Last update February 7, 2021


Comma , コンマ (3)


4.  付加情報を付け加える場合に使用。   戻る


まず、例文を見てみましょう。

 The Silver Bridge, which spans the Key Coast River, is falling down.
 It rained so much, and though it has stopped now, it will prevent people from going out in the field.

受験英語の英文解釈などの授業で、複雑な文章が出てくると、「まず、無くても意味が通じる部分を括弧で囲んで、それ以外の文章で意味を考えて見ましょう。」などと先生が言われていたのを思い出します。つまり、この括弧で囲む部分が「付加情報」というわけです。「挿入句」もその類いですね。こういった情報の前後にコンマをつけることで、どこからどこまでが「付加情報」なのかが一目でわかり、文章全体の理解がしやすくなります。

前述のように、「付加情報」の挿入の仕方としてコンマで囲むという方法があるわけですが、コンマだけとは限りません。括弧()で囲んでしまう場合もあれば、ダッシュ(―)を使うというやり方もあります。

同一文章のなかに「付加情報」を挿入するということは、言いかえれば、挿入先の文章全体の流れを一時遮断するということになります。その遮断の程度によって、コンマなのか、括弧囲みか、ダッシュなのかという使い分けをします。コンマを使う場合は、最も文章の流れへの影響が少ない、つまり遮断の程度が軽い、ということになります。括弧はそれよりも強い場合、ダッシュはさらに遮断度が強くなります。






5.  接続副詞の後に使用。   戻る


まず、例文を見てみましょう。

 However, some revisions may be required.
 Consequently, I did not receive an answer to his letter.

「接続副詞」とは、文章のアタマに来るような副詞のことで、「しかしながら」、「したがって」といった類の言葉を言います。

なかでも最もよく見かけるのが、however ですね。その他にも therefore, moreover, besides, consequently, accordingly, further, thus, indeed, instead, next, similarly, finally, などがあり、こういった単語の後にはコンマをつける、という決まりがあります。

また、 however のように、よく文中に登場する場合がありますが、その場合は、

 One must remember, however, that newspapers are not always accurate.

のように、その前後にコンマを入れます。






6.  等位形容詞が続く場合に使用。   戻る


まず、例文を見てみましょう。

 It was a dark, silent, empty room.
 The efficient, business-like secretary received an advance in pay.

「等位形容詞」はcoordinate adjectives といいますが、いったいどんな形容詞かというと、同じ名詞を修飾する同等レベルの形容詞たちということになります。つまり、わかりやすく言えば、ひとりのボスによいしょする同じ地位の子分たちというところでしょうか?この場合、子分たちはボスにとっては同等の部下であり、みんな一様にボスを修飾(よいしょ)するわけです。ヘンな例えになってしまいましたが、実際の例文で見てみると、

 He is a tall, strong, handsome man.

文中の赤い文字の部分が等位形容詞です。確かに「背が高い」だの「ハンサム」だのと man という名詞(=ボス)をよいしょしていますが、それぞれの形容詞の後に名詞をつけて表現してみても内容的に意味が変わりません。つまり、a tall man, strong man, handsome man となるわけです。言い換えれば、tall, strong, handsome という3つの形容詞がお互いに修飾せずに、名詞である man だけを個別に修飾しているというのが、等位形容詞の特徴です。こういった形容詞が続く場合はコンマをつける必要があります。ただし、最後の等位形容詞の後にはコンマはつきません。

では、こういう場合はどうでしょう。

 a)  The five silver spoons were very expensive.
 b)  We found an old re binder.

ブルーの部分が形容詞ですが、これは等位形容詞ではありません。five  silver は同等のレベルで名詞の spoons を修飾しているものではありません。five  spoons に直接掛かっているのではなく、あくまでも silver spoons を修飾しているというわけです。

組織にたとえると、等位形容詞の場合は、ひとりのボスに対して並列の数人の子分、つまりフラットな組織ですが、five、silver の場合は並列の子分ではなく、子分の下に子分がいるといった昔ながらのピラミッド型の組織であるといえるでしょう。形容詞間が並列・対等ではなく、どちらかがもう一方に掛かっているといった上下構造のようなものが存在するのです。