現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/いろいろ英語用語集―英語圏の国歌 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update June 4, 2015

National Anthems

アメリカ合衆国の国歌



Last update June 5, 2015




The National Anthem of the United States of America

1812年、イギリス軍がマックヘンリー砦 (Fort McHenry) に攻めてきたときのことです。歌詞の作者である Francis Scott Key は、イギリス海軍に囚われていた地元政府役人の釈放を要求するために敵軍の船上へと向いました。役人の釈放はかなったものの、戦況が悪化し、そこで一晩拘束されてしまいます。その間にマックヘンリー砦 Fort McHenry は激しい攻撃を受けますが、あくる朝、彼が目にしたものは、砦の上に翻る星条旗だったのです。これに痛く感動した彼は思わずこの「星条旗」という詩を書き上げたのでした。ちなみに歌詞を書く際に思い浮かべていたのは "Anacreon in Heaven" (天国のアナクレオン:アナクレオンは古代ギリシアの恋愛詩人)というドリンキング・ソング(お酒を飲みながら歌う歌)で、そのメロディーに合わせて歌詞を書いたといいます。それ以後、軍関係の式典などで演奏されていましたが、1931年になって正式に「国歌」として認定されました。

下記のサイトに行くと、合衆国国歌が聴けます。
http://www.englisch-hilfen.de/en/texte/anthem_usa.htm
https://www.youtube.com/watch?v=i426pbQJZ_g


歌詞を原語で味わう

歌詞の日本語訳を読んで「なるほど」というのもいいのですが、言語が異なる限り、その言葉にこもる思いを翻訳では100%再現することは不可能です。たとえば、英語のリズムや韻を踏んでいる表現など、原語でしか味わえない部分もあります。ここはひとつ思い切って、英語で読んでみましょう。

なおご参考までに、各ブロックの下に簡単な単語帳をつけています。また、歌詞の中で文字の色を変えている部分は、韻を踏んでいる単語を表し、各ブロックにおいてそれぞれの色が対になります。

The Star Spangled Banner
『星条旗』

Oh, say! can you see by the dawn's early light
What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming;
Whose broad stripes and bright stars, through the perilous fight,
O'er the ramparts we watched were so gallantly streaming?
And the rocket's red glare, the bombs bursting in air,
Gave proof through the night that our flag was still there:
Oh, say! does that star-spangled banner yet wave
O'er the land of the free and the home of the brave?

 単語   spangled 輝く |  banner 旗 |  dawn 夜明け |  hail 歓迎する |  twilight 黄昏(たそがれ) |  gleam かすかに光る(光) |  stripe ストライプ(星条旗の縞を指す) |  perilous 危険な |  o'er = over |  rampart 城壁 |  gallant 勇敢な |  stream 流れる |  rocket のろし |  glare ぎらぎらする光 |  burst 破裂・爆発する |  proof 証明 |  wave 波打つ |  brave 勇敢な | 

On the shore, dimly seen through the mists of the deep,
Where the foe's haughty host in dread silence reposes,
What is that which the breeze, o'er the towering steep,
As it fitfully blows, half conceals, half discloses?
Now it catches the gleam of the morning's first beam,
In fully glory reflected now shines in the stream:
'Tis the star-spangled banner! Oh, long may it wave
O'er the land of the free and the home of the brave!

 単語   shore 岸 |  dim ほの暗い |  mist 霧 |  the deep 海原 |  foe 敵 |  haughty 横柄な |  host 大勢 |  dread 恐るべき |  repose 休息する |  breeze 微風 |  towering 高くそびえる |  steep 絶壁 |  fitfully 断続的な |  blow 風が吹く |  conceal 隠す |  disclose 露わにする |  beam 光線 |  'Tis = It is;| 

And where is that band who so vauntingly swore
That the havoc of war and the battle's confusion
A home and a country should leave us no more?
Their blood has washed out their foul footsteps' pollution!
No refuge could save the hireling and slave
From the terror of flight or the gloom of the grave:
And the star-spangled banner in triumph doth wave
O'er the land of the free and the home of the brave.

 単語   band 群れ |  vauntingly 誇らしげに |  swore swear 「宣誓する」の過去形 |  havoc 破壊 |  confusion 混乱 |  foul 卑劣な |  footstep 足跡 |  pollution 汚染 |  refuge 避難 |  hireling 雇われ人(イギリスが雇った傭兵) |  slave 奴隷(イギリスに拉致され兵士にされた人々を指す) |  terror 恐怖 |  flight 敗走 |  gloom 陰うつ |  grave 墓 |  triumph 勝利 |  doth = does の意味の古語 | 

Oh, thus be it ever, when freemen shall stand
Between their loved home and the war's desolation!
Blest with victory and peace, may the heav'n-rescued land
Praise the Power that hath made and preserved us a nation!
Then conquer we must, when our cause it is just,
And this be our motto: "In God is our trust":
And the star-spangled banner in triumph shall wave
O'er the land of the free and the home of the brave.

 単語   desolation 荒廃 |  blest bless 「祝福する」の過去分詞 |  heav'n = heaven |  rescue 救う |  praise 称賛する |  the Power (神の力) |  hath = has の意味の古語 |  preserve 保存・保護する |  conquer 打ち負かす |  cause (正当な)理由 |  just 正義の |  motto モットー |  trust 信頼 | 



 日本語訳  
ああ 君よ見たか 暁の初光のなか
黄昏の微光のもと 誇りとともに称えしものを
大いなる縞と輝く星 果敢にはためくさま
恐ろしき戦いのなか 城壁の上方にしかと見た
のろしの激しき赤光と 空舞う爆裂が証す
夜を通し 翻り続ける我らが旗印
星条の旗は まだ波打っているか?
自由の土地 勇者の祖国を見下ろしながら

岸から眺むれば 霧の海原ほの暗く
奢る敵軍 殺伐の沈黙に休む
そびえ立つ城塞の上 時折微風に吹かれ
半身を隠しながら たゆたうものよ
早朝の 陽ざしの弱光とらえ
全き栄光たたえ 輝きて吹き流す
これぞ星条の旗 とわに波打たんことを!
自由の土地 勇者の祖国を見下ろしながら

いずこにか輩ども 奢りて宣言す
戦の壊滅と動乱のさなか
我らが故郷と祖国が失われるなどと
その卑しき汚跡は 己が血に洗い流れたり
あさましき雇い人も 囚われの奴隷たちも
敗走の恐れと 墓穴の陰うつより避難ならず
いまぞ星条の旗 勝利をたたえ 波打つ
自由の土地 勇者の祖国を見下ろしながら

ああ かくして 自由の民は立ち上がる!
戦の荒廃のなか 故郷を愛する心もち
勝利と平和の恵みあれ 天が救いし国よ
我らの祖国を創り 守りたまいしみ力
勝利すべし 正義の由あればこそ
「我らが信は神にあり」を信条とせん
いまぞ星条の旗 勝利をたたえ 波打つ
自由の土地 勇者の祖国を見下ろしながら

(翻訳:「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ

参考サイト
下記は日本語訳の際に参考にした英語サイトです。

http://www.american-historama.org/1801-1828-evolution/star-spangled-banner-lyrics.htm



 サイト内コンテンツ 

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!


英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。




 戻る