言いたいことを短い「キャッチフレーズ」感覚で表現してみようという「最大5ワードで話すタコ式英会話」のコーナーです。






Last update June 26, 2016


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ/最大5ワードで話すタコ式英会話 |
             

Last update June 26, 2016


 Case S010   話ができてよかった。また会いましょう。道中気をつけて。

Nice talking to you.
See you again!
(See you soon!)
Take care. Have a nice trip.

イス・ーキング・トゥー・ー。スィー・ユー・アイン!(スィー・ユー・ーン!)イク・ア。ヴァ・イス・トップ。
(赤字の部分は強く読みます。)

 Listen!  
(発音サンプル:読み上げソフトを利用したものです。)

 Words 

赤字の部分は単語のアクセント(強勢)のある箇所です。
英単語 発音の目安 意味
nice イス 良い、素敵な
talking ーキング 話すこと。Talk (話す)の進行形
to トゥー 〜に。talk to 〜に話をする
you ユー あなた、あなたたち
see スィ 会う、見る
again イン 再び、また
soon ーン すぐに
take care イク・ 気をつける。Take (取る) + Care (注意、気配り)
have 持つ
a 不定冠詞(ふていかんし)。数えられる名詞の前について、1つを表す。英語の one からできた言葉
trip ップ 旅行





 解説 

上の音声を聞きながら、強弱やイントネーションをまねて発音しましょう。読み上げソフトを利用したものなので、どことなく機械的な読み方になっていますが、そこは、たっぷりと感情や臨場感を込めて発音してみてください。

Nice Talking To You. は「話ができてよかった、楽しかった」というときによく使います。このまま覚えましょう。「トーキング・トゥー」の部分も区切って発音するのではなく、「トーキン(グ)トゥー」という感じで一気に読みます。「グ」の音は非常に弱い音になります。当然のことながら日本語の「グ」 (gu) のように余計な「u」の音は入りません。

「さよなら」という日本語もなんだか改まって聞こえますが、英語の Goodbye! もそうですね。そういうわけで、「また会いましょう」という意味の See You Again がよく使われるお決まりの表現です。 See You Soon という表現もありますが、「すぐに」ということなので、これから半年間は会わないだろうという相手には使いませんが、1か月後であれば使う場合もあるでしょう。要はその人の時間の長さの感覚によって使い分けることになります。もちろん、明日とか来週であれば See you tomorrow (スィー・ユー・トゥモロウ)、See you next week (スィー・ユー・ネクスト・ウィーク) と具体的に表現します。また、See は、スイスイS の「スィー」になります。シーシーS の「シー」にならないよう注意しましょう。

最後の Take Care. Have a Nice Trip. はそれぞれ「気をつけて」、「良い旅を」という意味の表現で、もちろん切り離して個別に使うこともできます。Have a Nice Trip も「ハヴ・ア」と区切って発音するのではなく、「ハヴァ」と一気に発音します。さらに、「トリップ」の「プ」も日本語の「プ」 (pu) にならないよう、[ p ] の音だけを発音するようにしましょう。[ p ] の音だけを発音するには、唇をぎゅっと結んでから、声を出さずに息だけを吐きながらパッと唇を離すと自然な「パッ」という音が出ます。

言葉がわかるわからないに関わらず、ジェスチャーは言葉を助けます。ジェスチャーを活用しながら、あくまでも相手に通じることをめざしましょう。


 発音レベルアップ 

ちょっとした発音のポイントを押さえるだけで、ぐんと英語らしくなります。それぞれの発音のポイントの説明は「発音なんてタコ」のコーナーをご覧ください。

母二人「おう」 「ナイス」の「ナイ」が母二人「あい」、「アゲイン」の「ゲイ」、「テイク」の「テイ」が母二人「えい」、「ケア」が母二人「えあ」の音になります(母二人「おう」のページをご覧ください)。
スイスイS 「ナイス」の「ス」、「スィー」の「スィ」、「スーン」の「ス」がこの音の息だけパターンになります。
口噛み 「ハヴ」の「ヴ」がこの音の声出しパターンです。
ベロ巻き 「トリップ」の「リ」がこの音になります。

 「ナイス」の「ス」も日本語の「ス」 (su) ではなく、「スイスイS」の [ s ] の音だけを出すようにしましょう。
 「トーキング」の「グ」や「テイク」の「ク」も、日本語の「グ」 (gu) や「ク」 (ku) にならないよう、[ g ] や [ k ] の音だけを発音するようにしましょう。詳しくは [g]、[k] の発音のしかたを参照ください。
 「ハヴ」の「ヴ」も日本語の「ヴ」 (vu) ではなく、「口噛み」の [ v ] の音だけを出すようにします。
 「トリップ」の「ト」も、日本語の「ト」 (to) にならないよう、[ t ] の音だけを発音するようにしましょう。詳しくは [d]、[t] の発音のしかたを参照ください。




 サイト内コンテンツ 

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。



英語の発音 英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?



世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。