今日の英単語 毎日英語の言葉を一語ずつ紹介。実用度の高いものから専門的なもの、英和辞典にも載っていない俗語やおタクっぽいものまで、ちょっと変わった英単語がそろっています。


Last update April 24, 2014


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |


 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 これまでの英単語 
Page474 |  Page473 |  Page472 |  Page471 |  Page470 | 
 ページリスト 
 ページリスト
 コーナー内検索 
 こんな英単語 
  「ピー」とか「ピーピー」という音は英語でなんて言うの?見る

 姉妹サイト 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?
ポポリンのあんた知ってた? ポポリンのあんた知ってた?   「一目ぼれ」って英語で何て言うの?その他、英語のフレーズを集めてみました。
A Word a Day Today  
fluorescent
[flɔ:résnt]

蛍光の

This illumination uses fluorescent light.
He highlighted the text using a fluorescent pen.

学生時代によく使った蛍光ペン。一番大事なところは「黄色」のマーカー、次に大事なのは「ピンク」… などとやっているうちに、テキストはマーカーだらけになって、何も線を引いていない箇所のほうがよく目立つなんてことにもなりますが、引いただけで「勉強したぞ」という感じになる楽しいペン。もちろん、蛍光灯や夜間の道路工事の標識などにも大活躍。いっそのこと、家中の壁や家具、廊下などにも蛍光塗料を塗ったりすると、夜でもよく見えますので、蛍光灯要らずで、電気代も節約(?)。てなことで、この言葉を作ったのは19世紀の数学者・物理学者である Sir George G. Stokes 


Yesterday's Word a Day  
footpad
[fútpæd]

徒歩の追いはぎ、こそ泥

He was stopped and robbed by a footpad.
A "footpad" is "a thief" who has no horse.

「新しいマウスパッドだ」「オレはこれ、足パッド」「何に使うの?」「足音を消してひと稼ぎさ」(いけませんね)というわけで、「足パッド」の他に、「追いはぎ」という意味があります。昔話などに出てくる「追いはぎ」ですが、旅行者を狙った強盗の類で、馬に乗っている「追いはぎ」は、a highwayman highway は幹線道路)と言い、それに対して、馬を持っておらず、歩いて追いはぎをやるのが a footpad 。もちろん、徒歩ですから、狙う人も歩行者ということになります。その他、足音が立たないように足パッドを履いて、よその家などに忍び込む泥棒を指すという説もあるようです。現代では、極めて頻度の低い単語です。


Day Before Yesterday  
turnout
[tr:nàut]

出席者、投票者数、生産高、待避線(所)

Due to the organizer's effort, the turnout to the event was satisfactory.
Due to bad weather condition, the turnout of the election was very low.

選挙やその他のイベントなどに出席した人の数という意味の単語。と言っても、ただ行けばいい、というのではなく、ちゃんと本来の目的を果たしていることが大切で、たとえば、お父さんのお供で投票場についてきている子供さんなどは含まれません。その他、作物などの生産高といった意味や、鉄道や自動車の待避線、待避場所という意味もあります。また、クラシックバレエで脚を外側に回すという技を指して言います。

 同義語  attendance, audience, assembly, congregation, assemblage