英語になった日本語 英語から日本語になったカタカナ言葉はいろいろありますが、逆に日本語から英語になった言葉はあるの?そんな日本をルーツとする単語を集めています。






Last update June 30, 2016


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ/英語になった日本語
             

Last update June 30, 2016


ヒジヤン:タコくん、日本はどんな国?って聞かれたらどう答える?
タコ:うーん…。四方を海に囲まれた美しい島国ってとこですかね。
ヒジヤン:「美しい国」っていうのがマジメでいいよね。どんな国でもさあ、美しい国って言うじゃない?
タコ:ええ… まあ、そりゃそうっスけどね。
ヒジヤン:だって、「美しい国」って言わないと、誰も観光に来てくれないし。でも、うちは汚い国ですので、来ていただいても何も見るところはありません、とか言われたらかえって行ってみたくなったりして。
タコ:裏を読むわけですね。
ヒジヤン:まあ、どこの国にもそれぞれの自然があって…
タコ:あのー、ヒジヤンさん、一体何が言いたいんスか?

 JPE005  Tsunami



タコ:ああ、なるほど。日本と言えば地震。地震と言えば「津波」っていうわけですね。
ヒジヤン:もひとつ、「火山の噴火」ってのもあるけどね。これにも「津波」がついてくるらしい。
タコ:ほんとに、イヤですねえ。地震も噴火も津波も。なんとかならないっスかねえ。
ヒジヤン:地球もストレスたまりすぎなんだよな。「地球にやさしく」とか言いながらやってることは変わらないしね。
タコ:う〜ん、じゃ、どうしたらいいんスか?
ヒジヤン:世界が一斉に働くことをやめてパヤパヤするってのはどうかな?電気も使わない、エネルギーも使わない。♪パヤパ、パ、パ…
モモコ:そういうコーナーじゃないでしょ、マジメにやんなさい。
タコ:あ、そうっスよね、モモコ先生。
ヒジヤン:でも、日本って住みにくいよな。どうせなら、地震も火山の噴火も無くて、竜巻や台風も無い島にでも行きたいな。そんでもって、会社とか仕事も無くって…
モモコ:…説明を続けます!英語の辞書によると、tsunamia great sea wave produced by submarine earth movement or volcanic eruption、つまり「海中の地形の動きや火山の噴火によって引き起こされる大きな波」ということで、Japanese, from tsu (harbor) + nami (wave)、日本語の「tsu」(港)と「nami」(波)という言葉がひとつになって出来たというふうに書かれています。
タコ:ふーん。複数形はどうなるんですか?
モモコ:単純に s をつけて tsunamis。しかも、tsunamic 「津波のような」っていう形容詞もあるのよ。
ヒジヤン:なんか、「ダイナミック」と似てるな。ダイナミックとツナミックとどっちが激しいかな?
タコ:うーん、それって、ダイナマイトと津波とどっちが激しいかっていうようなもんスね。
ヒジヤン:そうだね。タコくん、どっちもイヤだね。どっちもないところに行きたいよね。
タコ:え?またその話ですか?
ヒジヤン:♪パヤパ、パ、パ…
モモコ:これで終わります。





 サイト内コンテンツ 

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。



英語の発音 英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?



世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。