File No. 1965   ▲Page top
peruse
[pəru:z]

熟読(精読)する

 She perused the textbook and succeeded in the exam.
 His life begins by perusing newspaper every day.

「読書の時間です。この本を今日は最後まで読んでみましょう」「…はい、先生、読み終わりました」「早いですね、ヒロシくん。どんな読み方をしましたか?」「斜め読みです」といった読み方ではなく、じっくりと、丹念に、注意深く読むことを言います。ちなみに、もともとこの単語には、「最初から最後まで読む」といった意味があったようで、そのせいか、なかには「ざっと目を通す」といった意味で使う人もいるようですが、あくまでも、腰をすえて熟読するというのが正しい意味です。語源は中世英語の perusen 「使いきる」ということで、やはり、集中力を使いきる真剣さで読むというわけです。


 File No. 1964   ▲Page top
bumpkin
[bʌmpkɪn]

田舎者、いなかっぺ

 He may be a bumpkin, but he is a strong karate fighter.
 I must be a bumpkin, I don't understand even a single word they say.

発音がカボチャと似ているところから「田舎のおばあちゃんが送ってくれたバンプキン・パンプキンで~す」などといった語呂合わせをしたくなったりしますが、こういった単純なノリこそが「いなか者」なのかも(?)。それにしても、英語にはなんと多い、「田舎者」を表す言葉。以前に紹介した hillbillyclodhopper にも同様の意味があります。「洗練さがなく、教養がない人」といった定義が一般的で、あくまでも個人を指して言うことが多いのですが、この bumpkin は、もともとは、辺鄙な地域に住んでいる人々全体を意味する単語だったようです。語源はフラマン語の boomken 「低木」。

 同義語  yokel, lout, hillbilly, peasant, clodhopper


 File No. 1963   ▲Page top
boggle
[bɑɡl/bɔɡl]

驚く、ぎょっとする、ひるむ、ヘマをする、驚かす

 Older people are often boggled at the language young people nowadays use.
 He boggled in the interview, which really boggled his mind.

「コンピューターで犯罪なんて、恐ろしいもんが出来たもんだ」「いや、インターネット自体、怖くもなんともないよ。おばあちゃんの話、ボクのホームページに載せてもいいかな?」「やめとくれ、魂を吸い取られちまうよ」てなことで、事実や考え方などにぎょっとする、あるいは、疑いや恐怖から何かを敬遠するといった意味があります。「それより、このコンセント抜くよ(ブチッ)」「あー!!!パソコンの電源が…!」といったヘマをすることで、「だから言わんこっちゃない、コンピューターは怖いんだよ」とますますひるんでしまうというわけです。語源は bogle 「お化け」の変形。

 同義語  falter, waver, dither, astonish, stagger, bewilder, astound, confound





 File No. 1962   ▲Page top
boneshaker
[bkə(r)]

乗り心地の悪い乗り物

 The bike he gave me was really a boneshaker.
 We took a ride on a boneshaker bus, which took us to the town.

「乗り心地の悪いバスですね」「うむ。体中の贅肉が揺れてるよ」「ボクなんか、全身の骨がガタガタ言ってます」てなことで、骨が揺れるほど乗り心地が悪い乗り物という意味で、ポンコツ車とか、オンボロ自転車など、車輪のある乗り物に対して使います。言ってみれば、自転車に乗ってたら途中でタイヤの空気が抜けていたとか、最悪、パンクしたときなどに、時間もないし、距離も遠い、仕方ないので乗っていこう、というときの乗り心地がまさにこれ。頬がブルブル、骨もガチガチ、この振動が余分な脂肪を燃やし尽くすなんてこともないようで…。


 File No. 1961   ▲Page top
saltire
[sæltɪə(r)/sɔ:-]

X形の十字、聖アンドリューの十字

 The Flag of Scotland is a blue field with a white saltire.
 A red saltire (representing Ireland) was incorporated into the Flag of the United Kingdom.

クロス(十字架)の種類にもいろいろあるようで、斜めに十字を構成する「×」型の十字架のことを言います。スコットランドの守護聖人でもあった聖アンドリューが磔(はりつけ)にされたときの十字架がこの形だったことから、聖アンドリューの十字とも呼ばれ、スコットランド国旗にもなっています。そもそも、この十字架が国旗として使われるようになったのは、832年のアングル人との戦いから。青空にこの十字が白い色で現れ、苦戦していたスコットランド人を勝利に導いたのだとか。また、同じ「×」型で赤い色のものを聖パトリック十字と呼ばれています。語源はラテン語の saltare 「ジャンプする」。
https://www.thefreedictionary.com/saltire




 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの今日の英単語 
Page392 |  Page391 |  Page390 |  Page389 |  Page388 |  Page387 |  Page386 |  Page385 |  Page384 |  Page383 | 





▲Page top