今日の英単語 毎日英語の言葉を一語ずつ紹介。実用度の高いものから専門的なもの、英和辞典にも載っていない俗語やおタクっぽいものまで、ちょっと変わった英単語がそろっています。


Last update September 2, 2014


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |


 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 これまでの英単語 
Page474 |  Page473 |  Page472 |  Page471 |  Page470 | 
 ページリスト 
 ページリスト
 コーナー内検索 
 こんな英単語 
  「ピー」とか「ピーピー」という音は英語でなんて言うの?見る

 姉妹サイト 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?
ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。
A Word a Day Today  
bogus
[bóuɡəs]

にせの、いんちきの

This is a bogus copy of the document, apparently sealed but tampered with.
Nearly 20 percent of the bogus money passed into circulation was made on such printers.

偽札、偽会社、偽電話番号、偽造パスポート… など、偽物のいろいろ。だます人だまされる人、世界のなかでも日本人はとくにだまされやすく、国際的カモらしい。お人よしというか、おめでたいというか、文句も言わずに泣き寝入りするので扱いやすいとも。しかし、そんな「だまし」が横行している国際社会自体が問題。そんなことを続けていてもキリがありません。もっとみんなが素直にゆったり生きれる世界にしなくてはいけませんね。類語に fakecounterfeit といった単語もあります。語源は偽札を製造する機械 bogus 

 同義語  fake, false, forged, sham, fraudulent, counterfeit, phoney (phony)


Yesterday's Word a Day  
pariah
[pəráiə/priə]

最下層民、社会からののけ者

South Africa was a pariah nation during the years of apartheid.
He was a pariah back in his country.

もともとインドやビルマなどの最下層の人たちを指す言葉ですが、一般的には「のけ者」といった意味で使われることが多いようです。ちょっと淋しい響きのする言葉です。大勢にとって理解できない言動をする少数派の人はこういった存在になりやすいようです。しかしまた、その一方で、その考え方とか行いなどが他の人に迷惑をかけるといった明確な原因があるため、避けられている場合もあるのかもしれません。語源はタミール語の paraiyan で、意味は「太鼓をたたく人」。

 同義語  outcast, exile, outlaw, undesirable, untouchable, leper, unperson


Day Before Yesterday  
boon
[bu:n]

恩恵、利益

Internet is a boon for many people.
Water is the boon of nature and is an essential need of people.

天の恵み、地の恵み、海の恵みに山の恵み、エジプトはナイルの賜物… というわけで、恩恵とか利益といった意味があります。インターネットの恩恵に浴している今のIT時代。昔なら本屋さんに行って本を買ったり、図書館に足を運んだりと調べ物をするのも一苦労。その分、仕事なども時間がかかって当たり前だったのが、今では速くなればなっただけ忙しくなる。時間の流れをゆっくりと味わっているヒマもありません。語源は古ノルド語の bon 「嘆願」、古英語の ben 「祈り」。

 同義語  benefit, advantage, blessing, godsend, gift, grant