今日の英単語


現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/今日の英単語 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
                 
 File No. 105   ▲Page top
groovy
[ɡru:vi]

イケテル、かっこいい

I've got a groovy bag at a second-hand shop.
Betty is a groovy baby swinging to music.

「この音楽すてきですね」「そのシャツもいいですね。ストライプ模様ですか?」「いや、溝模様です」など、そもそも groove といえば「レコードの溝」ですが、 groovy といえば「イカす」、「イケテル」のような意味になります。 in the groove で「最高潮!」「大いにエンジョイする」といったところ。音楽関係でよく使われることが多いようです。少なくとも、正式なビジネスの世界ではあまり関係のない言葉でしょう。

 同義語  fashionable, stylish




 File No. 104   ▲Page top
mortal
[mɔ:(r)tl]

人間、凡人

As far as ordinary mortals are concerned, the concept is too unfathomable.
There are experts out there more than willing to help out us lesser mortals.

英和辞典を引くとたいてい真っ先に出てくるのが、 Man is mortal. (人間の命は限りある)という文章ですが、面白いのが、名詞形の「人間、奴」といった用法。 thirsty mortals  というと、水の代わりにお酒を飲むような「のんべえ連中」を言いますし、少しおどけたり、半分自嘲的な気持ちで、「いやあ、我々凡人には理解できませんなー」と自分たちのことを「凡人」扱いしながら、相手に同調する(?)場合にも使います。また、 lesser mortals  (一般ピープル、一般大衆)という言葉もよく使われますが、人間より優れた存在、非凡な才能などを持っている人や支配階級などと(暗黙のうちに)比較しながら「一般人」と言うときに使います。





 File No. 103   ▲Page top
champion
æmpɪən]

擁護する、戦う

The doctors are championing the fight against lung disease.
Media shares responsibility for championing the cause of the underdog.

競技に勝つだけが「チャンピオン」ではありません。「言論の自由」に向けて戦うとか、給料アップをめざして戦うなど権利のために戦うことや、その「闘士」という意味があります。また、強い者だけが得をして、弱い者が泣きをみる世の中にあって、弱い立場の人を擁護したり、そのために活動を行ったりというようなことを champion the cause of the underdog (「負け犬(惨敗者)の大義を擁護する」)などと表現することができます。もともと、champion には「挑戦する」とか「挑む」といった意味があったようです。まあ、何でもそうですが、「勝てばいい」というもんじゃありませんよね。

 同義語  support, back, defend, promote, advocate, fight for, uphold





 File No. 102   ▲Page top
shoddy
ɑdi/ʃɔdi]

安っぽい、見掛け倒しの、再生した毛糸・繊維

We are often troubled by the shoddy quality of the products of the retailer.
I can't stand anymore his flimsy intellect and shoddy attitude.

「お母さん、ボクのブルーのセーターがないんだけど」「ああ、それならポチの帽子になってるわよ」「わん!」 なんてことで、毛糸などをほどいて再生した材料、あるいは、そういった材料を使って作った服、工芸品といった意味でも使われます。また、形容詞として使われると、「私は芸術家なんで、服装にもこだわってるんです」「そうですか。でも、その服装の組み合わせ、昨日入ってた紳士服のチラシで見たような…」など、実際はそんなにたいしたことないのに、外見だけを繕ってみえを張っているとか、中身の劣悪さをごまかすために、「はったり」を効かしているとかいう場合に使います。

 同義語  second-rate, cheap, tawdry, tatty, trashy, junky





 File No. 101   ▲Page top
arsenal
[ɑ:(r)sənl]

兵器庫、宝庫

It is very efficient to make an arsenal of ideas to which you can refer anytime.
The team boasts on its arsenal of veteran players.

「ボス、いろんな武器がありますぜ」「聞くだけで気絶する音楽、瞬時に相手を倒す毒ガス口臭スプレー…」(架空)「なかなかアイデアも豊富でっせ」てなわけで、 「武器」の倉庫といった意味が一般的ですが、転じて、いろんなことやモノの「宝庫」といった意味としてもよく使われます。語源は、アラビア語の dAr sinA'ah で、「工場」という意味。アラビア語からスペイン語やイタリア語などに取り入れられ、英語にも入ってきたようです。アラビア語源の言葉は医学や数学用語など、けっこう多いです。alcoholzero などがポピュラーな例ですね。

 同義語  armoury, stock, supply, store, magazine, stockpile, storehouse



 A Word a Day in the Past  これ以前の過去の単語



 英単語リスト 
A B C D E F G H  I  J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 ページリスト 
 ページリスト

 これまでの 今日の英単語 
Page20 |  Page19 |  Page18 |  Page17 |  Page16 |  Page15 |  Page14 |  Page13 |  Page12 |  Page11 |  Page10 | 

 サイト内コンテンツ 
英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。

そこがヘン、日本人の英語 そこがヘン、日本人の英語   日本で見かける屋外広告や看板の英語表現、バッグやTシャツの飾りとして入れた英語のメッセージ。でも、ちょっと待ってください。けっこうあるようです、日本人のヘンな英語。

観光英語 観光英語―「大仏の作り方」   奈良の大仏ってどうやって作ったの?英語で説明してみましょう。

日本人の英語べたを考える 日本人の英語べたを考える   中学高校と、最低6年間は習っている英語。でも全然しゃべれない。日本人はなぜ英語がヘタなのか?

英語のことわざ 英語のことわざ   自分の言いたいことを気の利いた英語の一言で表現したいというときにはこれ。ことわざは文化の凝縮です。

世界の英語 世界の英語   ところ変われば英語も変わる?世界の英語のクセや傾向を知ろう!
いろいろ用語集 いろいろ用語集   ずばり探していたモノから、ほとんど趣味のような変わった英語用語集がそろっています。






▲Page top