古英語期  (Old English)

現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/英語の歴史―古英語期 | 英語なんてタコ |
古英語期 (450〜1100)
イングランドを侵略したアングロ・サクソン人が七王国 (Heptarchy) を打ち立て、彼らが話していた言語をもとに英語の基礎が形成されます。こうして、英語の起源が出来た頃から1100年くらいまでを「古英語 (Old English) 期」と呼んでいます。

8世紀になると、今度はヴァイキング (Vikings) であるデーン人 (Danes) が侵略してきます。デーン人はゲルマン民族の一派ですが、現在のデンマーク、ノルウェー、スウェーデンから来た北欧人で、英国各地で侵略、略奪、破壊を繰り返しました。このデーン人がもたらしたのが古ノルド語 (Old Norse) と言われる言語です。

こうして侵略民のデーン人と先住民のサクソン人との戦いが続きますが、878年になるとサクソンのウェセックス (Wessex) 王アルフレッド (Alfred the Great) が勝利をおさめます。アルフレッド王は、デーン人との間に、ロンドンとチェスターを結ぶ線の東側をデーン人の領土として認めるウエドモー条約 (Treaty of Wedmore) を結び、デーン人がこれ以上侵入することを防ぎました。これらの地域はデーン人の法律にしばられることからデーン・ロー (the Danelaw) と呼ばれました。

しかし、980年になると再び侵入が始まり、デーン人が度重なる勝利をおさめ、1016年デーン人クヌート王 (Canute the Great) がイングランド王を兼ね、当地における支配を揺るぎないものにしました。しかし、平穏な時代は続きませんでした。

クヌートの結婚相手であるエマ (Emma of Normandy) は、イングランド王エゼルレッド2世 (Ethelred the Unready) の未亡人でした。1042年にエマとエゼルレッド2世との間の息子エドワード証聖王 (St. Edward the Confessor) が即位しますが、1066年に死亡。この後の後継者問題に端を発して、ノルマン人の征服 (the Norman Conquest) が起こります。

これにより、ノルマンディー公 (Duke of Normandy) ウィリアム (William the Conqueror) が、イングランド王ウィリアム1世 (William I of England) として即位しました。


ラテン語の影響

ローマ経由でキリスト教が伝わったことにより、この次期には同時に多くのラテン語がもたらされ、古英語の中に借入されました。教会に関するものをはじめとして、日常的な言葉や生物に関する用語など、その多くが近代英語にも残っています。

ラテン語からの借入語例
abbot, alms, altar, anchor, angel, apostle, ark, cancer, candle, canon, cap, cedar, cell, chest, cleric, creed, cucumber, demon, disciple, elephant, fever, font, giant, grammatical, history, hymn, idol, laurel,lily, lobster, martyr, mass, master, mat, noon, nun, offer, organ, oyster, paper, place, plant, pope, priest, prophet, purple, radish, relic, rule, sabbath, school (元はギリシア語), scorpion, shrine, sock, temple, tiger, title, verse など。


古ノルド語の影響

デーン人の居住期間が比較的長かったため、かなりのノルド語の語彙が入って来ています。とくに地名にその名残りが多く見られます。たとえば、 Derby Rugby のように、 語尾が「農場」「町」といった意味の -by で終わる地名が600個所以上もあるほか、 「村」を意味する -thorp で終わる Althorp  Linthorpe といった地名も数多くみられます。また人名にも影響が見られます。 ラストネームに JohnsonDavidsonなどがありますが、 この -son は「息子」という意味です。つまり、David の息子が  Davidson というわけです。
その他にも、日常語の多くが古ノルド語を源としています。人称代名詞なども英語固有の言葉と置き換わってしまった  they, them, their  Be 動詞  Are などがあげられます。
古ノルド語からの借入語例
are, awkward, band, bank, birth, both, brink, bull, call, clip, crawl, die, dirt, drag, dregs, egg, fellow, flat, freckle, gap, gasp, get, give, glitter, guess, harbour, hit, ill, keg, kid, knife, leg, lift, loan, low, meek, muck, odd, race, raise, reindeer, root, rugged, scare, score,scrap, seat, sister, sky, slaughter, steak, take, their, they, thrust, tight, trust, want, weak, window など。