File No. 1045   ▲Page top
itty-bitty
[ɪtɪbɪtɪ]

とてもちいさい、ちっぽけな

 This is an itty-bitty computer you can carry in your pocket.
 I found an itty-bitty spider crawling on the table.

「小さい」という意味の口語。語源は little bit を幼児語風にもじったのではないかと言われていますが、「Pride and Prejudice」 という本で有名なイギリスの女流作家 Jane Austen が手紙のなかで使った itty という言葉が起源のようです。幼児語風というのがポイントのようで、日本語訳としても「極小」とか「矮小」などというより、「ちっちゃな」や「すごくちいさい」など、小さいだけでなくどこか「可愛いらしい」といったニュアンスも感じられそうです。バリエーションとして ittsy-bittsy とも表現します。

 同義語  bittie, bitty, itsy-bitsy, teensy, teensy-weensy, teentsy, teeny, teeny-weeny


 File No. 1044   ▲Page top
wiseacre
[waizeɪkə(r)]

知ったかぶりする人

 Everyone knows he is a wiseacre.
 I'm not trying to be a wiseacre, but I just got a sense that it will rain on that day.

A:「いやあ○○はいいよねえ」 B:「そうだねえ、○○は実にいいよ」 C:「○○は走りがいいですよね」 A:「いや、○○は走らんよ、ははは…」 B:「そうだ、○○は走らんよねえ」 A:「ところで、○○はもうセットアップしたかい?」 B:「いや、まだ○○はセットアップしていないよ」 C:「○○はよく飛びますよね」 A:「いや、○○は飛ばんよ」 B:「そうだね、飛ばんよねえ」 といった CM が以前ありましたが、C さんのようにヘタに知ったかぶりをするとボロが出るし、そんなことも知らんのかと思われるのも困るのですが、やはり知らないものには口を出さないほうが正解かも。語源は中世オランダ語の wijssegger 「預言者」。


 File No. 1043   ▲Page top
goo
[ɡu:]

粘着性のある物質、感傷

 Green goo is created by the merging of nanotechnology and biotechnology.
 This is a goo-book, but it's not a good book.

goo で調べました、というときの辞書サイトの名前ではなく、糊のようなベタベタ、ねばねばした物質のことを言います。最近注目を浴びている「ナノテク」技術。しかし、その恩恵とは裏腹に世にも恐ろしいことが…(?)。ある日突然自己繁殖する「ナノボット」が暴れだし、人類を滅ぼすという灰色グー (Gray Goo) の脅威、バイオ技術と結びついて緑色グー (Green Goo) になるんじゃないかといったSFまがいの説が取りざたされているようです。その他、ストーリーなどが感傷的という場合にも使われます。語源は burgoo 「シチュー」の省略という説があります。

 同義語  gunge, ooze, sludge, slime, gunk, crud, gloop





 File No. 1042   ▲Page top
mastermind
[mæstə(r)maɪnd/mɑ:s-]

黒幕、背後からあやつる

 He is a mastermind and would never disclose his location or true identity.
 That old man is believed to have masterminded the attacks.

「そうか、そんな計画があるのか。よし、ワシの名前を貸してあげよう」といった軽いノリのものではなく、積極的に計画に関与し、背後から指示する人のこと。それも、「ま、適当にやってくれたまえ」といった「おまかせ」的なものではなく、当然、事が成功することをめざして緻密な計画を練り、細かな指示を与えてやらせます。やはり、どちらかというと頭が良いことがポイントになります。また、その計画も「災害支援」といった良いことよりも「悪事」に関して行われることが多いようです。「黒幕」という名詞とともにそういったことを行うという動詞としても使われます。

 同義語  orchestrate, conceive


 File No. 1041   ▲Page top
mulch
[mʌlʧ]

植物の根などを覆って保護する、根覆いする

 Mulch the root area to retain moisture and protect from the winter cold.
 Mulching of strawberries is very effective to produce high yields.

やはり植物も寒さは苦手なのか、根っこの部分や果実などに覆いをかぶせるという意味。しかし、実際は寒さだけでなく、猛暑のときの熱を防いだり、土中の湿り気を調節する、あるいは雨などによる過度の水分の浸入を抑えるといった目的があります。こういった処置をすることで成長や収穫面でのメリットがあるとか。世話すればしただけのものを返してくれるのが植物というわけで、実に「けな気」。楽をするだけして、肝心の成果のほうは「あまり期待されても大変なんで、これくらいにしておこう」といった計算はありません。語源は古英語の melsc 「熟した」。



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの今日の英単語 
Page208 |  Page207 |  Page206 |  Page205 |  Page204 |  Page203 |  Page202 |  Page201 |  Page200 |  Page199 | 





▲Page top