今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 2330   ▲Page top
vertiginous
[və:(r)tɪʤɪnəs]

(高所などで)目まいを起こさせる、旋回する、(変化などが)目まぐるしい

Looking down through the window on the top story, I felt vertiginous.
Walking through the mirror room was indeed an vertiginous experience.

目まぐるしく変化する社会情勢。というわけで、「変化に対応するメンタル力をつける、フィットネスクラブ、"ぐるぐる"です」(架空)「無料体験したいんですけど…」「では、トレーニングルームにご案内します」「うわー、このエレベーター、全面ガラス張り… ぐんぐん上がっていきますね」(ぐんぐん)「しかも、時速100キロです」(ぐんぐん)「ああ〜っ、目まいが… あの、すいません、このビルの最上階の100階をもう越えてますけど…」「お部屋は超・最上階です」(ぐんぐん)「あれ〜っ…」てなことで、語源はラテン語の vertigo 「旋回」。

 同義語  dizzy, giddy, lightheaded, reeling, woozy




 File No. 2329   ▲Page top
topknot
[tɑpnat/tɔpnɔt]

冠毛、(髪の)束、まげ、頭に飾る蝶結びリボン

She was banding her hair to make a topknot on the top of the head.
The bird has a gray breast, dark gray wings and a white topknot.

高い場所にあるだけに目立つのが頭部のおしゃれ。女性なら「おだんご」を作ったり、リボンをつけて楽しめます。男性も、昔は聖徳太子のように両側輪っか風にしたり、江戸時代のちょんまげもそうですが、それが、現代になるとごくシンプル。てなわけで、「みなさん、もっと頭部のおしゃれを楽しみましょう」ということで、「今日の社長、ピンクのリボンだよ」とか、「オレって案外、似合うんだよな、お姫さまスタイル」、あるいは、「いいですね、そのタトゥー」「うん、髪の毛の残っている人にはできないからねえ」など、けっこう楽しいかも(?)。





 File No. 2328   ▲Page top
crow's-feet
[krzfi:t]

カラスの足跡(目じりのシワ)

She tries a variety of methods to tackle her crow's-feet.
Crow's-feet are wrinkles at the outer corner of the eye.

「カーカー、今日も足跡つけに行こうカア」「あ、いいカーもね!」「今日は誰にしようカー」「やっぱ、いつもオレたちを追い払うあの意地悪カーさんにしようぜ」「でも、昨日もそうだったぜ」「ま、いいってことよ、それ!」(バタバタ… 足跡フミフミ)なんてことで、「ぎゃ!朝起きたらまた増えてる、カラスの足跡…」「ほんとだ。しかも、今日はクマまで…」というわけで、物理的なカラスの足というのではなく、目じりにできるシワのこと。複数形で使います。その他、3つの点を結んで三角形を作る刺繍のスティッチ (a crow's foot) という意味でも使われます。





 File No. 2327   ▲Page top
wassail
[wasəl]

乾杯(のあいさつ)、乾杯する、酒宴(に参加する)

They are planning to host a wassail party on the next holiday.
Usually spiced ale or mulled wine was drunk at a Christmas wassail.

クリスマスシーズンなどに行われるパーティのことで、暖めたワインやパンチという飲み物を飲むのが習慣だとか。忘年会に似てなくもないですが、もともとは、「お互いの健康を願って乾杯」といった意味があるようです。とは言え、「健康のために乾杯!」「脱メタボをめざして乾杯!」「もひとつおまけに乾杯…」などとやっているうちに、「検診結果、よくないですね。飲み過ぎじゃないですか」なんてことに…。また、そういった乾杯のあいさつといった意味でも使います。語源は中世英語の wæs hæil (=be healthy) 「どうぞ健康で」。





 File No. 2326   ▲Page top
hide-and-seek
[hdənsi:k]

かくれんぼ

Children are playing hide-and-seek outside.
Hide-and-seek is a children's game in which one or more players search for the others hiding.

子供の遊びと言えばかくれんぼ。国によってバリエーションがあるようですが、基本的に変わらないのが二人以上でなければ遊べないこと。「もういいかい?もういいよ〜。どこかな… あ、めっけ!」など、ひとり二役かくれんぼというのもちょっと寂しい。また、隠れる人と捜す人がいるというのも万国共通で、「もう隠れてから3時間、誰も探しに来てくれない」というのも意味がありません。ちなみに、日本語の「鬼」は英語では「It」。また、海外では複数の「鬼」が探すという遊び方もあります。hide-and-go-seek とも呼びます。




 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page465 |  Page464 |  Page463 |  Page462 |  Page461 |  Page460 |  Page459 |  Page458 |  Page457 |  Page456 | 

 サイト内コンテンツ 

英語の擬態語 英語の擬態語   「にこにこ」、「おろおろ」、「そわそわ」など、日本語の擬態語、擬声語を英語でどう表現すればいいのか?

  ビジネス英語用語集
英語で自分のビジネスを紹介する、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき役に立つビジネス英語用語集です。


英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

英語の句読点 英語の句読点   押さえてますか?英語の句読点の使い方。英語メールや英語の資料作成など、句読点もライティングの一部です。

広告・販促の英語 広告・販促の英語   文法的には飛んでいるが、強いインパクトを持つ広告やカタログなどのコマーシャル・コミュニケーションの英語を取り上げたコーナーです。

英語と米語の違い イギリス英語とアメリカ英語の違い   代表的なイギリス英語とアメリカ英語の語彙の違いとスペルの違いをリストアップしたコーナーです。

企業の英文スローガン 企業の英文スローガン   企業のモットーやブランドイメージを短いフレーズに凝縮した企業スローガン。英文の企業スローガンを集めたコーナーです。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!






▲Page top