現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/いろいろ英語用語集―色彩英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
             

Last update September 9, 2015

IT Glossary

英語からそのままカタカナ用語になって、どんどん入ってくる IT 用語。「デーモン」って悪魔?と思ったら、実は役に立つことをしてくれるプログラムだったりします。なんでも、普段は眠っていて、何かイベント(要求発生)が起きると目を覚まし、処理をしてくれるのだとか…。ということで、 IT 用語を集めたコーナーです。



Last update September 9, 2015

 英数   あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行   わ行   参考 

                       

日本語 英語 解説
 英数   To Top
COM (コム)ファイル COM file command(命令)を語源とする最も単純な実行可能ファイル形式の一つで、コマンドやデータをテキスト形式で持つ。拡張子は「.COM」。
EXE (エグゼ)ファイル EXE file executable file の意味で実行可能ファイル形式の一つ。画像や音声などのバイナリデータを持つことが可能。拡張子は「.exe」。
FDDI ケーブル FDDI cable 光ファイバケーブルのことで、石英やプラスチックを成分とする線に、データを光パルス信号に変換して伝送。エネルギーは電磁波ではなく、光を用いるため、ノイズに強く、電磁誘導の影響対策に効果的。低損失で広帯域、大容量で遠距離通信に適している。トポロジーはリング型で、アクセス制御方式はトークンリング方式。
INF ファイル INF file Windows パソコンにおいてソフトウェアやドライバをインストールするときに使われるセットアップ情報を格納したプレーンテキストのファイル。
INIファイル INI file 主に Windows で使用される標準的な設定ファイル。INI とは initialization の略。
IP アドレス IP address 世界中のコンピュータがつながっているインターネットの世界ではそれぞれのパソコンに他のパソコンと区別するための識別番号が割当てられている。これをIPアドレスという。(接続している間は)同じアドレスは存在しない。全体で32ビットで構成され、どのネットワークに属するかの「ネットワーク部」とネットワークのなかのどのコンピュータかを表す「ホスト部」から構成。
LAN ケーブル LAN cable 10BASE-5 などと呼ばれるケーブルのことで LAN をつなぐときに使用される。最初の数字の「10」は伝送速度が「10MB/秒」、BASE はデータの伝送方法がベースバンドであること、最後の「5」はケーブルの最大長が500m。これが「2」なら200m、「T」ならツイストペアを意味する。
LINKLOCAL アドレス linklocal address DHCP サーバーが無い場合で、ネットワークの設定を「IP アドレスを自動取得」にした場合、ランダムに割当てられるアドレスで「169.254.XXX.XXX」が割当てられる。XXX には任意の数字が入る。インターネットなどの外部と接続しないネットワークで利用できるアドレスとして定義されている。
Linux Linux Linus Torvalds (リーナス・トーバルズ)開発による Linux カーネルを用いたオペレーティングシステムで、Unix ライクなシステムである。
Linux ディストリビューション Linux Linux を一般利用者が導入・利用できる形にパッケージしたもの。
MAC アドレス (マックアドレス) Media Access Control Address ネットワーク上でLAN カードなどの各ノードを識別するために設定されている一意の物理アドレス。
Microsoft Update Microsoft Update マイクロソフトが提供する Windows、Microsoft Office などのソフトウェア、およびデバイスドライバのダウンロードと更新を行うためのウェブサイトである。主にセキュリティ更新やバグ修正等が行われる。
OS Operating System (OS) コンピュータを動かすためのソフトウェア。コンピュータシステムのハードウェアやソフトウェアを管理し、プログラムに応じて決まった動作をさせる。
PC カード PC Card カード型の周辺機器。
ping ping 特定の IP アドレスが存在し、要求を受け取れるかどうかを確認するためのプログラム。ICMP というプロトコルを使って echo request を相手先に投げ、相手から echo reply が返ってくることで確認を行う。
PnP (ピーエヌピー) Plug & Play プラグ&プレイに同じ。
Readme (リードミー) ファイル Readme File 「私を読んで」という名前が示すとおり、読んでほしい、ソフトウェアの注意書きなどが書かれたファイル。
RS-232C Recommended Standard-232C パソコンと周辺機器とのシリアルインターフェイス規格。パソコン背面のシリアルコネクタにモデムや TA などを接続できる。
RS-232C ケーブル RS-232C cable パソコン通信などで、通信を行う機器と伝送を行う機器をつなぐケーブル。
SCSI ケーブル SCSI cable スキャナや外付け HD/CD-R をつなぐケーブル。最近ではほとんど使われない。
Ubuntu Ubuntu ウブントゥ。誰にでも使いやすい最新かつ安定した OS をめざして開発された Linux をベースとした OS。
Unix Unix 1970年代に Bell Labs (ベル研究所)にて開発された AT&T Unix から派生した OS。最もわかりやすい Windows との違いは、マルチユーザーを前提としていること、GUI を使わないことなどが挙げられる。
USB USB (Universal Serial Bus) コンピュータに周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つで、現在最も普及している汎用インターフェース規格。
USB ポート USB port USB 規格を使って機器を接続するためのポート。
USB ケーブル USB cable USB ポートに機器を接続するためのケーブル。
Unix 系(ユニックスライク) Unix-like Unix に類似した振る舞いをする OS
Visual Basic Visual Basic (VB) マイクロソフトが1990年代に開発していたプログラミング言語およびその処理系のことで、さまざまな種類のアプリケーション開発に用いられる。
XML パーサ XML parser 構文解析を行うプログラムのことで、XML 文書の構造が正しく記述されているかを解析、その結果を表示するプログラム。
Wi-Fi Wi-Fi (Wireless Fidelity) 無線 LAN とほぼ同義語で使われるが、厳密には Wi-Fi アライアンスが標準規格である「IEEE802.11 シリーズ」に接続できることを認証したものに対して使われる。
Wi-Fi アライアンス Wi-Fi Alliance 無線 LAN 製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体。Wi-Fi 製品の認証を行う。
Windows Installer Windows Installer Windows のパソコンにおいて、ソフトウェアのインストール、メンテナンス、アンインストールを行うときに使うソフトウェア。



 あ行   To Top
アーキテクチャ architecture コンピュータを動かすためのハードウェアやソフトウェアからなる全体的なシステム設計。
アカウント account ネットワーク上の資源を利用するために必要となるユーザー ID
圧縮 compression  
アップルトーク Apple Talk Apple の Macintosh の標準ネットワークプロトコル。Macintosh 同士のネットワークに使われる。
アップロード upload インターネットやパソコン通信などの通信手段を使って、相手にデータを送ること。ダウンロードの逆。
アドホックモード ad-hoc mode LAN において、無線 LAN 同士で、アクセスポイントを経由せずに直接データの伝送を行うこと。(対 infrastructure mode)
アンインストール uninstall いったんパソコンに入れたソフトウェアやプログラムを削除すること。インストールと逆の作業。インストールの逆。
イーサネット ethernet ケーブルの種類や接続時の伝送速度、伝送方式などを含んだ規格のことで、LAN の標準。ケーブルの種類によって 10BASE-5、10BASE-2、10BASE-T などがある。ケーブルの違いがそのまま接続形態の違いになる。名前の由来は、Ether(エーテル)という宇宙に存在する電磁波や光を伝搬すると考えられていた物質から。
イントラネット intranet 組織内のネットワークのこと。
インフラストラクチャモード infrastructure mode LAN において、アクセスポイントを経由してデータの伝送を行う方法。(対 ad-hoc mode)
ウィザード wizard 画面の指示に従って順番にインストールなどの作業を進めていくしくみ。順番にやっていくと確実に作業を完了できる。
エクストラネット extranet インターネット接続を使って、離れたところにある別々のネットワークを LAN として扱う概念。
オブジェクト指向 object-oriented データと処理の方法を一本化(カプセル化)するというのが基本的な考え方で、たとえば、上司が部下にある仕事(データ)を依頼したときに、その部下が自分の方法で処理する。このように、部下が処理方法を内在しているので、そのまま仕事(データ)を処理してしまうという状態をいう。
オープンソースソフトウェア open-source software (OSS) 著作権保持者がソースコードを公開し、複数の利用者が共同で開発に参加しようという考えに基づいたソフトウェア。




 戻る     次頁へ