今日の英単語 毎日英語の言葉を一語ずつ紹介。実用度の高いものから専門的なもの、英和辞典にも載っていない俗語やおタクっぽいものまで、ちょっと変わった英単語がそろっています。


Last update November 23, 2014


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |


 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 これまでの英単語 
Page474 |  Page473 |  Page472 |  Page471 |  Page470 | 
 ページリスト 
 ページリスト
 コーナー内検索 
 こんな英単語 
  「ピー」とか「ピーピー」という音は英語でなんて言うの?見る

 姉妹サイト 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?
ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。
A Word a Day Today  
abridge
[əbríʤ]

(本・物語などを)要約する

He decided to abridge the book by removing the prologue of the original edition.
They abridged the constitutional rights of free speech.

「実は話せば長い話に…」 「じゃ、短いバージョンで」 など、話や本の内容、書かれたものなどを短くする、要約する、圧縮するという意味です。短くすると言っても、どこを省いてどう短くするかがポイントになるようで、お馴染み「浦島太郎」の話などを、「浦島太郎はおじいさんになったとさ」というのでは「結論」だけであまりにも味気ないものになってしまいます。また、人によって、「短い」という感覚も異なるようで、短いバージョンでって言ったのにもう1時間も話し続けていますなんてこともよくある話。語源はラテン語の abbreviare 「短くする」。

 同義語  contract, trim, clip, abstract, digest, prune, summarize, compress


Yesterday's Word a Day  
scaremonger
[skéərmŋɡər]

デマなどで世間を騒がせる人、怖がらせる人

He is a scaremonger who wants to see people frightened.
I'm not a scaremonger but you should be more careful about your health.

「知ってます?コーラを飲むと骨が溶けるんですよ」とか「あそこのハンバーガーはネズミの肉なんですって」といったうわさなどを広めて人々を必要以上に怖がらせる人という意味があります。また、デマや虚言の類ばかりではなく、「喫煙者は必ず肺がんになる」とか、「真夏の紫外線は皮膚ガンになる」など、多少根拠がありそうなことを大げさに説明してまわるような人のことも含まれます。「怖がらせる」という意味の scare と、「〜屋」といった意味の monger を組み合わせてできた言葉。その他、scandalmonger warmonger など、monger にいろいろな単語をつけることで「○○屋」といった単語が作れそうです。


Day Before Yesterday  
rung
[rʌŋ]

梯子(はしご)の段、横棒、椅子の桟(さん)

The first rung of the ladder is broken.
He rested his legs on the rung of the chair.

「梯子貸してください」 「いいですよ。ただし、二段目と三段目が壊れてありませんので、一段目から四段目まで頑張って登ってください」というのでは用をなさない梯子になってしまいます。というわけで、梯子を登るために足をかける「横棒」のことを言います。また、椅子の足と足の間に渡した「横棒」、または、自転車の車輪のスポーク(車輪の中心と縁をつなぐ細い針金のようなもの)という意味もありますが、後者の意味では、spoke の単語を使うことが多いようです。語源は古英語の hrung 「棒」。ちなみに、「この梯子は横棒はそろってますけど、右側の縦棒がありません」という梯子も使えませんが、梯子の「縦棒」は rail と言います。