言いたいことを短い「キャッチフレーズ」感覚で表現してみようという「最大5ワードで話すタコ式英会話」のコーナーです。






Last update June 26, 2016


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ/最大5ワードで話すタコ式英会話 |
             

Last update June 26, 2016


 Case S003   失礼ですがお名前は?スペルを教えてください。

Excuse me.
May I have your name?
Could you spell it, please?

エクスキューズ・ミー。メイ・イ・ハヴ・ア・イム? クジュー・スル・イット・プーズ?
(赤字の部分は強く読みます。矢印は語尾の上げ下げを表しています。)

 Listen!  
(発音サンプル:読み上げソフトを利用したものです。)

 Words 

赤字の部分は単語のアクセント(強勢)のある箇所です。
英単語 発音の目安 意味
excuse me エクスキューズ・ すみません。Excuse (許す) + Me (私を)
may 〜してもよい(許可)
I 私は(が)
have 持つ
your あなたの、あなたたちの
name イム 名前
could you ジュ 〜してもらえませんか?ていねいに頼むときの表現。
spell スペル(をつづる)
it ット それ(は)
please ーズ どうぞ





 解説 

上の音声を聞きながら、強弱やイントネーションをまねて発音しましょう。読み上げソフトを利用したものなので、どことなく機械的な読み方になっていますが、そこは、たっぷりと感情や臨場感を込めて発音してみてください。

相手に名前を聞くときは、まず自分から名乗るのが普通です。お互いに自己紹介する場合は、当然相手も名前を言ってきますから、あえて Excuse me 「エクスキューズ・ミー」は必要ありませんが、相手が名乗って来ない場合で、相手の名前を聞く必要がある場合などに Excuse me と言って May I have your name? と聞くことができます。決まり文句ですので、このまま覚えましょう。

また、相手の名前を聞く場合の言い方として、What's your name 「ゥアッツ・ユア・ネイム」という言い方もありますが、ここでは、ていねいに相手の名前を聞くときの表現を紹介しています。特に、相手が自分から名乗って来ないのに、いきなり What's your name? では「放っておいてくれ」と思われかねませんので、(聞く必要がある場合は)これを使います。

さて、名前を聞いたのはいいが、答えられても聞き取れないというのはよくある話です。それも「スミス」や「ブラウン」ならまだしも、世の中そんなに甘くはありませんね。しかも慣れない西洋の名前ですから、スペルを言ってもらうのが一番いいでしょう。

ここの Could you XXX? という表現は、ていねいに何かを頼むときの表現です。Could you の後に動詞をつけて「○○してもらえませんか」という意味になります。最後に please をつけるとさらにていねいになります。また、Please spell it でもいいのですが、Could you XXX? のほうが大人の表現という印象があります。友人同志でも、頼みごとをする場合によく使います。また、「スペル・イット」の発音は、「スペリット」と一気に発音したほうが英語のリズムが出ます。

言葉がわかるわからないに関わらず、ジェスチャーは言葉を助けます。ジェスチャーを活用しながら、あくまでも相手に通じることをめざしましょう。


 発音レベルアップ 

ちょっとした発音のポイントを押さえるだけで、ぐんと英語らしくなります。それぞれの発音のポイントの説明は「発音なんてタコ」のコーナーをご覧ください。

スイスイS 「エクスキューズ」、「プリーズ」の「ズ」がこの音の声出しパターン、「スペル」の「ス」が息だけパターンになります。
母二人「おう」 「メイ」、「ネイム」の「ネイ」は母二人「えい」、「アイ」は母二人「あい」の音になります(母二人「おう」のページをご覧ください)。
口噛み 「ハヴ」の「ヴ」が声出しパターンです。
ベロタッチ 「スペル」の「ル」、「プリーズ」の「リ」がこの発音になります。

 その他、「エクスキューズ」や「プリーズ」の「ズ」、「スペル」の「ス」も日本語の「ズ」 (zu) や「ス」 (su) ではなく、「スイスイS」の [ z ] や [ s ] の音だけを出すようにしましょう。
 「ネイム」の「ム」も、日本語の「ム」 (mu) にならないよう、[ m ] の音だけを発音するようにしましょう。詳しくは [m] の発音のしかたを参照ください。
 同様に、「スペル」の「ル」も日本語の「ル」 (lu) ではなく、「ベロタッチ」の [ l ] の音だけを出すようにしましょう。
 「ハヴ」の「ヴ」も日本語の「ヴ」 (vu) ではなく、「口噛み」の [ v ] の音だけを出すようにしましょう。
 「イット」の「ト」は、日本語の「ト」 (to) にならないよう、[ t ] の音だけを発音するようにしましょう。詳しくは [d]、[t] の発音のしかたを参照ください。




 サイト内コンテンツ 

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。



英語の発音 英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?



世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集
いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。