今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 405   ▲Page top
jar
[ʤɑ:(r)]

きしる、ガタガタ揺れる、食い違う、不快感を与える

The cat jarred the vase with its paws.
The ring of the phone jarred me from a sound sleep.
Her words jarred him into action.

電気代がお得な炊飯ジャーというだけでなく、何かが軋(きし)んだり、ガタガタ揺れたり、不愉快な音をたてるという意味があります。必ずしもこんな音、という決まったものはありません。また、神経に障る、不愉快な気持にさせるという意味もあり、この場合、音だけに限らず、光景や言葉などいろんなものを対象にして使われます。また、昨日の言葉と同じような、衝撃などを与えて何かをさせる、という意味でも使われます。語源は、たぶん擬音語として使われたのがルーツだと言われています。

 同義語  grind, rattle, nettle, jog, jostle, jolt, rock




 File No. 404   ▲Page top
jolt
[ʤoʊlt]

激しく揺さぶる、ショックを与える、突き動かす

He stiffened, as if jolted with electricity.
The alarm clock jolted him out of his slumber.

穏やかな昼下がり、ほどよくクーラーも効いていて思わずこっくり、こっくり。そこへいきなり、上司の咳払い。故意なのか、偶然なのか分からないが、一気に眠りから覚めてしまったとか、それまでむずかしい顔をして資料を読んでいた同僚が、「あ!そうか!」と叫んだと思うといきなり上着をつかんで外に飛び出して行った、残業で精魂尽きて歩く夜道、暗がりからいきなり「ウワン!」と吠える犬の声に心臓が止まるかと思ったといった、何らかの刺激や衝撃を受けて反応したり、行動したりする様子を表します。特に、暗がりの犬の吠え声には困ります。

 同義語  jerk, jar, shove, jog, jostle, stun, startle





 File No. 403   ▲Page top
slog
[slɑɡ/slɔɡ]

苦労して歩く・働く、強打する、強打、骨折り仕事

It was a very hard slog against strong cross-winds and continuous sleet and snow.
Students slog through swamp to study nature.

「ファイトいっぱーつ!」なんて言いながら、岩をよじ登る、川を下る、滝を登る(?)といった極限状態へのチャレンジ。元気が出るドリンク剤なら、なぜ最初に飲んでおかないのかな、という単純な疑問が湧いてくるCMですが、映画でもなんでも、ヒーローがカンタンに悪者を退治してしまいました、では面白くないので、必ずこういった「苦労する」シチュエーションが含まれています。現実もしかり、困難な部分もないとつまらないもの。ということで、困難な状況のなかを苦労して進むといった意味で使われます。強く打つという意味もあります。

 同義語  work, labour, toil, slave, plod, trudge, tramp, persevere





 File No. 402   ▲Page top
allegiance
[əli:ʤəns]

忠誠、信義

He wants his employees to show allegiance to management.
They had no choice but to offer allegiance to other local clan chiefs.

国家、地域社会、会社、統治者といった自分が所属している対象や、その場所において自分より地位が上の人などに表す「忠誠」という意味で使われます。ただ単に忠実にまことを尽くすだけでなく、封建時代の主従の関係のように、主が従者を庇護するかわりに、従者が主に忠誠を表すといったギブ・アンド・テイクにおける「義務」としての忠誠、つまり、受ける恩恵に対するリターンともいえるでしょう。つまり、「こんな会社に忠誠を誓いたくない」といった好き嫌いで選択の余地があるものではなく、これによって全体の秩序が保たれるわけです。語源は古フランス語の ligeance 「主に対する忠誠」。

 同義語  loyalty, duty, obligation, fidelity, homage, obedience





 File No. 401   ▲Page top
headlong
[hedlɔ(:)ŋ]

頭から先に、真っ逆さまに、後先考えずに、慌てて

They plunge headlong into the water to catch small fish.
I fell headlong hitting and splitting my forehead on the sharp edge of the large box.

あの人の頭は私より長いです、というのではなく、頭の短い人も、長い人も、転ぶときは要注意。寒い冬の日、コートのポケット奥深く両手を突っ込んで歩いていたら、駅の階段を踏み外し、ああっ!落ちる、落ちるぞ!と思うヒマもなく、いざというときに両手がポケットから出てこない、とうとう頭から真っ逆さまに階段を転げ落ち、大怪我をしてしまったなどということもよくある話。というわけで、「頭から先に」という意味の副詞・形容詞としても使います。また、失敗をするときは、あまり深く考えずに決めてしまったり、行動におよぶことも原因ですが、「後先考えずに」「浅はかな考えで」という意味でも使います。

 同義語  headfirst, foolhardy, hasty, ill-considered, impetuous




 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page80 |  Page79 |  Page78 |  Page77 |  Page76 |  Page75 |  Page74 |  Page73 |  Page72 |  Page71 | 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   日本で見かける屋外広告や看板の英語表現、バッグやTシャツの飾りとして入れた英語のメッセージ。でも、ちょっと待ってください。けっこうあるようです、日本人のヘンな英語。

観光英語 観光英語―「大仏の作り方」   奈良の大仏ってどうやって作ったの?英語で説明してみましょう。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える   中学高校と、最低6年間は習っている英語。でも全然しゃべれない。日本人はなぜ英語がヘタなのか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集 いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。






▲Page top