今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
File No. 1870   ▲Page top
deluge
[delju:ʤ]

大量のもの、大洪水、豪雨

With his mail address exposed, he began to have a deluge of spam.
The storm caused a deluge of rain and trouble on the region.

台風やハリケーンがもたらす豪雨や洪水。通常、「洪水」というときは flood を使いますが、deluge のほうは、降ったり、押し寄せたりする水の量が莫大なものといった意味合いがあります。また、the Deluge と大文字で使うと、「ノアの箱舟」に出てくる「洪水」のこと。その他、水だけでなく、a deluge of ... で、大量のいろんなものを表現するときに使います。とは言え、「口座のお金がどんどん増えていくぞ!」「現金書留も次々と来ています!」「ポチも金貨をざくざくと掘っています!」(?)など、多すぎるのも困るかと言うと、モノによってはそうでもないようで、でも、場合によっては怖いかも。語源はラテン語の diluere 「洗い流す」。

 同義語  alluvion, cataclysm, cataract, downpour, flood, freshet, inundation, overflow, torrent




File No. 1869   ▲Page top
chauffeur
[ʃoʊfə:(r)/ʃfə]

おかかえ運転手(を勤める)、おかかえ運転手として運ぶ

He chauffeured the VIP guests to notable seeing spots in the city.
Jim has been working as a chauffeur for a company CEO.

「息子や、ちょっと病院まで送っとくれ」という場合は、たまたま運転するというだけで、職業ではありません。また、不特定多数のお客さんを運ぶ taxi driver や、競技に出場する race driver でもなく、お金持ちの人や組織の偉い人などに雇われている「自分専用」の運転手のことで、特定の人だけを運ぶことが職務。したがって、いつも「ケルソン家」じゃ飽きるので、たまには「ギャルソン家」にしようとか、「奥さま、シートベルトを。それ!」「あ〜れ〜っ!スミスや、ヘアピンカーブよ〜っ!」などというのでは勤まりません。語源は古フランス語の chaufer 「こすって熱を出す人」(蒸気エンジンを運転する人)。





File No. 1868   ▲Page top
peignoir
[peɪnwɑ:(r)]

ネグリジェ、ドレスガウン、化粧着

A peignoir is a long outer garment for women worn after a bath.
She put on a pink peignoir and looked into the mirror.

その昔、タブーという音楽に乗って、赤いネグリジェを着たオヤジさんが「ちょっとだけよ〜」なんていうお笑いコントがありましたが、やっぱりオジサンが着るのはタブーでしょう。ということで、女性用のゆったりしたドレスガウンのこと。シフォンなどの軽くて薄い、透き通った素材でできており、お風呂あがりなどに着用。下着とのセットで販売されることも多いようです。いわゆるネグリジェ (negligee) も夜間着ですが、丈の長いものを指し、ミニのタイプは babydoll というなど、いろんな種類があるようです。語源はフランス語で、髪を櫛(くし)で梳(と)かすときに着るものという意味で、ラテン語の pectinare 「髪を梳かす」から。





File No. 1867   ▲Page top
footpad
[fʊtpæd]

徒歩の追いはぎ、こそ泥

He was stopped and robbed by a footpad.
A "footpad" is "a thief" who has no horse.

「新しいマウスパッドだ」「オレはこれ、足パッド」「何に使うの?」「足音を消してひと稼ぎさ」(いけませんね)というわけで、「足パッド」の他に、「追いはぎ」という意味があります。昔話などに出てくる「追いはぎ」ですが、旅行者を狙った強盗の類で、馬に乗っている「追いはぎ」は、a highwayman highway は幹線道路)と言い、それに対して、馬を持っておらず、歩いて追いはぎをやるのが a footpad 。もちろん、徒歩ですから、狙う人も歩行者ということになります。その他、足音が立たないように足パッドを履いて、よその家などに忍び込む泥棒を指すという説もあるようです。現代では、極めて頻度の低い単語です。





File No. 1866   ▲Page top
sedulous
[seʤələs/-djʊ-]

熱心で忍耐力がある、念入りな

She is sedulous in whatever she does: cooking, cleaning, and raising her children.
Only sedulous readers can finish this book.

うだるような暑い夏に元気なのがセミ。「今日は暑いし、鳴くのやめないか」「そうだな、人間にはうるさいって言われるし、バカバカしくなっちゃったよ」というのではなく、まじめで勤勉な様子を言います。「昨日はやる気十分だったんだけど、今日はなんとなく…」といった熱しやすく冷めやすいタイプでもなく、忍耐を持って努力を続けるというところがポイント。また、「こんなもんでいいや、手抜きしよう」といった中途半端でもなく、徹底して行うというニュアンスもあります。語源はラテン語の sedulus で、se- 「〜が無い」+  dolus 「ごまかし」でできた語。何事においても、「本物」になるには徹底した努力の継続が必要なようです。

 同義語  persevering, diligent




 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page373 |  Page372 |  Page371 |  Page370 |  Page369 |  Page368 |  Page367 |  Page366 |  Page365 |  Page364 | 

 サイト内コンテンツ 

英語の擬態語 英語の擬態語   「にこにこ」、「おろおろ」、「そわそわ」など、日本語の擬態語、擬声語を英語でどう表現すればいいのか?

  ビジネス英語用語集
英語で自分のビジネスを紹介する、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき役に立つビジネス英語用語集です。


英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

英語と米語の違い イギリス英語とアメリカ英語の違い   代表的なイギリス英語とアメリカ英語の語彙の違いとスペルの違いをリストアップしたコーナーです。

企業の英文スローガン 企業の英文スローガン   企業のモットーやブランドイメージを短いフレーズに凝縮した企業スローガン。英文の企業スローガンを集めたコーナーです。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!






▲Page top