言いたいことを短い「キャッチフレーズ」感覚で表現してみようという「最大5ワードで話すタコ式英会話」のコーナーです。






Last update June 26, 2016


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ/最大5ワードで話すタコ式英会話 |
             

Last update June 26, 2016


 Case M005   電車でだいたい1時間ほどです。「山田駅」で降りてください。

Around one hour by train.
Get off at Yamada Station.

ウンド・ン・ウア・バイ・トイン。ゲット・フ・アット・ヤダ・スイション。
(赤字の部分は強く読みます。)

 Listen!  
(発音サンプル:読み上げソフトを利用したものです。)

 Words 

赤字の部分は単語のアクセント(強勢)のある箇所です。
英単語 発音の目安 意味
around ウンド だいたい、およそ
one 数字の1
hour ウア 時間
by 〜によって
train イン 電車
get off ゲット・ 乗り物などから降りる
at ット 〜において、〜で(場所)
station イション 駅。





 解説 

上の音声を聞きながら、強弱やイントネーションをまねて発音しましょう。読み上げソフトを利用したものなので、どことなく機械的な読み方になっていますが、そこは、たっぷりと感情や臨場感を込めて発音してみてください。

この表現は、目的地を教えてあげた後などに使う表現です。当たり前のことですが、駅の名前など、外国人にとって日本語の名前はわかりにくいので、ゆっくりはっきり発音します。鉄道の路線図などがあれば、それを見ながら教えてあげるとわかりやすいでしょう。ここの「ヤマダ」は、日本語の名前ですので、すべて同じ強さで「ヤ・マ・ダ」と発音してもかまいませんが、英語風にアクセントを「マ」のところに持って来ています。

「時間」を意味する Hour ですが、発音は「アウア」となり、頭の「H」は発音しません。英語にはこのように、スペルと発音が合致していない単語がたくさんあります。

「ゲット・オフ」は「ゲット」と「オフ」と離して発音するのではなく、「ゲットフ」のように一気に発音してください。アメリカ英語では「ゲロフ」のように聞こえますが、発音はあえて真似をする必要はありませんが、それぞれの音を出すのタイミングとして参考にしてください。英語の「ゲット」には日本語の「ト」 (to) のように余計な [ o ] の音がないため、[ t ] の音が軽くなってこのように聞こえます。

また、「トレイン」の発音も日本語式に「to-re-i-n」とならないように注意しましょう。そうなると別の発音になってしまいますので、その時点で通じません。「トレ」は、余計な [ o ] の音を入れずに [ t ] だけを発音しながら→ベロ巻きの [ r ] の音に移行し→母二人「えい」を発音し→ [ n ] の音につなげます。

言葉がわかるわからないに関わらず、ジェスチャーは言葉を助けます。ジェスチャーを活用しながら、あくまでも相手に通じることをめざしましょう。また、相手が地図などを持っていればそれをいっしょに見たりして、指差してあげるのもわかりやすいでしょう。要は、道を教えてあげるというのは、小さなボランティアですから、サービス精神を働かせて相手にわかる工夫が大切です。


 発音レベルアップ 

ちょっとした発音のポイントを押さえるだけで、ぐんと英語らしくなります。それぞれの発音のポイントの説明は「発音なんてタコ」のコーナーをご覧ください。

ベロ巻き 「アラウンド」の「ラ」、「トレイン」の「レ」がこの音になります。
母二人「おう」 「アラウンド」の「ラウ」、「アウア」の「アウ」は母二人「あう」、「トレイン」の「レイ」、「ステイション」の「テイ」は母二人「えい」、「バイ」は母二人「あい」の音になります(いずれも母二人「おう」のページをご覧ください)。
タコぐち 「ワン」の「ワ」、「ウォーク」の「ウォ」がこの発音になります。
口噛み 「ゲット・オフ」の「フ」がこの発音になります。「口噛み」の息だけパターンです。
シーシーS 「ステイション」の「ショ」がこの発音になります。「シーシーS」の息だけパターンです。
スイスイS 「ステイション」の「ス」がこの音の息だけパターンになります。

 また、「ゲット・オフ」の「フ」も、日本語の「フ」 (fu) にならないよう、「口噛み」の息だけパターンの [ f ] の音だけを発音するようにしましょう。
 その他、「アラウンド」の「ド」は、日本語の「ド」 (do) にならないよう、[ d ] の音だけを発音するようにしましょう。詳しくは [d]、[t] の発音のしかたを参照ください。
 同様に、「ステイション」の「ス」も日本語の「ス」(su) ではなく、「スイスイS」の息だけパターンである [ s ] の音だけを出すようにしましょう。




 サイト内コンテンツ 

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。



英語の発音 英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?



世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。