英語になった日本語 英語から日本語になったカタカナ言葉はいろいろありますが、逆に日本語から英語になった言葉はあるの?そんな日本をルーツとする単語を集めています。






Last update July 1, 2016


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ/英語になった日本語
             

Last update July 1, 2016


タコ:いやあ〜、久しぶりっスね、このコーナーも。
ヒジヤン:あ、まだ続ける気なんだ。そろそろ閉鎖かな〜なんて思ってたけど。
タコ:もう、ダメっスよ、ヒジヤンさん。まだまだこれからっスよ。
ヒジヤン:ええーっ、もうネタがないじゃん。
タコ:いやあ、世の中まだまだ言葉はある、言葉はどんどん変化するっス。そのうちメガコーナーになるかもっス。
ヒジヤン:あり得ないよ。
タコ:将来はボクの二世が誕生して引き継いで行くっス。
ヒジヤン:へえーっ、タコくん、やる気満々だね。
タコ:そんなことより、ヒジヤンさん、今日の英語になった日本語は何ですか?
ヒジヤン:実はまだ考えてなかったんだけど、今思いついたよ。コレ、「二世」で行きましょう。
タコ:イージーっスね、ほんと。

 JPE014  Nisei



ヒジヤン:ところで、デザイナーの「○○イッセイ」」の子供は「○○ニセイ」かなあ。
タコ:なるほど、わかりやすいっスよね。孫は「サンセイ」でひ孫は「ヨンセイ」…
ヒジヤン:百代目は「ヒャクセイ」か、わかりやすいな〜。
タコ:で、千代目は何かって言うと「センセイ!」。
ヒジヤン:うあっ、いいなー、生まれたときから「センセイ、センセイ」って呼ばれるんだぜ。Yes, Sensei! なんちゃって…
モモコ:そんなことより説明を始めます!英語の辞書によると、niseiJapanese, literally, second generation, from ni second + sei generation、つまり「日本語から来た言葉で、文字通りの意味は第二世代。ni は二番目、sei は世代の意味」、そして a son or daughter of Japanese immigrants who is born and educated in America and especially in the U.S. 「日本人移民の息子あるいは娘のことでアメリカ、特に合衆国で生まれ教育を受けた人」と書かれています。
タコ:ふ〜ん。アメリカで生まれて教育を受けることが大事なんっスね。
モモコ:「生まれ育った」っていう意味あいだと思うわ。
ヒジヤン:だって、アメリカで生まれて日本で教育を受けた人は「二世」じゃないっていうこと?
タコ:じゃあ、アメリカで生まれてヨーロッパで教育を受けた人は?
ヒジヤン:アフリカや中国、シベリアとかで教育を受けた人はどうなるのかなあ…
タコ:北極とか南極で教育を受けた人は?
ヒジヤン:それに、「とくに合衆国で」っていうのが気になるな。じゃあ南米のブラジルとかの「二世」は例外ってわけなの?
タコ:ペルーにいる日本ダコの子供は「二世」じゃないんっスか?
ヒジヤン:そうだそうだ。ブラジルにいる秋田犬の子供は「二世」じゃないのか!
モモコ:もう、話をややこしくしないでちょうだい。要は辞書の定義の問題なんだから。別の辞書を見てみると、A person born in America of parents who emigrated from Japan. 「日本から移住してきた両親を持つアメリカで生まれた人」って書かれてるわ。
ヒジヤン:「アメリカ」ってのはどこまで含まれるのかなあ。ブラジルはアメリカ?ま、ブラジルとかペルーは南のアメリカだよなー。
タコ:じゃあ、イギリスで生まれたら「二世」じゃないんっスか?
ヒジヤン:そうだそうだ。オーストラリアやニュージーランドは?
モモコ:… 今日はこれで終わります。





 サイト内コンテンツ 

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。



英語の発音 英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?



世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。