつぎ込んで、こういった金閣寺みたいな豪華な建物を建てたりしたのよね。やっぱり、お金がないと豪華な文化は育たないし、そういう意味では、明との貿易が文化の発展に貢献したってことね。ということで、この時代の文化を特に北山文化って言うらしいわ。ところでさ、アンタ、後小松天皇っていう人は、あの有名な「一休さん」のお父さんなんだって。

で、いつごろ「鹿苑寺」って名前がつけられたかっていうと、足利義満の死後、その遺言に従って、夢窓国師(むそうこくし)ってお坊さんを開山(初代の住職)にして、義満の法名の「鹿苑院殿」から二字をとって、鹿苑寺と名づけられたんだって。ちなみに、ここの写真は、アタシの同僚のカラスが撮影したものよ〜、譲ってもらっちゃった。よく撮れてるわ、なかなかやるわね。アンタ、無断で使っちゃだめよ。

Rokuonji Temple

Popularly-called Kinkaku-ji (Golden Pavilion) for its famous golden stupa: a monument honoring Buddha's relics, its official name is Rokuon-ji Temple. The temple belongs to the Shokoku-ji school of the Rinzai Buddhist denomination. It was listed as a World Cultural Heritage site in 1994.

Once there was a villa of Saionji Kintsune, a political figure in the Kamakura Period (1192 - 1333) at this location. Yoshimitsu, the third shogun of the Ashikaga reign took the liking of this site and obtained it from the Saionji in 1396. Yoshimitsu built Kitayama Palace, on the grounds centered around the golden stupa (Kinkaku). The entire palace premises consisting of the Golden Pavilion, garden and architectures represents an after-world Buddhist paradise.

Kitayama Palace used to stage both political and cultural centers in the age. It was a guest house for Emperor Gokomatsu, who frequently visited Yoshimitsu, as well as for delegations from China (Ming). The profits obtained from the trades with Ming had financed the construction of the palace, which leads to blooming of the contemporary culture dubbed as Kitayama style.

After Yoshimitsu's death, Master Musōkokushi (the first chief abbot of the temple) founded Rokuonji temple following Yoshimitsu's will. The name Rokuonji was coined from posthumous name of the shogun.

金閣寺
PHOTO BY TARO MATSUKAZE

金閣

さあ、いよいよメインの金閣よ〜。この建物の二層と三層には、漆(うるし)の上から純金の箔が張られてるんだって。贅沢よね。しかも、純金よ、純金。ああ〜、アタシ、金色って大好き。アタシはさ、ここだけの話、金閣と銀閣とどっちがいいかって言われたら迷わず金閣ね。だってさ、リッチな色じゃない?やっぱ、生きてる限り、ビンボーよりリッチがいいわよね。

でもって、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねた「こけら葺(ふ)き」っていう作り方をしてるんだって。椹ってどんな木かって?そりゃ、アンタ、そこんじょそこらの木とは違うみたい。なんでもヒノキ科の常緑高木らしいわよ。

でさ、屋根の上には、また、これ、金色のトリがいるのよ。どんなトリかって、残念ながらカラスやハトじゃないわよ。なんといっても、鳳凰(ほうおう)。中国の伝説上の生物で、瑞兆として姿を現すトリなんだってさ。右にあるのがその写真よ〜。一万円札の裏側にも描かれてるくらいだから、やっぱりおめでたいトリなのよね。アタシ、お札のなかでは一万円札がいちばん好き。アンタは?

でもって、この金閣は三階建てなんだけどさ、その特徴は、なんといっても一階(層)から三階(層)がそれぞれ異なった建築様式を用いてることなのよ。一層は寝殿造で法水院、二層は武家造で潮音洞。三層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物らしいわよ。


Golden Pavillion

金閣寺
PHOTO BY TARO MATSUKAZE

The second and third tiers of the pavilion are coated with lacquer and gilded with gold-leaf. The roofs are thatched with shingles of wood similar to cypress (botanical name; Chamaecyparis pisifera).

On top of the roof, a statue of Chinese phoenix, auspicious symbol, is decorated.

Each of the three tiers features a special architectural style; the first floor uses the Aristocratic (Shinden) style, the second, the Warrior style and the third, the Chinese Zen Buddhist style. They are called "Hosui-in" (Dharma Water Room), "Cho-on-do" (Tide Sound Cave), and "Kukkyo-cho" (Supreme Pursuit Summit) respectively.

The Golden Pavilion is one of the most notable architectures in the Muromachi Period (1392 - 1573) in which these three different styles are perfectly blended and harmonized.

庭園

次は、いよいよ庭園ね。金閣の前にある池は鏡湖池(きょうこち)って言ってさ、その池を中心に、葦原島(あしわらじま)とか大小の島々や、当時の諸大名が競って献納した石が配置されてるのよ。今も昔も出世しようとしたら大変ね。寄付した石には畠山石とか赤松石、細川石てなぐあいに自分の名前がつけられてるんだって。でね、この庭園、西側の衣笠山を借景(風景を借りることよ)にした室町時代の代表的な池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)として有名で、国の特別史跡および特別名勝に指定されてるわよ。

それから「方丈」って呼ばれる建物があってさ、これは、お坊さんの住んでる住居のことを言うんだけど、その北側にある「京都三松」のひとつって言われる「陸舟(りくしゅう)の松」もチェックしといたほうがいいわね。なんでも舟の形をしていることからこう呼ばれるらしいわ。しかも、この松は、義満の「お手植え」の松らしいわよ。で、金閣の後ろを進むと、義満がお茶の水に使ったと伝えられる「銀河泉(ぎんがせん)」(ロマンチックねえ。どれ、飲んでみようかしらん)、手を清めたという「巌下水(がんかすい)」(アタシも羽を洗ってみようかしらん)とかがあるわよ。その次には「龍門の滝(りゅうもんのたき)」ってのがあって、鯉が滝を登ると龍になるっていう中国の故事「登龍門(とうりゅうもん)」にちなんで「鯉魚石(りぎょせき)」っていうのが置かれてるのよ。ふ〜ん、鯉って滝に登ると龍になるんだって。カラスが登ると鳳凰にでもなれるのかしらん。

その他にさ、昔からある「安民沢(あんみんたく)」っていう池や、中の島には「白蛇の塚」があるそうよ。白いヘビがいるのかしら?なんか、怖いわね。アンタ、ヘビ好き?

Garden

The circular garden with the pond in the center represents a typical example of the Walk-Around-Pond design (pond-centered garden) in the Muromachi Period, and is listed as one of special national historical spots. The pond in front of the Golden Pavillion is called "Kyoko-chi" (Mirror Pond). Around the pond are located multiple miniature islands in various sizes including "Ashiwara-jima," as well as decorative rocks offered by various lords of the time who seeked favor from the shogun. The rocks are called after the names of the lords who offered them. The magnificient scenery of the garden with Kinugasa Mountain in the west as the background is esteemed as one of the most beautiful sceneries in Japan.

There are several more points to see in the garden. The "Pine Tree in Boat Shape" located at the north of the Hojo House is an example. The tree is considered one of the "Three Beautiful Pine Trees in Kyoto", and is said to have been planted by Yoshimitsu himself. Behind the Golden Pavillion, there is "Ginga-sen" (Silver River Fountain) whose water was used to make tea for the shogun. Also there is "Ganka-sui" (Under-Rock Water), used by the same shogun to wash his hands. At the "Dragon Gate Fountain," the stone named "Carp Stone" is placed, based on an old Chinese story entitled "Gate to Dragons," which describes a carp swimming its way up against a waterfall to transform into a dragon.

Far behind the Golden Pavillion there is an old pond named "An-min-taku" (Peaceful People Pond). On the island in the pond is located a small pagoda, "Hakuja-no-tsuka" (Mound in Memory of the White Snake).

夕佳亭(せっかてい)

金閣寺夕佳亭
PHOTO BY TARO MATSUKAZE
この「夕佳亭」っていうのは、江戸時代の茶道家・金森宗和が好んだ数奇屋造りのお茶席。夕日に映える金閣がとくに「佳(よ)い」ということから「夕佳亭」と名付けられたんだって。でね、正面の床柱が「南天の床柱」で、すごく有名らしいわよ。その右にある三角の棚が「萩の違い棚(はぎのちがいだな)」、中央の古木が「鶯宿梅(おうしゅくばい)」よ〜っ。すごいわねえ、風流ねえ。1997年には、解体修理が行われたらしいわ。

お茶席の前には、石灯籠と富士型の手水鉢(ちょうずばち)があるんだけど、慈照寺(じしょうじ)の「銀閣」を建てた足利八代将軍義政が愛用したものなんだって。茶席横の「貴人榻(きじんとう)」は身分の高い人の椅子という意味なのよ。ああ、いいわねえ〜、身分が高いって。あこがれちゃうわ〜。

Sekkatei Tea House

Loved by a tea master named Sowa Kanamori in the Edo Period (1603 - 1867), the tea house is famous for the beautiful sunset view seen from the house.

Named Sekkatei; literally meaning "Beautiful Sunset Cabin," the house uses the typical tea house design called Sukiya style. The front pillar of the house is made of single nandin tree and is a famous rarity. At the right of the pillar, there is the "Two-step Shelf of Bush Clover" and the old wooden pillar at the center is made of a special kind of plum tree called "Nightingale-dwelling Plum Tree." The house was dismantled once in 1997 for a minute repair.

The stone lantern and the hands-washing basin in shape of Mt. Fuji placed in front of the ceremonial seats were favorite of the 8th Shogun Yoshimasa Ashikaga (he built the Silver Pavillion in Jishoji Temple). The chair beside the ceremonial seats is referred to as "Noble Person's Chair."

不動堂

金閣寺不動堂
PHOTO BY TARO MATSUKAZE
最後にお不動さまがおまつりされている「不動堂」よ。本尊は弘法大師が作られたと伝えられる石不動明王で、霊験あらたかな秘仏として広く一般に信仰されてるってことよ。節分と八月十六日に開扉(かいひ)法要がいとなまれるんだって。つまり、この日にはお不動さんが見れるってことね。

Achala Shrine

A stone Achala (Fudomyo-o) image is enshrined here. The image is a legendary workpiece carved by Master Kobo, high priest and founder of the Shingon Buddhist demonimation.

The Achala image is widely believed to possess strong divine force and worshipped by many people.

The encasement-opening service is given twice a year; on February 3 and August 16.