今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 1315   ▲Page top
algorithm
[ælɡərɪðm]

アルゴリズム、問題解決のための段階的手続き

They are developing the algorithm for extracting special information from the database.
He developed his own algorithm in Visual Basic to solve the problem.

「この名簿を使って、ずる賢そうな人間から順番に並べ替えて欲しいんだが」 「はあ、それは、むずかしいですね」 「なんだ、コンピュータはそんなこともできないのか。グルグル(?)とかいうところは質の高いホームページから上位に並べることができるというじゃないか」 「ですからそれは特殊なアルゴリズムで…」 ということで、よく耳にするアルゴリズム。数学的な手法で問題を解決する手順、コンピュータを使って、あることを行うための段階的な手順のことです。もちろん、しっかりしたデータや基準が必要で、「なんとなく怪しいから」といった感覚的なものは手順になりません。語源は、アラビア語の al-khuwArizmi で、アラビア人数学者の名前から。




 File No. 1314   ▲Page top
detrimental
[detrɪmentl]

有害な、不利益な

Dismissals or layoffs are detrimental to the company.
Factory emissions can be detrimental to the environment.

「危険ですがやりましょう」という社長の言葉に「でもそんなことをすれば会社に不利益が…」。「有害ですが吸いましょう」ということでタバコの煙が充満する部屋。「環境には悪いんですが乗りましょう」ということでますますエスカレートするクルマ社会。「ダメージもありますが戦争しましょう」など、いろんな意味での「害のある、不利益な」という形容詞。世の中、「悪い」とわかっていてもどうすることもできない、その気にならないものなどがあるようです。脈絡に応じて、damaging harmful などのカンタンな単語に置き換えることができます。名詞形の detriment の語源はラテン語の detrimentum で、「損なう」という意味の動詞 deterere から。

 同義語  damaging, destructive, harmful, adverse, pernicious, injurious





 File No. 1313   ▲Page top
redeem
[rɪdi:m]

買い戻す、回復する、〜からのがれさせる、(罪を)あがなう、 償う

He believes that angles had redeemed him from the evil.
He had to sell the land property, which his children later redeemed.

ガレージセールに出した自分の服をまた買い戻しましたとか、大雪で新幹線が止まったので行きたくなかった出張からのがれましたといった日常的なテーマよりはむしろ、神さまがこの苦しみから逃れさせてくれたとか、聖人がかわりに罪をあがなってくれたといった宗教的な脈絡や、借金のかたに手放したおじいさんの山を買い戻したとか、抵当に入っていた自宅を取り戻した、質屋に入れた時計を買い戻したといった、法律的な状況で使われます。語源はラテン語の redimere で、red- 「再び」を表す接頭辞 +  emere 「取る、買う」。

 同義語  reinstate, rehabilitate, recover, regain, retrieve, reclaim





 File No. 1312   ▲Page top
shill
[ʃɪl]

さくら(になる)、ちょうちん持ち

She is being used as a shill for the anti-tobacco agenda.
They need some shills to promote the product.

「チーフ、サクラ祭りのサクラで〜す」 「サクラってキミ、そのサクラじゃなくってあのサクラだよ」 ということで、花の桜ではなく、商品の宣伝、イベントなどの賑やかしのための「サクラ」、あるいはサクラになるという意味のアメリカ俗語で、「私はこれで助かりました」といった積極的な宣伝活動、代弁をするといったニュアンスが含まれます。また、ある有名人が「私は喫煙には反対」などと言うと、どこかの喫煙反対グループなどが「あの○○さんも言っています…」というふうに、それを借りて自分たちの主張をアピールする場合など、あの有名人は shill にされているというふうに使います。語源は shillaber という単語を短くしたもの。





 File No. 1311   ▲Page top
moniker
[mɑnɪkə(r)/mɔnɪkə]

名前、あだ名

"Rose Garden" is a moniker of this park.
She has the moniker of "Girlscout Whistler."

「"ヨビワン"が電話をしているところへ"チョーダ"がやってきて… そしたら"スパイウォーカー"が…」 「あ〜、キミたちは一体誰のことを話しているのかね」 ということで人や場所のあだ名という意味の俗語。 nickname は、気がついたらまわりの人に勝手にこう呼ばれていたという場合がほとんどですが、 moniker のほうは「ボクの名前はヨシカズだから"ヨシ"と呼んでくれ」というふうに自分から提唱する愛称という意味合いもあります。その他、ITの世界の moniker 、なんでも COM オブジェクトを識別する名前として機能するものだとか。語源はアイルランド語の ainm が変形したもの。

 同義語  appellation, appellative, cognomen, denomination, designation, epithet, name, nickname



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page262 |  Page261 |  Page260 |  Page259 |  Page258 |  Page257 |  Page256 |  Page255 |  Page254 |  Page253 | 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   日本で見かける屋外広告や看板の英語表現、バッグやTシャツの飾りとして入れた英語のメッセージ。でも、ちょっと待ってください。けっこうあるようです、日本人のヘンな英語。

観光英語 観光英語―「大仏の作り方」   奈良の大仏ってどうやって作ったの?英語で説明してみましょう。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える   中学高校と、最低6年間は習っている英語。でも全然しゃべれない。日本人はなぜ英語がヘタなのか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集 いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。






▲Page top