今日の英単語 毎日英語の言葉を一語ずつ紹介。実用度の高いものから専門的なもの、英和辞典にも載っていない俗語やおタクっぽいものまで、ちょっと変わった英単語がそろっています。


Last update December 18, 2014


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |


 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 これまでの英単語 
Page474 |  Page473 |  Page472 |  Page471 |  Page470 | 
 ページリスト 
 ページリスト
 コーナー内検索 
 こんな英単語 
  「ピー」とか「ピーピー」という音は英語でなんて言うの?見る

 姉妹サイト 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?
ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。
A Word a Day Today  
mustachio
[məst:ʃiou]

口ひげ

My grandfather used to wear a bushy mustachio and beard.
"Humm..." he said stroking his curly mustachio.

「いや、先生、お見事な口ひげでいらっしゃいますな」「ふむ」「かの○○先生も最近口ひげを生やしておられるようで」「ふん、あんな貧相なのといっしょにしてくれるな」ということで、口ひげは mustache 、そのなかでも、特にふさふさと茂っているものを言い、口も隠れるかと思われるほど大きいひげであるとか、なかには、口の両端の下にまで伸びているようなものも含まれます。口ひげのゴージャス版というわけです。アメリカ英語では、このようなヒゲのことを自転車のハンドルのような形をしていることから、 handlebar と呼ぶこともあるようです。語源はイタリア語の方言 mustaccio 「口ひげ」。


Yesterday's Word a Day  
lionize
[láiənàiz]

有名人扱いする、もてはやす

After he rescued a drowning boy, he is lionized as a hero.
Some people lionize him as the best artist in the field.

「あ!レオさま」「え?どこどこ?」「ほら、モナリザの微笑を描いたレオさまよ」「なあんだ、私はまた、Mr. Spock 役のレオさまかと…」なんてことで、もちろん、もっと新しいレオさまも含めて、有名人(セレブ)のようにもてはやすという意味の単語。俳優や芸術家、スポーツ選手など、世界的に有名な人から、「わが村のヒーロー」にいたるまで、特別な視線や扱いをすることを言います。その語源は lion 「ライオン」で、ラテン語の leo 、あるいはギリシア語の leon 。もともと「ライオン」を「捜し求めていた人」というたとえで使っていたことから「有名人扱いする」といった意味が出てきたようです。

 同義語  idolize, eulogize, aggrandize, adulate, fete


Day Before Yesterday  
insentient
[insénʃiənt]

知覚のない、生命のない

A mirror is an insentient object which simply reflects things.
The universe is consisted of sentient and insentient things.

「"壁に耳あり、障子に目あり"というのは、どういう意味ですか?」「はい、先生。壁にも耳があり、障子にも目があるから、秘密の話は人に知られやすいという意味です」「はい、そうですね」「先生!」「はい、ヒロシくん」「壁や障子は、"無生物"ですから、目も耳もありません」「では、この耳や目は何のことを言っているのですか?」「それは、目は隠しカメラ、耳は盗聴器で、人間が仕掛けます」「うむ…」ということで、意識や感覚がない、生命がないという意味の単語です。 sentient 「感覚のある」に否定の接頭辞をつけたもので、 sentient の語源は、ラテン語の sentire 「感じる」の現在分詞。