File No. 1245   ▲Page top
marsupial
[mɑ:(r)su:pɪəl]

有袋(たい)類の、袋(状)の、有袋動物

  • Marsupials include the kangaroo, koala, Tasmanian devil and opossum.
  • Marsupial animals carry their young in a pouch.

カンガルーをはじめ、コアラ、タスマニアデビル、フクロネズミなどの有袋動物のことを言います。有袋動物というのはご存知、お腹のあたりに袋があって、その中に赤ちゃんを入れている動物のことで、いっしょに連れて歩いたり背負ったりするのは大変だから、とりあえず袋に入れときましょかというのではありません。他の哺乳類と異なり、胎盤がないので未熟な状態で子供を産み、育児嚢と呼ばれる袋の中で育てるのだとか。昔は、世界各地に生息していたようですが、他の哺乳類に滅ぼされてしまい、今はオーストラリア地域や南米などにしかいないようです。


 File No. 1244   ▲Page top
upstart
[ʌpsta:(r)t]

成り上がり者(の)、成金(の)

  • He is an upstart who thinks he knows everything.
  • It is an upstart company determined to provide quality product and service.

「でもあの人、成り上がり者って言われてますよね」 「ま、やっかみもあるかもな」 「なんでも、福岡県直方の名物"成金饅頭"にあやかって"成金太郎飴"(架空)というのを作って大もうけしたらしいよ」 ということで、辞書の定義では、由緒ある背景もないのに後からやってきて突然大成功を収めたり、大金持ちになったが、高慢な性格だとか、実質が伴っていない、ふさわしくないといった意味が込められています。一方で、名詞と組み合わせて形容詞として使われる場合など、単に「急成長した」といった意味で使われている実例も多いようです。


 File No. 1243   ▲Page top
ungainly
[ʌnɡnlɪ]

ぶざまな、不恰好な、見苦しい

  • Ungainly creatures lived in an ungainly building.
  • The horse can trot, but it is very ungainly.

古い世代の人から見ると理解できないのが破れたジーンズ、股下の部分がひざ小僧のあたりにくるようなずり落ちたズボン。とはいえ、服装などは、格好良いというのか不細工というのか、主観に負うところも多いようです。また、酔っ払って歩く千鳥足、指を切りそうな危なっかしい包丁の持ち方など、スムーズさや器用さに欠ける様子を言います。こちらのほうは主観というより、普遍的にぶさまで見苦しく、「あのオヤジさんの千鳥足、かっこいい~」などというのは聞いたことがありません。語源は古ノルド語の gegn 「直接の、対抗して」に「反対」を表す接頭辞 un をつけたもの。

 同義語  awkward, clumsy, lumbering, slouching, gawky, uncouth, ungraceful





 File No. 1242   ▲Page top
rubicund
[ru:bɪkənd]

顔色が赤い、赤みを帯びた、赤ら顔の

  • He was a fat man with a fluffy beard and a rubicund face.
  • A rubicund-nosed gentleman in a red coat was standing in the doorway.

ビールを一杯飲んだだけで顔が赤くなりますとか、昔は寒い冬でも子供たちは「リンゴのほっぺ」をしながら外で遊んでいたものだとか、おねーさん、顔が赤いけど熱でもあるのかなと思ったらメークだったとか、ウチのトナカイは鼻が赤いなど、顔色などが赤みを帯びているという意味があります。語源はラテン語の rubicundus で、 rubere 「赤くなっている」から派生。先日の rubric もそうですが、宝石のルビー(ruby)も「赤い」といった意味をもつラテン語源の単語。


 File No. 1241   ▲Page top
hibernate
[hbə(r)nt]

冬眠する、避寒する

  • Every animal hibernates in different ways.
  • You should go out rather than hibernating in the house.

「ちわー、○○銀行です。社長さんはいらっしゃいますか」 「いません」 「いつごろ戻られますか」 「春になってからです」 「で、どちらに行かれてるんですか」 「冬眠中です」(架空) てなわけで、動物などが冬眠する、動かずに眠っている状態になるという意味があります。普通、人間に対しては使いませんが、「キミたち、冬はやっぱりスキーだ。暖房の効いた室内で冬眠ばかりしていないで、戸外へ飛び出そう」など、暖かいところでじーっとしている人などに対して冗談っぽく使うこともあります。語源はラテン語の hibernatus で、hibernare 「冬を過ごす」の過去分詞。いろんな意味で寒い世の中、早く春が来てほしいものです。



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの今日の英単語 
Page248 |  Page247 |  Page246 |  Page245 |  Page244 |  Page243 |  Page242 |  Page241 |  Page240 |  Page239 | 





▲Page top