今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 135   ▲Page top
prune
[pru:n]

刈り込む、簡潔にする

Do not prune any spring or early summer-flowering shrubs.
Edit, prune, add, redraft and enhance your first draft after reading it many times.

レーズン、アプリコット、プルーン… という木の実系のお話ではなく、植木などを「刈り込む」という単語です。それも、適当に切ったり、刈ったりするのではなく、そこには、技術や経験が必要。あくまでも、「余計な部分」を剪定し、植木の生育を促進し、見栄えも良くなるという「全体最適」をめざすことが目的です。植木だけに限りません。文章などでも、「すなわち」という言葉が1ページに10回も出てくるんですというような場合に、編集担当者が赤ペンを手に、せっせと不要な言葉や多すぎる形容詞などを prune して、すっきりと読みやすい文章にするというわけです。

 同義語  trim, clip, dock, shape, shorten, snip, lop




 File No. 134   ▲Page top
verbiage
[və:(r)bɪɪʤ]

言い方、だらだらと語ること

We need to remove any excess verbiage that might distract people from the main idea.
Below are samples of verbiage to assist you in the sales of the new product.

本来の意味は、「あまり意味のないことをダラダラと語ること」というニュアンスですが、実際には、「話し方・言い方」という意味で使われているほうが多いようです。セールスなどで「お客さんを説得する話法」とか「消費マインドを刺激する広告文」といった具合に使われます。「言葉数がやたら多くて、結局核心に迫っていない語り」を表現するには、 excessive verbiage などと具体的に形容詞をつけて表現するのが一般的です。「冗漫さ」を表現する言葉として wordy という単語もあります。いずれにしろ、同じことを何度もくどくどと言ったり、ダラダラと言い訳をするのは、あまり感心できることではないですね。

 同義語  verbosity, circumlocution, prolixity, periphrasis





 File No. 133   ▲Page top
funnel
[fʌnl]

送り込む、注ぐ

The company is reluctant to funnel resources into developments of new technologies.
He funneled his hands and shouted through them.

a funnel といえば「じょうご」(漏斗)のことで、今はあまり見かけないようですが、液体を注ぎ込むときに使う逆三角形の器具。この単語を動詞として使用する場合は、文字通り、一点に資金やエネルギー、人員などを注ぎ込むという意味になります。同様の言葉に pour というのがありますが、狙いを定めて、一点集中型で注ぎ込むなどという場合は、funnel のほうがより適切でしょう。また、「漏斗のような形を作る」という意味もあり、遠くにいる人に向かって、両手の平を丸くして口の周りにもって来て「おーい!」と叫ぶときのあの両手の様子を言います。

 同義語  pour, filter, channel, direct





 File No. 132   ▲Page top
watered-down
[wɔ:tə(r)d daʊn]

薄められた、中身が落ちた

The coffee I had at the cafe was rather watered down.
The original idea was very drastic, but after many discussions it turned out to be a watered-down version.


最初はあっと驚くようなユニークなアイデア、その後いろんな会議にかけられて、最終的に上がってきたのは「どこにでもあるよなフツーのモノ」… よくある話ですが、「個性」的な部分が薄められて「ありきたり」のモノになる、あるいは、アメリカンコーヒーじゃないんですが、エスプレッソを薄めたようなコーヒー、薄められて栄養分が少なくなったベビーフードなど、水を入れて薄くしたものという物理的な意味でも使われます。 water で内容(特徴)を down するという文字通りの言葉。もちろん、おかげで「クセ」や「アク」が無くなってよかったと思う人もいるでしょうし、いちがいに「悪いこと」だとは言えませんね。

 同義語  dilute, thin, washy, waterish, watery, weak





 File No. 131   ▲Page top
animosity
[ænɪmɔsəti/-mɑs-]

憎しみ、敵意

Wars over territory in France build up animosity between the French and the English.
This cannot be fully appreciated if animosityis left to remain in our hearts.

もともとの語源はラテン語の animus で魂・精神といった意味です。それがどのような経緯で「憎しみ」や「嫌悪」に変遷していったかはさだかではありませんが、animus には「活気」といった意味がありますから、かなり激しい「怨恨」の感情表現というところから発展したのかもしれません。事実、英英辞典などをひも解くと「アクティブな、包み隠さない敵意・嫌悪」という定義がみられます。何百年もお互いに敵対している国や民族間の抗争など、この animus という感情が、深く根を張っていると言えるでしょう。こういったものが無くならない限り、本当の世界平和は来ないというわけです。

 同義語  hostility, hatred, resentment, malice, enmity, acrimony, malevolence, virulence, malignity



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page26 |  Page25 |  Page24 |  Page23 |  Page22 |  Page21 |  Page20 |  Page19 |  Page18 |  Page17 | 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   日本で見かける屋外広告や看板の英語表現、バッグやTシャツの飾りとして入れた英語のメッセージ。でも、ちょっと待ってください。けっこうあるようです、日本人のヘンな英語。

観光英語 観光英語―「大仏の作り方」   奈良の大仏ってどうやって作ったの?英語で説明してみましょう。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える   中学高校と、最低6年間は習っている英語。でも全然しゃべれない。日本人はなぜ英語がヘタなのか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集 いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。






▲Page top