英単語のアナトミー


Last update December 8, 2014




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/英単語のアナトミー | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
               

Last update December 8, 2014




英単語を使いこなすための戦略

適当に日常会話だけで英語を使っていればいいという場合はともかく、仕事やそれ以外の場においても、英語で資料を作成したり、複雑な話題について英語で議論するなど、英語でのコミュニケーションは今後ますます増えてくるでしょう。そんなときに大事なのが、言葉の選び方です。

「何となく通じればいい」という人は、適当に単語を選んで、表現に取り込んで終わりですが(それはその人の好みということで云々するわけではありません)、英語圏の人と互角に(少なくともよりそれに近いレベルで)勝負したい!という気概のある人は適当に流してしまうわけにはいきません。表現に対するこだわりが必要になってきます。

ここでは、稚拙な英語表現ではなく、きちんとした大人の英語で正確なコミュニケーションを図るためにも、いかに難しい英単語をモノにし、使いこなすかというテクニックをご紹介したいと思います。大きく3つの戦略があります。まず、第1の戦略です。

戦略 1. 英和辞典からの独立宣言

日本語の情報や資料を英語で提供する(あるいはその逆もあります)場合は、翻訳作業が基本になります。そこで、欠かせないのが辞書ですが、英和辞典や和英辞典の訳語にとらわれないことが大切です。

英和・和英辞典を全く使用するなということではありません。概念はわかっているが適切な日本語が見つからないという場合には、日本語表現の参考になります。しかし、英単語の意味をつかむときには、英和辞典ではなく英英辞典を使うことです。英和辞典の説明には、英英辞典の説明をそのまま日本語に翻訳していることも多々あります。しかし、英語の単語と日本との単語は1対1で対応しないため(どの言語同士でもある程度そうですが)、翻訳の段階で、すでにニュアンスが微妙に変わったり、表現しきれない部分が出てくるのです。この「微妙さ」は表現にこだわる者としてはおろそかにすることはできません。微妙さこそがこだわりでもあるからです。

また、表現の初心者の方には、辞書に載っている訳語そのものに捉われてしまう傾向があります。受験勉強のときに英単語の丸暗記なんてことをした経験もあるかと思いますが、たとえば、「provide:(人に〜を)提供する(for)、(人に〜を)供給する(with)」などという表記をそのまま覚えても意味がないと思うのです。

英語から日本語へ翻訳する場合など、アタマのカタイ人になると、この単語が出てきたら必ず辞書に載っている訳語を当てなければ間違いだと思ってしまうかもしれません。なおかつ、前置詞 for を使うときは必ず「提供する」になり、with なら必ず「供給する」という意味にしなければならないと理解してしまう可能性もあります。「お届けします」とか「入手できます」といった表現は間違いということになってしまいます。辞書の訳語は、最大公約数的な近似値や表現の代表例でしかありません。そこに捉われてしまうと、単語の本質的な意味をつかむことができなくなってしまうのです。

ですから、基本的に、英単語の意味を調べる場合は英英辞典を使うようにしたいものです。当然ですが、英英辞典の意味の説明は英語ですので、ある程度語彙力がなければ読めません。全くの初心者の方には無理だと思いますが、ある程度学習を重ねている方はぜひ、英英辞典をご使用ください。その説明文のなかにもわからない英単語が出てくることもありますが、そのときは、またその単語を英英辞典で調べればいいわけです。

ではさっそく英英辞典を購入しなければ などとムダなお金を使う必要もありません。インターネットには無料のオンライン辞書がありますので、フルに活用することです。また、英英辞典の説明文のわからない単語を調べるという場合にも、コピペできるインターネット環境が望ましいと思います。紙ベースの辞書や電子辞書でもかまいませんが、編纂して出版に至るまで長い期間が必要ですので、その間に新しい言葉がどんどん増えていきます。その点、更新がしやすいネット環境の辞書には、新しい単語や用法がいち早く反映されるというメリットもあります。

以下、代表的なオンライン英英辞典へのリンクです。

  http://www.merriam-webster.com/dictionary/
  http://www.oxforddictionaries.com/definition/english/
  http://www.thefreedictionary.com/

まだまだ他にもありますので、検索して自分に一番合ったものを見つけるのもいいですね。ちなみに、辞書サイトを検索するには、Google などで適当な英単語と「definition」という単語を組み合わせて検索します(meaning ではなく definition を使います)。仮に provide という単語なら「provide definition」とキーワードを入力して検索します。すると、その意味を(英語で)紹介したいろんなオンライン辞書が検索結果として返ってきますので、ぜひお試しください。

次ページへ続く





 姉妹サイト 

翻訳なんて、誰がやっても同じだと思っていませんか? 人によって文章が違うように、翻訳表現にも違いがあります。
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ

 サイト内コンテンツ 
英語の接頭辞 英語の接頭辞   英単語を構成する接頭辞・連結形を集めたコーナーです。接頭辞・連結形リストはここから。

英語の接尾辞 英語の接尾辞   英単語を構成する接尾辞・連結形を集めたコーナーです。接尾辞・連結形リストはここから。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。

企業の英文スローガン 企業の英文スローガン   企業のモットーやブランドイメージを短いフレーズに凝縮した企業スローガン。英文の企業スローガンを集めたコーナーです。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語。ただ単に文章を書いたり、翻訳しただけでは「OK」と言えないプロモーションの英語を取り上げたコーナーです。

英語と米語の違い イギリス英語とアメリカ英語の違い   代表的なイギリス英語とアメリカ英語の語彙の違いとスペルの違いをリストアップしたコーナーです。

中国語漢字対比表 中国語漢字対比表   中国の漢字を日本語読みしているのは日本人だけ。英語で表現するときは、きちんと中国読みに直したいもの。漢字の中国語読みリストです