今日の英単語 毎日英語の言葉を一語ずつ紹介。実用度の高いものから専門的なもの、英和辞典にも載っていない俗語やおタクっぽいものまで、ちょっと変わった英単語がそろっています。


Last update August 1, 2014


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |


 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 これまでの英単語 
Page474 |  Page473 |  Page472 |  Page471 |  Page470 | 
 ページリスト 
 ページリスト
 コーナー内検索 
 こんな英単語 
  「ピー」とか「ピーピー」という音は英語でなんて言うの?見る

 姉妹サイト 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?
ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。
A Word a Day Today  
valor
[vr]

勇気、武勇

These men are recipients of the nation's highest honor for wartime valor.
Many Japanese Americans served in the US military with unprecedented valor.

学生時代、テストだから要らないだろうというので、電話帳のように重いテキストを持って行かなかったら、「戦争に行くのに鉄砲もって行かないのと同じだ!」と怒られた。どうせ勉強していなかったし、戦う気など無かったわけですが… ということで、特に戦地での勇敢さ、勇気などを表します。そして、戦地で功績を上げた人には名誉の勲章が授与されるわけです。語源はラテン語の valere 「価値がある、強い」。戦いには臆病者は要らないということか、映画のストーリーなどでは臆病者は真っ先に死んだりします。しかし、それがわかっているだけに、余計臆病になるのかもしれません。

 同義語  courage, boldness, bravery


Yesterday's Word a Day  
honk
[hɑŋk/hɔŋk]

警笛(クラクション)、ガンの鳴き声のような音

She honked at the man to get out of her way so that she could make her turn.
The goose honked and flapped its wings.

日本語の「雁(かり)」という鳥の名前は雁(がん)のことであり、なんでも鳴き声から「カリ」と呼ばれるようになったとか。ところ変わって、カナダに行くとカナダグース。「ホーン、ホーン」と鳴くことから、グースのような鳴き声を honk というようになったらしい。小型種は甲高い声で鳴き、大型になるほど声が低くなるそうです。鳥の話以外の日常的な用法としては、警笛・クラクションの意味でよく使われます。疲れた夜道の帰宅途中、いきなり後から来たクルマにホンクされるとドキッとします。動詞にすれば警笛などを鳴らす(鳴る)という意味になります。


Day Before Yesterday  
stark
[stɑrk]

まったく(の)、露骨な(に)、飾り気のない(く)

He was wandering around stark naked.
He said that worrying too much is stark nonsense.

メイクをしていない顔を「すっぴん」、シャワーを浴びるときの姿は「すっぱだか」の「すっ」に当たるニュアンス。飾り気もなく、何も施されていない「素」のままの状態を言います。また、100%純正のウソなどを「まっ赤なウソ」、悪い人のハラの中は「まっ黒」といった「まっ」に当たる意味もあり、物事が完全にある状態になっている様子を言います。語源は古英語の stearc 「強い」。「まっ○○」の意味が出てきたのは14世紀ごろ、「すっ○○」のほうは、19世紀になってから。いまでは、もともとの「強い」という意味ではほどんど使われません。

 同義語  plain, harsh, bare, straightforward, blunt, absolute, pure, absolutely, completely, clean, entirely